目の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
目の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

下眼瞼脱脂法(目の下のくま取り)の失敗と名医を5つのブログから考察

目の下のクマとりの整形としては、ヒアルロン酸やレディエッセなどのフィラー注入、脂肪注入、下眼瞼脱脂、下眼瞼切開ハムラ法などが考えられます。

目の下クマとりを失敗しないためには、適した治療を選択できるというところに掛かっています。

目袋=眼窩脂肪が多い方に対して眼窩脂肪を取り除いてあげる事が目をすっきりとさせるためのポイントとなりますが、もしもそこにたるみが認められれば下眼瞼脱脂だけでは満足の行く治療が出来ないのです。

下眼瞼脱脂だけではたるみは取れないため、そういった症例には皮膚切開を伴った下眼瞼切開・ハムラ法を選択します。

ヒアルロン酸や下眼瞼脱脂しかできない医師では決して効果を出せない事もありますので、様々な整形手術パターンを網羅している医師を見極めなければなりません。

それでは早速、下眼瞼脱脂法(目の下のくま取り)の治療解説に移りたいと思います。

下眼瞼脱脂法の手術・美容整形

目の下のたるみ取りや目の下のクマ取りの整形をする様になる原因は、年齢と共に目の下の靭帯=ロックウッド靭帯という箇所が緩んでしまう事で脂肪が下がってくるからなのです。そのため、クマ取りの整形ではこの眼窩脂肪をどうにかしようという方法で改善が図られます。

目の周囲の筋肉は動きが激しくいため、たるみの老化現象が進行しやすい部分です。目の下のたるみやくまは目立ちやすく、疲れや老けなどの印象を顔全体に与えてしまいます。

下眼瞼脱脂法は、加齢による下まぶたのたるみや膨らみ、目の下のくまなどを解消する美容整形です。

その他にも、目の下のクマとりの整形としては、ヒアルロン酸やレディエッセなどのフィラー注入、脂肪注入、下眼瞼切開、ハムラ法などが考えられます。

例えば、目袋=眼窩脂肪が多い方に対して眼窩脂肪を取り除いてあげる事が目をすっきりとさせるためのポイントとなります。そこにたるみが認められれば下眼瞼脱脂だけでは満足の行く治療が出来ないのです。

そのため、複合的なクマ取り手術が必要となります。

下眼瞼脱脂法によって、眼窩脂肪を除去すると下まぶたの膨らみを小さくすることができ、たるみ・くまの解消に繋がってきます。下眼瞼脱脂(経結膜脱脂)の手術は、表側から行う手術と、まぶたの裏側(結膜側)から行う手術があります。結膜側から行う手術は、経結膜脱脂術と呼ばれます。

経結膜脱脂術の場合、切開の傷跡が瞼の裏側になるため、目立つことはありません。レーザー治療によって眼窩脂肪を除去する下眼瞼脱脂術が可能なクリニックもあります。

下眼瞼脱脂法の他にも目の下のクマの整形手術としては、ヒアルロン酸・レディエッセなどフィラー注入、そして脂肪注入・下眼瞼切開ハムラ法なども候補として挙げられます。眼窩脂肪が多い場合は、眼窩脂肪を取り除くことで目をすっきりさせることができますが、そこにもしたるみがあるのならば、下眼瞼脱脂法だけでは充分な処置とはならないため、他の施術法を併用する複合的なクマ取り手術の必要があります。

関連する治療法
目の下のたるみ取り法

経結膜脱脂法(目の下のクマ)

下眼瞼脱脂法(目の下のくま取り)の失敗・リスクと修正を徹底解明!

