目の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
目の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

目頭切開法の失敗や口コミと名医選びなど

目頭切開法は知識不足で失敗している方が続発しておりまして、注意喚起のために当ページを作りました。目頭切開法を失敗してしまう方の特徴や名医の条件まで解説しておりますので、ぜひご覧ください。

目頭切開法

目頭切開法の手術・美容整形

目頭切開法は、蒙古襞の量、涙丘を見えるようにする、目と目の距離を近くする美容整形です。

蒙古ヒダが張り出していて、目がきつい印象であったり、すい広型の二重から平行型の二重にしたいという方は目頭切開の手術が適しています。また、同時に二重形成をする方は、埋没法全切開と組み合わせた治療します。

涙丘がどの程度隠れているのかにより、目頭切開術におけるデザインも変わってきます。

目頭切開は大きく分けて、

  • 切り取っていく手術(単純切開法、三日月法)
  • 蒙古ヒダを入れ替える手術(Z法、W法など)

がございます。

切開での傷跡を比較的少なくするための手術方法としては、主にはZ法、W法、リドレープ法(skin redrapping method)による方法があります。

蒙古ひだの調整はしやすいですが、傷跡が見えやすい皮膚切除法。蒙古ひだの内側に隠れている皮膚を表に出すW法。W法よりも傷跡が少なく、平行型の二重を作りやすいZ法(Z型切開)。韓国で主流のリドレープ法(韓流)など、さまざまな切開方法があります。
目頭切開による二重形成の手術において、蒙古襞をどの程度まで切除するのかは非常に大切な判断が必要となります。
そして、目元が末広型か平行型かで蒙古ヒダの形が違ってきます。

内田変法(W法)Z-Plasty(Z法)Arlt法(三日月法)、Stallard法、Mack法、Imare法、平賀法、Ielt法、Mustarde法、リドレープ法ミニZ法

などなど行う医師や蒙古襞、目頭部分の状態によって術式は変わってきます。

目頭切開法のメリット・効果

最大の目頭切開法のメリット目頭切開法の効果は蒙古襞がある奥二重の方が、平行二重にするために、とても効果的な手術方法となっています。
目頭切開の手術を成功させるために大切にしてほしい事と言えば、目元の状態にその術式と医師の技術が合っているかということです。
1~2ミリ切開するだけで、大きく印象が変わってくる美容整形です。
両目の距離を近づけるだけでなく、大きな目、切れ長の目を手に入れることも可能です。また、末広型の二重まぶたは平行型の二重に近づく効果もあります。
目頭切開のZ法による形成のメリットは、皮膚切除を行わず、皮膚を立体的にずらし蒙古襞を除去するため、縫合下部分に圧力がかからず、傷跡がとても綺麗に仕上がります。また微量の変化の調節が可能ですので、とても自然な仕上がりになります。修正をしたい・戻したくなった場合も、皮膚の位置を元に戻すことが可能です。

「菜々緒さんの目は整形ですか?」「北川景子さんは目頭切開してますか?」といったご相談もありますが、目頭切開では蒙古ヒダをなくす効果があり、目力アップには大きなメリットとなることが言えます。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

目頭切開法のデメリット・リスク・後遺症

横長に目を大きくするため切れ長な目の方が目頭切開を行ってしまいますと、不自然な目元になってしまいます。目頭切開が適応とならない方の特徴としては、【現時点で目と目の間の距離が近い方】ということになります。
目と目の間が近い方ですと、現時点より切開してしまいますと不自然な目元になってしまいますので、医師も施術が出来ないという医師もいます。
目頭切開の大きな問題点としましては、後戻りと傷跡の問題です。
涙丘(るいきゅう)と言われる、目頭のピンク色の部分が見え過ぎてしまっている状態ですと『目頭切開をしたんだな』と判られてしまいます。
目頭切開は傷跡が目立ってしまうと言うリスクを負いますので、切開法だけで出来るのであれば、切開法での平行二重形成を同時に行いますとよいと思います。
この手術において蒙古ヒダを切り取る系の術式の場合には、仕上がりに満足が行かなかったという声をよくお聞きします。詳細については、目頭切開法のリスクでまとめています。

