多汗症・わきがの名医相談所|失敗 ・修正・リスク
多汗症・わきがの名医相談所|失敗 ・修正・リスク

吸引法(多汗症・わきが)の効果と失敗・リスクなど10項目

吸引法(多汗症・わきが)の手術・美容整形

わきがや多汗症は人に相談しにくいものであり、悩みが深く精神的な影響を受けてしまう人もいるほどですから、専門家に悩みを打ち明けて適切な対処方法を行ってもらうことは、症状の治療と合わせて、不安を取り除くためにも大切なことです。

軽度から重度にまで幅広い対応が可能で、汗や臭いの劇的な変化が期待できます。特殊な医療器具で汗腺を吸引します。

わきが・多汗症 超音波法吸引法は、カニューレと呼ばれる細い管の吸引機をわきに挿入して、わきがのにおいの原因を出してしまう汗腺を取り除くような治療法になっています。

カニューレからは、超音波が出るような仕組みになっていて、汗腺組織を破壊して、乳化させることができ、汗腺組織を効率的に取り除くことができます。

他の手術法よりも、手術のために切開する範囲が非常に少なく、ダウンタイムが非常に短いことが特徴の一つになっています。また、1週間後に抜糸を行います。

超音波を利用することで、多くの汗腺が取れるため、失敗しづらい治療を施すことができます。

関連する記事>> ベイザーシェービング法(わきが・多汗症)は効果があるのでしょうか?

吸引法(多汗症・わきが)の効果と失敗・リスクとは?

吸引法(多汗症・わきが)のメリット・効果

わきが・多汗症 超音波法吸引法は、においの原因を作ってしまう汗腺を選択的に破砕・乳化しながら吸引していくような治療法であり、他の組織を傷つけるリスクを下げることができるため、おすすめの治療法になっています。反転剪除法や切除法とは違い小さな切開であることもメリットとなります。

吸引法(多汗症・わきが)のデメリット・リスク・後遺症

わきが・多汗症 超音波法吸引法では、わきを数mmほどメスできる必要があるため、範囲が少ないですが若干の傷跡が残る治療法になっています。

わきの中からわきがの原因となる汗腺を吸い取るための管を入れる必要があるような治療法であるため、どのクリニックで治療をしても、この手術の場合は、傷跡が残ります。

切開をする手術の中では、比較的切開をする範囲が小さいですが、傷跡を一切残したくない人は、他の治療を選択することをおすすめします。止血が難しく、再発してしまう可能性が高いとされています。

吸引法(多汗症・わきが)の失敗・修正・トラブル

わきが・多汗症 超音波法吸引法の失敗例として、臭いが解消されないという例がございます。わきが・多汗症 超音波法吸引法は、腋臭・多汗症が改善しない場合もあります。

においの原因の汗腺を取り除く治療法になっていますが、必ず一部が残ってしまうような治療法であるため、ひどい症状の人の場合は、効果をあまり感じられない場合もあります。

また、医師が医療機器を使い慣れていることも重要な治療法になっていて、機械を効果的に使えていない場合には、あまり治療の変化を感じられないこともあるので、治療実績を調べることが大切です。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

吸引法(多汗症・わきが)のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

2週間前後は安静にしていてください。

体への負担を軽減できる方法ですから、日帰りでできて入院の必要がなく、傷跡も最小限で済ませることができます。手術時間も片側20分ほどで終わるため、時間がない人にも適した治療方法といえます。

腫れは少ないですが、痛みへの対策として痛み止めが処方されることになります。

わきが・多汗症 超音波法吸引法は、熱処理した後の丁寧な吸引がポイントであり、体質によって再発した可能性があるときには、改めて実施してもらうことになります。

抜糸の必要がない手術方法のため通院が必要ない人もいますが、経過観察をしてもらった方が安心できます。

吸引法(多汗症・わきが)の麻酔・痛み

麻酔の種類ですが、局所麻酔が適応される事が多いです。静脈麻酔は別途料金がかかってきます。

費用相場は5万円と麻酔の費用がかかりますが、安全な施術をするためには必要となります。

麻酔の種類としては、局所麻酔、静脈麻酔、表面(クリーム)麻酔、硬膜外麻酔、笑気ガス麻酔、全身麻酔などがあります。

他の整形手術を同時にされる場合などには、スムーズな治療を行うためにも麻酔の組み合わせが大切になります。

吸引法(多汗症・わきが)の料金・費用・値段

わきが・多汗症 超音波法吸引法は、他の治療の場合よりも費用が高いです。保険適応ができない治療法になっていて、自由診療で治療を受けなければならないため、かなり高額になることもあります。

また、最新の治療方法になっていて、この治療を行うための医療機器が、まだ高いことも理由の一つになっています。

多数の機能がある医療機器であり、他の医療機器よりも、高い技術を要するため、今後も高い傾向が続くと思われます。20~30万円前後になります。※安いクリニックには安い理由があります。

低価格だからといってクリニック選びをするのは危険です。わきが・多汗症 超音波法吸引法の安いところは、片脇60,000円ほどの値段のところがあります。

吸引法(多汗症・わきが)の名医

丁寧な手術を行ってもらわないと、アポクリン汗腺が残ってしまい再発する可能性があります。数ミリ切開しただけで行われるため、目視で確認するのではなく、感覚で行っていくため高い技術を持った医師が担当しないと、失敗してしまう可能性があります。

治療を失敗しないように、事前に口コミなどの情報を集めることが大切であり、名医などを探すことも大切になっています。独自の技術によって、さらに良い治療をすることもできるところもあり、魅力が多いです。わきが・多汗症の専門の医師をご選択下さい。

わきが・多汗症 超音波法吸引法を受けるなら評判の良いこのクリニック

信頼できる技術を持った美容外科でわきが・多汗症 超音波法吸引法を実施することが、成功させるためには不可欠で、実施できるクリニックには、アポクリン汗腺を細部まで取り除くことを意識している美容外科や、再発しないようにこだわってくれるクリニックなどで行うことが可能です。

超音波によって、破壊熱処理を行ってから吸引することになりますが、生理食塩水などで患部を冷却しながら行われないとやけどしてしまうこともあります。

評判が良いクリニックであれば、症例数も多く培ってきたノウハウもあって、それぞれの体の状態に合わせた治療方法を行ってもらえます。

吸引法(多汗症・わきが)の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1

吸引法(多汗症・わきが)の口コミ・体験談・評判

女性 吸引法(多汗症・わきが)の口コミ・体験談・評判

以前、吸引法の手術をしたため(頭部と手のひらからの汗を抑えるため)身体からの汗が常識はずれな状況です。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*