当相談所では、失敗しない医師選び・名医のご紹介をしております

この下眼瞼脱脂法は、美容整形の中でも難しい手術といわれており、医師には高いスキルが求められるので、名医に行ってもらってこそ、満足のいく仕上がりが得られるのであって、経験値の浅い医師にでは、手術を受けても全く変化がないか、あるいは目の下の膨らみの原因となっている脂肪を取りすぎて、陥没したようにへこんでしまうというリスクも伴います。

こうなってしまえば、今度は膨らませるものを注入しなればならなくなってしまいますが、その結果、ヒアルロン酸などがしこりになってしまうこともあり、また目立ってしまうという悪循環に陥ってしまいます。下眼瞼脱脂法には、まぶたの表面から行う場合と、裏側、つまり結膜側から行う場合があり、どちらからのアプローチが適しているかは、医師の経験値がものをいいます。

下眼瞼脱脂法を受ける場合には、その患者さんの下まぶたの状態をじっくりと見極め、どのような術式が適切であるのか、どれくらいの脂肪を取り除けば、表面から見てフラットな状態に戻せるのかを見定める能力がないと、失敗に終わってしまう確率が高い手術でもあるので、当相談所の情報を参考にしながら、色々な症例をこなしている医師に執刀してもらうようにしましょう。

下眼瞼脱脂法のメリット・効果

目の下のたるみ解消だけでなく、目の下の膨らみが小さくなることでクマやインディアンラインも目立たなくなり、若々しい印象を与える目もとにすることができます。

尚、下眼瞼脱脂法は結膜側の脱脂を行う事になるため、顔の表面には傷が一切つかないと言ったメリットも在ります。
結膜側と言うのは、内側部分になるため、傷跡が見える事はないわけです。

また、皮膚側に傷がつかない事からも、翌日からヘアメイクを行ったり、洗顔を行えるようになるなど、ダウンタイムも短いと言うメリットも在りますし、手術後の腫れや内出血についても少ないため、目元をすっきりさせたい人などにお勧めの整形術と言えます。

結膜側からの施術ですと、傷跡が残らないのもメリットで、お化粧も数日ですぐにできますので、傷跡を気にして生活をしなくて済みます。

下眼瞼脱脂法のデメリット・リスク・後遺症

下眼瞼脱脂法は目の下側の袋の中に在る脂肪を取り過ぎてしまうと、凹んだ状態になると言ったリスクが在ります。

取り過ぎは禁物であり、控えめにすることが肝要とも言われており、予めどれだけの量の脂肪を切除するのか、どのようなデザインに仕上げるのかをカウンセリングの中で医師との相談を行って決める事、そして手術を行う医師の技術が成功に結びつくと言う事です。

また、下眼瞼脱脂法はチリメンジワに対する効果は少ないと言われており、チリメンジワを目立たなくする目的で下眼瞼脱脂法で手術をしてしまうと、皮膚が余ってしまうため、たるみやチリメンジワが目立結果になるなどのリスクが在ります。

代表的なリスクとデメリットをまとめますと、

・脂肪を多くとりすぎると、凹んだようになってしまう
・表面側からの施術になりますと傷跡が残ってしまう
・眼球内に皮下出血の出る可能性がある

などがあります。

失敗しない為にはこの施術の熟練医師に頼むことをおすすめします。

詳細記事は下眼瞼脱脂法のリスクとデメリット3つをまとめてみたをご参照ください。

下眼瞼脱脂法の失敗・修正・トラブル

下眼瞼脱脂法の失敗と修正手術をブログから6つ考察してみたでも解説した通り、有名なクリニックであれば安心して施術を任せられる。という方に限って失敗してしまいます。

失敗例は、無感覚になってしまった。状態が何も変わっていない。脱脂をしすぎて凹んでしまった。などがあります。

変化がない状態の修正手術は、また脱脂をすることになるのですが、問題は脱脂をし過ぎてしまった修正手術です。

脱脂をし過ぎてしまいますと、脂肪注入やヒアルロン酸注入などの注入剤による修正になります。

脂肪注入の場合は、上手く定着すればよいのですが、しこりになってしまったりします。

注入剤の場合は、数カ月から数年で吸収してしまいますので吸収後、また注入をしなければなりません。

目の下のくまの美容整形による内出血や腫れ

目の下のくまの美容整形の失敗として可能性のある「内出血や腫れ」とは?