目頭切開の施術が成功しても、ご自身の満足いく仕上がりにならず別のクリニックで修正したいという方もいらっしゃいます。技術レベルの高いクリニックを選ぶのはもちろんですが、医師と十分に話し合った上、デメリット・リスクを受け入れ施術に臨んでください。

目頭切開法の失敗・修正・トラブル

目頭切開法の修正は難しいのですが、Z法形成による目頭切開の場合は三日月形成に比べると修正しやすいと言えます。皮膚が無くなってしまう三日月法による目頭切開の場合は、皮膚の入れ替えができず、皮膚の量が不足してしまうためです。
修正される方の特徴として、「目頭部分の露出がひどい(涙丘部分)」「ひきつっている」などのご相談がたくさんあります。自分で施術を行った修正手術ができないという医師もいます。
反面、自分が形成した目頭を修正できないほど、それだけ目頭切開の修正というのは難しい治療といえます。
そもそも失敗しないことが最優先ですが、それでも万が一失敗されてしまった際には修正が必要になります。
失敗例として多いのは、蒙古襞を多く切除してしまいオオムの口ばしのようにとがった目頭になってしまったという方です。
露出してしまっている涙丘を隠すために、蒙古襞を再形成します。再形成することで、印象も和らげることも可能です。デザインについては、日本人の平均的な目と目の間の距離は33ミリ~34ミリですので、ご参考にしてバランスを決定することが大切です。

「目頭切開法の失敗を3つの事例から考察する」はこちら

目頭切開法の失敗・リスクと修正を徹底解明!

目頭切開法のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

個人差はありますが、3日程度は強い腫れが続きます。
切開手術ですので、2週間程度はダウンタイム期間を取ることをおすすめします。
目頭切開と併用して別の目元の施術をしますと、長めに見て1カ月程度で腫れやむくみが引いてきます。
抜糸は1週間以内にしますので、ダウンタイム期間にもう1度、通院が必要になります。
切開した部分には肌と同色のテープで固定するため、目立ちにくくはなります。
ダウンタイム期間は、痛みがある方もいらっしゃいます。そのような方は、アイスパック・冷えたタオルなどで冷やす事で痛みが多少治まります。
クリニックから痛み止めとして鎮痛剤を処方されます。
個人差になってきますが、ダウンタイム期間中は処方されたお薬をお飲みになれば、痛みは和らぎます。

目頭切開の傷はどれくらい残るのかについては医師の技術次第であります。勿論、技術的には形成外科認定医などを選択したり、拡大鏡を使った手術を行う事でかなり精度を上げる事が出来ます。

一般的にマイクロサージェリーといって、血管吻合などに用いる顕微鏡を使い、二重整形をする先生はいらっしゃいます。(メガネ拡大鏡、額に固定するタイプの拡大鏡、顕微鏡など)ただ顕微鏡まで行くと、視野が狭いため、全体のバランスをチェックしにくいなど欠点があります。

そのため、目頭切開の手術では、全体のバランスを見ながら切開をする医師でも勿論技術が高くなります。2倍程度で十分すぎるほどのこまやかさという事になります。

失敗しないためには傷跡を作らない術式や器具も大切という事です。術式としては、単純切開による目頭切開をしているのであれば傷跡が残ってしまっている可能性が高いので注意してください。

目頭切開法の麻酔・痛み

麻酔は局所麻酔か静脈麻酔などが一般的には利用されます。
術中の痛みはありません。

麻酔は術式によって変わってきます。
例えば、局所麻酔で済む手術でも静脈麻酔を使用することも出来ます。
麻酔の種類ですが、
局所麻酔/静脈麻酔/全身麻酔/硬膜外麻酔
点眼麻酔/クリーム麻酔/テープ麻酔/笑気ガス麻酔
麻酔は併用して行う治療もございます。
麻酔によっては別途費用が発生することもございます。
麻酔の相場費用ですが、
静脈麻酔   5万円/全身麻酔   10万円
硬膜外麻酔  3万円/笑気ガス麻酔 3000円
テープ麻酔  3000円 その他麻酔は含まれていることが多いです。

