美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

【東京】鼻翼縮小術の名医・おすすめクリニック

難しい東京での病院選び…鼻翼縮小(内側・外側・フラップ法)が上手いおすすめ医院の条件についてまとめます。

鼻翼縮小(内側・外側・フラップ法)は、大きく広がっている小鼻の一部を切り取って小さくする手術です。鼻全体をすっきりとした印象に出来るので、東京の美容外科では相談件数が多いです。

ただとても人気のある施術ですが、鼻翼縮小を受けたことがある人の感想からはトラブルや後遺症が起こるリスクがあることが分かっています。

鼻翼縮小(内側法・外側法・フラップ法)の東京の名医・おすすめクリニック

鼻翼縮小(内側法・外側法・フラップ法)のトラブル例

鼻翼縮小で最も多く見られるトラブルというと、ピンチノーズが挙げられます。

このピンチノーズとは、まるで洗濯バサミで鼻がつままれたように不自然な形になってしまうことです。

トラブルの原因は、医師の腕が未熟で鼻全体のバランスを考慮せずに施術をしてしまったことによります。

ピンチノーズにならないためには、信頼することができる医師かどうか慎重に判断したほうが良いです。

その他のトラブルを挙げると、施術後に小鼻が小さすぎてしまうというケースも多いです。

この症状は、鼻翼縮小の内側法および外側法をした後に起こる事が多いです。

原因は、鼻のバランスを考えずに鼻翼を切り過ぎてしまうことによります。

切り過ぎてしまった場合には修正をするのが極めて困難になるので、必ずきちんと経験や技術がある医師なのか慎重に選ぶ事が大事です。

そして、術後にほうれい線が目立つこともトラブル例として多く見られます。

ほうれい線が目立つ原因は、医師の技量が良くなくて、皮膚を切り取ってしまうことからです。

皮膚を切りすぎるとテンションのバランスが崩れてしまい、ほうれい線やゴルゴラインなど大きくシワが入ってしまうというわけです。人相が変わってしまう恐れもあるので、信頼できる医師にきちんと任せる必要があります。

さらに、鼻翼縮小では術後に豚鼻になってしまうというトラブルもあります。

これは、医師のデザインミスが原因で皮膚を大きく切り取り過ぎてしまうことで生じます。

豚鼻になると鼻の穴が正面から丸見えになり、見るからに不自然な印象を与えてしまいます。

鼻全体に支障をきたしてしまうため、きれいな仕上がりにするためには医師選びが肝心といえます。

そして、最後は鼻のデザインが不自然になってしまうと言うトラブルもあります。

たとえば、小鼻の丸みが全く無かったり、鼻全体がつぶれるなど不自然な印象になってしまいます。

これは、鼻の内側で切るべきところを外側で切ってしまう、外側で切るべきところを内側で切ってしまうなど間違えてしまったことで起こります。このようなトラブルは、非常に修正は難しいです。

外側法と内側法の違いは?画像ブログ・実際の経験談から分かる注意点まとめ

鼻翼縮小という施術は、主に外側法と内側法に分類することができます。

外側法とは鼻の外側の溝に沿って余分な組織と皮膚を切除して縫合する施術であり、内側法とは鼻の穴の中の余分な組織と皮膚を切除して縫合する施術になります。

鼻翼縮小という施術を総合的に言えば、大きく広がっている鼻の一部を切り取り小さくするための施術と表現することができます。

鼻を小さくなるため、顔全体をスッキリとした印象に変えられる方法であると理解されています。鼻翼縮小の施術が適しているのは、鼻の大きさを改善したい方や鼻の丸みや厚みが気になるという方です。

施術の効果については、内側法よりも外側法のほうが大きくなります。

注意点としての観点で、外側の傷痕を心配している場合に内側法を希望するのは正しい選択ではないと言えます。

この選択を誤ってしまうと、施術の効果を得られないうえに鼻が不自然な形になってしまいます。

いくらでも鼻を小さくすることは可能となっていますが、鼻の穴がコンセントの差し込み口のように細くなったり指が入らないほど鼻の穴が小さくなっていたりすれば、元に戻すことは難しくなります。

大切なのは、施術の結果として不自然な形にならないようにすることです。

あらかじめ切除する部分や切除する量などを正確に把握し、失敗しないためのプランを立てた後に施術の具体的な内容を決める必要があると言えます。

施術を受ける場合には、重要なポイントを理解しておくことも大切です。鼻翼縮小の施術は一般的に行われていますが、医師によって仕上がり具合に差があります。

また、あまり腕の良くない医師であれば傷痕が大きくなることもあるため、修正術を希望する方も決して少なくありません。

施術の結果に満足できるのかどうかという点には、医師の手術経験や熟練した技術というものが大きく関係します。そのため、経験豊富な信頼できる医師を選ぶことが最も重要なポイントになります。

技術的に優れた医師であれば丁寧に縫合することができるため、傷痕がきれいになるように仕上げてもらえます。

また、鼻翼縮小の施術に関する知識を自分でも吸収しておくという点も大事であると言えます。様々な病院やクリニックなどの口コミを読めば、優れた医師がいるのかという点や失敗例などの情報を得ることができます。

後悔しないように、可能な範囲で多くの情報を頭に入れておくことが大切です。鏡の前で表情を変え、施術後の鼻の形をイメージする方法もあります。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

東京の病院・美容外科クリニックの費用をまとめてみた

近年では美容整形は昔ほど偏見があるものではなく、技術も非常に向上しているので入院の必要がないプチ整形のような簡単な物もあるので比較的気軽に美容整形を受ける方が増えています。

