美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

おでこ・額のセメントのダウンタイム

おでこ整形の手術方法

額のセメントは、前頭部の皮膚と骨の間に人工骨のセメントを入れて、おでこのラインを再構成することのできる美容整形手術です。この方法は、おでこに丸みが欲しい方や、眉骨の出っ張りを解消して優しい顔立ちにしたい、左右差を直したいといった希望をお持ちの方に適しています。

具体的な手術方法は、2つあって1つは前頭部の頭皮を数センチだけ切開して皮膚と骨の隙間にセメントを注入していく方法と、もうひとつは「冠状切開」と呼ばれる、後頭部の両耳後ろから半周切開して前頭部の骨をすべて露出させて素材を直接形成する方法があります。

注入する方法は、傷口が少ないため回復も早いのですが、素材がゆがむ可能性があったり仕上がりが綺麗にならない可能性があります。冠状切開の場合は前頭部の骨を露出させて行うため、綺麗に素材を付けることができますが、傷跡が大きく残るため回復に時間がかかる傾向があります。

おでこ・額のセメントのダウンタイム

ダウンタイムで気をつける事

この手術におけるダウンタイムは、2週間から1ヶ月程度と言われており、特に手術直後は傷口の痛みや腫れなどが強く起こりやすい時期です。多くのクリニックが、痛み止めや炎症止めなどの薬を処方するので、その通りに服用していればある程度抑えることができます。

日常生活で気を付けるポイントはいくつかあって、入浴では痛みや腫れなどが落ち着くまで洗顔は控えましょう。また2週間くらいは湯船に浸からないようにします。湯船に浸かることによって血行がよくなりすぎて痛みが増す可能性があります。また、タバコは厳禁です。タバコは血行を悪くするため傷の治りが遅くなってしまいます。

いずれの方法にしても、ダウンタイムも含めた対応、経験豊富なドクターに執刀してもらうことが、安全で綺麗な仕上がりにしてもらえるために大切なことです。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*