多汗症・わきがの名医相談所|失敗 ・修正・リスク
多汗症・わきがの名医相談所|失敗 ・修正・リスク

1分で分かる多汗症治療・わきが治療(汗・におい)のすべて!失敗・リスクと効果

多汗症治療・わきが治療

従来のわきが治療・多汗症治療は傷跡が大きくついてしまうがデメリットとしてあったのですが、近年、技術の発達により傷跡FREEもしくは、最小限にして多汗症治療・わきが治療が出来るようになりました。
それらについて治療ごとにご説明いたします。

大きく言えば、わきが・多汗症 切除法は、切開してニオイや汗の原因になるアポクリン汗腺やエクリン汗腺を取り除く方法ですが、その取り出し方が異なります。

治療法としては、ボトックス、ミラドライ、マイクロシェービング法、反転剪除法などなど。
こういった治療方法が考えられます。

もし手術が成功した場合には、わきがや多汗症の治療は半永久的な効果が期待できますからメンテナンスは必要ありません。

多汗症治療・わきが治療

プチ整形で多汗症・わきが(汗・におい)を改善したい方の治療

ボトックス

ボトックスは一時的に多汗症を抑える治療ですが、半年に一度のメンテナンスが必要となります。

ミラドライ

ミラドライは切らないわきが・多汗症治療です。皮膚を切開したりすることがないためリスクが低いですが、何度か商社が必要になる症例もあります。

手術で多汗症・わきが(汗・におい)を改善したい方の治療

反転剪除法

反転剪除法は汗腺の取り残しが少ない方法で、脇の下をしわに沿って5cm程切開して反転しれから皮下組織内の汗腺を除去していきます。

切除法

切除法は再発リスクが少ないわきが・多汗症治療です。

ベイザーシェービング法

ベイザーシェービング法はベイザー脂肪吸引を使用して、多汗症・わきがを改善する治療です。

吸引法

吸引法はカニューレでアポクリン汗腺とエクリン腺を吸い出す治療法です。

手術方法についてご紹介いたしました。ご参考になりましたでしょうか?
名医のご紹介については遠慮なくお問い合わせいただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*