しかしそのような環境であっても未だに美容整形を受ける際に思いきって決断する事が出来ない方も多くいらっしゃいます。

踏ん切りがつかない主な理由としては、手術の失敗に対する恐怖心よりもどの程度の費用がかかるのかを気にしている方が多いと感じます。東京都のように美容クリニックが多いと、しっかりと費用を比較して考えないといけません。

何故なら美容整形は保険診療ではなく、自由診療なのでクリニックそれぞれで費用が異なります。

例えば鼻翼縮小のような簡単な美容整形の場合費用は200000円から300000円程度が平均的な費用です。

これはあくまでも平均的な費用なので、自分に合った美容クリニックを探すためにも、前もって口コミサイトやホームページを参照して費用を把握しておくと、クリニックで手術の説明をされたときにビックリせずに済みますし、おおよその予算が解れば準備するべきお金を事前に用意出来るのです。

ですから、前もって自分が行うであろう手術についてもしっかりと確認しましょう。

名医の条件・上手いクリニックの特徴とは?

鼻の穴が大きいことを悩んでいる人は少なくなく、人と会った時の第一印象をより良いものにする為にも鼻の穴を小さくする効果が得られる「鼻翼縮小」という美容整形の施術の内の一つを行う選択をするケースも多くなってきました。

しかしそれを東京エリア内で行おうと思うと、このエリアには沢山のクリニックがあるためにどこを利用すれば自分望む結果が得られるのかが分からず、結局実際の行動には移せないという状況も見受けられます。

大切な自分自身の身体を任せる医師は名医であってほしいものですし、利用するクリニックは出来るだけ評判の良い上手いクリニックであってほしいというのは、多くの人の願いであり当たり前のことです。

この願いを叶えるためには、名医の条件と上手いクリニックの特徴について知っておく必要があります。

鼻の穴を小さく小鼻にする方法はいくつかあるため、自分に合ったものを選ぶことがカギとなります。

それぞれにメリット・デメリットがありますから、この部分をよくよく理解することが患者にとっては一つのポイントです。

このポイントを満たしてくれる名医の条件としうおましては、知識が豊富なことと思いやりがあることが挙げられます。

知識量についても思いやりについてもカウンセリングなどで実際に対面した時に判断できます。知識量は施術について詳しくは分からない患者に対してどれだけ分かりやすく丁寧に説明してくれるかに注目すれば、すぐに分かります。

思いやりに関しては、不安点や疑問・質問等を投げかけた際にどれだけ患者の立場に立って物事を考え、受け答えしてくれるかで判断しましょう。

接した時に「この人は信頼できそうだ」と思えたり、「安心して任せることが出来る」と思えたら、まず心配はいりません。逆に「ちょっと信用ならないぞ」と思うようであれば、その医師に任せることはしないでおいた方が良いかも知れません。

上手いクリニックの特徴については、綺麗な院内というものがあります。院内が綺麗に整っているクリニックは、施術を行う場としての最低限の在り方を守っていると同時に、働く人のモチベーションを保つことにも気を使っている証です。

スタッフの挨拶の仕方や対応の感じの良さ等も、そのクリニックがスタッフへの教育をしっかりしていて、患者を大切に扱うことを心掛けているということになるので、注目すべきと考えられます。

スタッフ同士仲が良いかどうかは協力し合っているかが分かるポイントなので、このような部分をよく見るようにしましょう。

医師の評判・ランキング・おすすめの病院のご紹介はこちらから

鼻は顔の中でも目立ちやすいパーツのひとつで、目や口元の美しさをまとめる大きな役割があります。

鼻が丸くて大きく張り出している人などがきれいに整った形になることができる鼻翼縮小を受けることでスマートな印象になるので大変人気がある施術です。

鼻翼縮小は、小鼻の張り出し方によって施術方法を選ぶ必要があり、内側法や外側法がありますが内側を切り、皮膚を切除してしまわずに中央に作ったトンネルの部分に縫い込んでしまうフラップ法は後戻りがしにくく効果を保つことができるメリットがある方法です。

鼻翼縮小の美容整形を受ける場合には、後戻りすることがあるため戻りにくいフラップ法は効果的な施術方法で人気があります。

フラップ法は効果的な方法ですが医師の技術によっては形が整わなかったり、戻ってしまったりすることがありリスクに差があります。

鼻翼縮小の美容整形を受けることを考えている場合には技術力があり、症例数が多い信頼できる医師に施術を依頼することが張り出した鼻翼をきれいに小さくするための大切なポイントになるので病院選びをしっかりと行うことが大変重要です。

東京では、美しさにこだわりがある美意識の高い人がとても多いため鼻翼縮小の美容整形を行う病院がとてもたくさんありますが、医師の技術力には差があるため名医に相談することが重要です。

医師の技術によってリスクが異なるだけでなく、仕上がりの満足度にも差が出てくるので病院選びはとても大切な美容整形の最初の一歩です。

東京にある多くの病院の中から名医を探すことはとても難しい面がありますが、当相談所を活用して名医やおすすめの病院のカウンセリングを受けてから検討することがおすすめです。

当相談所では、技術力が高く信頼できる名医やおすすめの病院をご紹介しておりますのでお気軽にご連絡をください。

たくさんある病院の中から当相談所をご活用いただき、複数のクリニックのカウンセリングを受けることが納得できる鼻翼縮小の美容整形を受けることにつながります。

カウンセリングを受けると実際に医師が鼻をみたり、悩みを聞いたりして施術方法を提案してくれます。

フラップ法の説明を受けたり、費用や施術内容を確認することもできるので検討するときの役に立ちます。

いくつかのカウンセリングを受けてから、費用だけでなく提案内容や医師や病院との相性なども総合的に判断して、納得できる病院選びをすることがとても重要なので、お気軽に当相談所をご活用ください。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*