目の下のくまの美容整形による内出血や腫れが起こることもあります。

個人差はありますが、2週間程度内出血が続くことがあります。

化膿止めや炎症止めを飲みながら、様子を見ることになります。

腫れは、2日から1週間ぐらい起こることがあり、なじむまでには1ヶ月ぐらいかかることがあります。

腫れが起こってしまったときも、化膿止めや炎症止めを飲むことになります。

それでも治らなければ、病院を受診しましょう。

ヒアルロン酸注入やPRP注入で効果が無い

目の下のくまはとても気になるものです。

くまがあると疲れているように見えたり、老けているように見えたりするので、なくしたいと思っている人も多いでしょう。

くまをなくすためには、自己流のお手入れよりも美容整形がおすすめです。

しかし、ヒアルロン酸注入やPRP注入で効果が無いこともあります。

副作用が起こる原因は、医師の技術が大きく関係していますので、経験が豊富な医師を選ぶようにしましょう。

下眼瞼脱脂や裏ハムラ法で効果が無い

目の下のくまの美容整形を受けるときに、下眼瞼脱脂や裏ハムラ法で効果が無いことがあります。

下眼瞼脱脂は、目の下の脂肪を除去して下瞼のふくらみを減らすことで、くまを解消する方法です。

裏ハムラ法は、皮膚を切開して眼窩脂肪を移動させる手術のことです。

しかし、未熟な医師が手術を行なった場合には、効果が無い場合があります。

せっかく受けるからには、成功させたいので腕のいい医師を選びましょう。

美容整形の名医相談所

下眼瞼脱脂法のダウンタイム・傷跡・アフターケア

下眼瞼脱脂法のダウンタイム・アフターケアの注意点についてまとめます。

個人差はありますが、結膜側からの手術(経結膜脱脂)の場合は、2週間前後は腫れが続きます。
大きな腫れは3日前後で全体的な腫れが約2週間前後になります。

レーザーによる脱脂の場合は、1週間程度で腫れが引いてきます。

腫れが引きにくい体質の方もいらっしゃいますので、ダウンタイム期間は長めにみることをお勧めします。
ダウンタイム期間は、痛みがある方もいらっしゃいます。そのような方は、アイスパック・冷えたタオルなどで冷やす事で痛みが多少治まります。

クリニックから痛み止めとして鎮痛剤を処方されます。
個人差になってきますが、ダウンタイム期間中は処方されたお薬をお飲みになれば、痛みは和らぎます。
腫れを早く引かせる為にも、ダウンタイム期間は無理をせず安静してください。

腫れや内出血が長引く

下眼瞼脱脂法は、下瞼の裏側を切開して、下瞼などにたまってしまっている脂肪を取り除くような治療法であるため、メスの入れ方によって、腫れや内出血が長引く可能性があります。そのため、腫れや内出血に関するアフターケアを最後まで行ってもらえるような環境を探し出すことが重要になっていて、いろいろ治療内容をしっかり比較することをおすすめします。また、安全に治療が行える医師も見つけておくことも大切です。

下眼瞼脱脂法の麻酔・痛み

局所麻酔か静脈麻酔が適応される事が多いです。
痛みは静脈麻酔であれば、眠っている間に手術が終わりますので、問題ありません。

下眼瞼脱脂法の料金・費用・値段

30万円~40万円前後を目安にして下さい。

安い費用で安く施術を行う方もいますが、専門の医師でないと失敗してしまいます。

ですが、高ければ良い。という訳でもありません。
費用で選ぶのではなく、医師の技術・自分にあったクリニックをご選択してください。

麻酔の種類ですが、静脈麻酔・局所麻酔になります。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。

費用は2万円~5万円と麻酔だけでも少しお高めになっていますが、局所麻酔とは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。
※安いクリニックには安い理由があります。低価格だからといってクリニック選びをするのは危険です。

