美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

二重瞼のプチ整形、ダウンタイムとアフターケアを解説

目のプチ整形のダウンタイム

目のプチ整形のダウンタイム

目のプチ整形は美容整形の中でも、ご要望と顔全体のバランスを考慮した綿密なカウンセリングが重要ですが、それにも関わらず、目のプチ整形に関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。

それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

目のプチ整形のダウンタイムについてまとめを作りました。

目のプチ整形のダウンタイムその1 腫れ

目のプチ整形といえば、二重まぶたを作る埋没法が最も有名です。

埋没法は、安全でかつ手軽な施術であることから高い人気があります。

ただ、どうしても術後に腫れが起きてしまうため、術後はこの腫れが引くまでのダウンタイムが必要となります。

一般に、術後から翌日までが腫れのピークで、3日くらいから次第に落ち着き1週間くらいで治まるとされることから、最低3日間のダウンタイムが欲しいとされています。

目のプチ整形のダウンタイムその2 内出血

もう1つ気になる術後の状態が、まぶたに出る内出血です。

腫れとは違い内出血は一部の人のみが起こるものですが、かなり目立つため気になる人が多いとされる症状です。

目のプチ整形のダウンタイムといえば腫れを対象にするケースが多いとされますが、内出血が起こった場合は腫れのケースよりやや長めのダウンタイムが必要になります。

ただし、それでもメイクなどで隠すことが可能な場合が多いとされます。

目のプチ整形のダウンタイムその3 セルフケア

目のプチ整形のダウンタイムをできるだけ短くするには、術後のセルフケアが肝心です。

術後の腫れをなるべく早く引かせるには、まぶたを優しく冷やすことが効果的です。

また、ダウンタイム中はなるべくテレビやパソコンなど目を使う作業は行わず安静にすること、メイクやコンタクトレンズの使用を控えること等が推奨されています。

目のプチ整形のアフターケア

目のプチ整形は美容整形の中でも、ご要望と顔全体のバランスを考慮した綿密なカウンセリングが重要ですが、それにも関わらず、目のプチ整形に関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。

それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

目のプチ整形のアフターケア

目のプチ整形のアフターケアその1 目を冷やす

目を冷やすことによって、腫れや内出血を抑えることができます。タオルなどで10~20分間程度、目を冷やすのがよいでしょう。

腫れや内出血の症状が悪化してしまうと、せっかく二重まぶたにしたが形が理想と違ってしまった、ということになりかねません。ですのでしっかり目を冷やすようにして、手術後は腫れ等の症状を抑えるようにしましょう。

目のプチ整形のアフターケアその2 内服薬・塗り薬でケアすること

たとえ腫れがひいたとしても、病院からもらう内服薬や塗り薬でケアをすることで早い回復が見込めます。飲み薬や消毒などの、病院の医師から言われたことは怠らず、きちんとおこなうことが大切です。

これで確実に美容整形で二重まぶたを手に入れることができますし、しっかりと医師に注意点とケア方法を確認しておきましょう。

目のプチ整形のアフターケアその3 手術後が無料になる安心な病院

病院によっては手術後の診療代やお薬代の無料になるところも。

身体面と精神面のケアも安心して受けてもらうために、目のプチ整形のアフターケアとして用意されているようです。そういったサポートに力を入れられている良心的で誠意がある病院もありますので、プチ整形だからといって妥協せずに、納得してから探してみるのも良いのでは。

目のプチ整形のご相談

以上、目のプチ整形についての解説でした。

当相談所では、目のプチ整形の名医の紹介・ご相談を承っています。
名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*