目頭切開法の料金・費用・値段

20万~30万円前後を目安にして下さい。
片目の手術を行っているクリニックですと、片目料金は10万円から15万円前後です。安いクリニックのHPに掲載されている料金を見ますと、両目の費用で15万円前後という表記を目にします。これほど安いクリニックでの施術の場合、技術のある医師が執刀してくれるとは思えません。

目頭切開法の料金相場を集計してみましたで手術料金の平均を算出していますので、ご参照されてみてください。
料金の低価格争いがクリニック同士でもあるようですが、技術がないうえに低価格で施術をして失敗し修正手術を行うのであれば、最初から料金よりも医師の技術でご選択になられることがよいと思います。
麻酔の種類ですが、静脈麻酔・局所麻酔になります。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用は2万円~5万円と麻酔だけでも少しお高めになっていますが、局所麻酔とは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。
※安いクリニックには安い理由があります。低価格だからといってクリニック選びをするのは危険です。

目頭切開法の名医

HPやブログなどでは一見良く見える医師も失敗なさっているという声をお聞きします。
誰が名医なのか?誰が専門なのか?本物を見極めなければなりません。だから上辺の情報では判断できないのです。
ただし、修正ができないと断る医師が多いのも事実です。
もちろん、どちらの術式も比較した事のある名医であれば目頭切開の経験としては安心だと思います。
名医による手術方法により、目頭切開の失敗のリスクを回避する必要があります。
医師との入念なカウンセリングで、自分自身にあったデザインを形成することが重要になります。
名医選びにつきましては、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶことが肝心です。
目頭切開の失敗は大きく分けると

  • デザインの失敗
  • 傷跡の失敗
  • 後戻りの失敗

に分けられます。

この内、例えば●●美容外科のように大量に若い未熟な医師を安価で雇い、目頭切開の術式として三日月切開を行っていれば、それだけ傷跡も汚くなりますし、後戻りもします。つまり失敗の確率が高くなるという事です。安価系美容外科のデメリットは以下に早く患者さんを”さばくか”というところです。
薄利多売が安価系の美容外科です。

目頭切開法の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1

目頭切開法の口コミ・体験談・評判

女性 目頭切開法 口コミ・体験談・評判

目頭切開をしたのですが、切開をし過ぎてなのか目つきが異常に悪くなりました。

女性 目頭切開法 口コミ・体験談・評判

1年前に目頭切開法をしましたが蒙古襞を元の状態に戻したいです。もう失敗したところに行くのは信頼できませんので名医を教えてください。

女性 目頭切開法 口コミ・体験談・評判

目頭切開法はリスクがあると聞くので怖いしどこに相談すればいいがわかりません。
どの病院でやるべきでしょうか?目頭切開法の名医を教えてください。またこの手術は同時に二重を作る事は出来るのでしょうか?

女性 目頭切開法 口コミ・体験談・評判

目頭切開とマイクロ切開の手術をして一年以上経った頃、
明らか左右幅が違うから修正しようと思って主治医に相談したら「気にしすぎ」とか色々言い訳されて結局修正してくれなかった。
だから今はアイプチやっています…整形した意味ないですよ。。初めから 高くても上手な先生を選べばよかった。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

“目頭切開法の失敗や口コミと名医選びなど” への2件のフィードバック

  1. 匿名2 より:

    私も目頭切開、大阪の2016年開業クリニックで失敗されました。
    元々寄り目気味なので躊躇していたのですが、『韓流目頭切開は寄り目にならない』と説得され、決意したんです。
    が、結果は最悪。
    ピンクの粘膜がめちゃくちゃ見えていて、しかも寄り目です。
    不自然です。気持ち悪いです。

  2. 匿名 より:

    初めてまして。
    4年前に目頭切開をしたんですがやりすぎてしまった感じがあり修正したいんですが大阪でどこか修正が上手な所を教えてくださいm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*