下眼瞼脱脂法の名医

術式は、ご自身の目元の状態や医師、クリニックによって異なってきます。

ご自身に合った名医をご選択する事が失敗しない為の重要なポイントになってきます。

HPなどを見ましても、営利目的でやっているクリニックもたくさんあります。

そのようなクリニックに引っかかってしまい失敗される方はたくさんいらっしゃいます。

契約書は患者様側が不利に作られています。ですので、失敗されて裁判をかけても8割は負けてしまいます。

絶対にそのようなことが起きない為にも、名医をご選択になることが絶対条件となります。

名医選びにつきましては、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶことが肝心です。

良質な症例数が多い美容外科を選びましょう

国内でトップクラスの目の整形手術をしている実績があり、たくさんの目の状態を改善しているため、どんなにひどい症状の場合でも、よい目に仕上げてもらえます。

手術の方法をたくさん選べるようなクリニックであり、メスを利用しない、気軽に行うことができる治療をすることもできます。

美しい顔に仕上げるための目以外の治療にも対応してもらうことができ、顔全体を良好なものにすることができるので、人気があります。

アフターケアに関する相談もすることができ、専門的な治療法について、たくさんのことを聞き出せるため、とても魅力があります。

症例数としては、医師一人で年間50例以上あるととても良いです。

おすすめの名医がいる美容外科

目の下のくまの美容整形は、とてもおすすめできる手術です。

しかし、リスクもそれなりに高いですので、手術内容と副作用をしっかりと把握してから受けなければなりません。

美容整形の手術は、医師の技術が大きく関係しています。

腕のいい医師を見つけることがとても大切です。

どのクリニックを選べばいいのかわからない場合は、名医がいるおすすめの美容外科をご紹介しておりますので、お気軽にご連絡ください。

下眼瞼脱脂法の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1

下眼瞼脱脂法の口コミ・体験談・評判

女性 下眼瞼脱脂法でのクマ取りの口コミ・体験談・評判

最初は、入れた脂肪がすぐになくなってしまうんじゃないか叫びと不安でしたが、綺麗に定着しています。
この手術はダウンタイムが少なく、通院もいらないので、本当に助かりました!
同じ社会人でくまに悩んでいる方にも、是非うけていただきたいとおもいます。

名古屋で目の下の脱脂をしたい方の口コミ・体験談・評判

探している地域は名古屋です。今の所脂肪移植や脱脂のどちらかを検討しています。名古屋のT先生を指名しているのですがこの方の技術はどうですか?決めてはクマが再発する確率が少ないと聞いたからです。手術日は今月の27日なのであまり時間がありません。一度品川クリニックで手術脂肪注入を受けましたが1年程で効果が消滅してしまいました。

女性 下眼瞼脱脂法で目の下のたるみ取りの口コミ・体験談・評判

今年50歳になり、急に目の下のたるみが気になりました。
私はジャズダンス指導及び振付の仕事をしており、まだステージにも出演しています。
若く見られる方で今まで気にならなかったのですが、目の下のたるみやクマが急激に目立ってきました。

今年5月に2ヶ所のクリニックにカウンセリングに行き、1件目で目の下内側を少し切開して脂肪を取り、そこに太ももの内側から取った脂肪を注入する手術を進められました。しかし、ダウンタイムや「切る」という事自体に恐怖感があり、違うクリニックにも相談に行ったのです。その先生はその手術には医師の間でも賛否両論があると仰いました。

特に私のように痩せている人は返ってシワが出来やすくなり、脂肪注入にはかなりの内出血が伴うと、私には手術は否定されました。とても話しやすく、安心出来た先生でしたので進められたサーマクールとプラスで目の下にヒアルロン酸、法令線にボトックスを入れました。

結果、法令線も目立たなくなり、リフトアップし満足の結果でしたが、8月終わり頃から目の下のたるみがまた目立ち始めヒアルロン酸を再度入れるか、また別の方法があるか他院に行きたいと思います。

美容整形の名医相談所

“下眼瞼脱脂法(目の下のくま取り)の失敗と名医を5つのブログから考察” への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    経結膜脱脂法を考えているのですが、レーザーメスか高周波メスが良いのか分かりませんダウンタイムは同じぐらいだと思うのですが。

  2. 匿名 より:

    下眼瞼脱脂法(クマ取り)をしたいと考えています。顔の、しかも目の下ということで絶対に失敗したくありません。ただ当方海外在住のため、情報がインターネットのみなので大阪もしくは神戸での下眼瞼脱脂法の名医を教えていただけますでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*