女性器の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
女性器の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

膣縮小術の失敗・リスクと修正など10項目!

膣縮小術の手術・美容整形

出産後の膣のゆるみなどの状態を良くします。
外科手術で膣縮小をする場合には、状態により粘膜だけに手術をする場合と、筋肉を手術する場合とがあります。

慣れている医師が行えば違和感が残らない、満足できる仕上がりになるので安心です。

膣縮小術の失敗・リスクと修正に注意!

膣縮小術のメリット・効果

性交渉に不満がある方やお風呂の水が入りやすいなどの事が解消します。後戻りが懸念されている手術です。膣縮小術はやりすぎるとセックスできなくなる可能性があるため、一定の余裕を見て手術しければなりません。しかし余裕を取りすぎると、効果が無いと感じる場合があります。また手術後の生活や加齢によって、後戻りしてくるケースもあります。

後戻り・効果が無いという不満は、カウンセリングが不足しているとき起きやすくなります。手術を受ける前に医師としっかり話し合い、希望を伝えておくことが重要です。

膣縮小術のデメリット・リスク・後遺症

加齢や出産などが原因で膣が緩んでしまったとき、膣周辺の皮膚を縫い合わせたり、筋肉を縛って固定したりするのが膣縮小術です。組織を切開するため出血は避けられませんが、このとき止血が不十分だと血腫ができやすくなります。慣れていない医師が手術をする場合には要注意です。
小さな血腫であれば自然に吸収されていくこともありますが、大きい血腫は強い痛みを伴うため、改めて取り除く手術が必要になります。

膣縮小術の失敗・修正・トラブル

膣縮小は意外と失敗される方が多い手術です。参照:膣縮小術の失敗3つをまとめます。

慣れていない医師が行うと、注入する部分が悪くて膣のゆるみが解消されなかったり、入れすぎてしまうといった失敗が起こることがあります。

デリケートな部分であるため、感染症が起きないように配慮が必要で、注入する際に多少出血することがあるため、止血などの対応を十分に行ってくれるところで受けることが大切です。

また稀なケースではありますが、手術の際に感染が起きることもあります。

手術の前後には患部を十分に洗浄するとともに、手術用具などの殺菌消毒も完璧に行なわなければなりません。ほんの一部でも手を抜くと、細菌やウイルスによる感染のリスクが高くなります。

手術前にも検査を行ないますが、もし感染してしまった場合は、抗生物質などで治療する必要があります。デリケートな部分だけに、放置することはできません。

手術の方法としては、プチ整形の範囲でも治療出来ますし、本格的な縮小をしようと思えば、肛門挙筋を縫合するような形で治療が出来ます。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

膣縮小術のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

お仕事を特に休んだりなどのダウンタイムありません。

2週間程度違和感があります。

2週間は様子を見てください。
性交渉は1カ月過ぎてから可能になります。

膣縮小術の麻酔・痛み

麻酔の種類ですが、局所麻酔、静脈麻酔が適応される事が多いです。静脈麻酔は別途料金がかかってきます。
費用相場は5万円と麻酔の費用がかかりますが、安全な施術をするためには必要となります。

麻酔の種類としては、局所麻酔、静脈麻酔、表面(クリーム)麻酔、硬膜外麻酔、笑気ガス麻酔、全身麻酔などがあります。他の整形手術を同時にされる場合などには、スムーズな治療を行うためにも麻酔の組み合わせが大切になります。

膣縮小術の料金・費用・値段

クリニックで膣縮小術を受けると、費用は30万円~50万円程度になるのが標準的です。

安いクリニックでは20万円代で施術を受けられることもあります。

尚、プチ整形の膣縮小術を安い費用でヒアルロン酸を注入を行っているところは、150,000円ほどで行われています。入れるヒアルロン酸の量や注入する部位によって料金に違いが出てきます。

ヒアルロン酸注入と、筋肉の引き締めと皮膚切除の、どちらか一方だけを実施している場合もあるため、施術内容については事前に確認してください。

ほかにメスを入れない膣縮小術として、特殊なレーザーを照射してコラーゲンの生成を促し、膣を若返らせるという施術も行なわれています。

感染症の危険が少なくダウンタイムが短い点がメリットで、費用は1回あたり10万円~20万円になります。

尚、名医を選ぶと40万円前後になります。安いクリニックには安い理由があります。低価格だからといってクリニック選びをするのは危険です。

膣縮小術の名医

膣縮小術の直後は腫れや内出血が出ることがあり、また1か月程度は手術した部分が硬くなっています。その後は次第に元の柔らかさを取り戻し、セックスも可能になります。ですから日程に余裕を持って手術を受ける必要があります。

全体的に見ると危険度の高い手術ではありませんが、未熟な医師だと傷跡が目立ったり、腫れが長引いたりすることがあります。手術の経験を積んだ、婦人科系専門の美容外科医がおすすめです。

医師の技術次第で大きく仕上がりが変わってきますので、女性泌尿器の専門名医をご選択下さい。

膣縮小術の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1

膣縮小術の口コミ・体験談・評判

女性 膣縮小術の口コミ・体験談・評判

はじめまして21才女性です。膣縮小手術を考えています。彼から指摘されとても悩んでいます。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*