美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

下眼瞼脱脂法のリスクとデメリット3つをまとめてみた

最近は加齢による容姿の変化にも対応できるような美容整形があります。お金はかかるのですが、お金にはかえられないくらいの価値があるものだと考える人もいることでしょう。ですから、いつまでも若く美しくいたいという人では目元の手術をしたりすることもあります。

特に歳を重ねてできてくる目の下のたるみやクマというのは、余分な脂肪が加齢によって下にたれて出てくるたるみと、皮膚がたるむことで皮膚のたるみが出る場合があります。

下まぶたの脂肪が多かったり、皮膚のたるみが重度であって改善することが難しい場合などには下まぶたの裏にメスを入れたりして脂肪を取り除き、たるみやクマ取りである下眼瞼脱脂法という方法がいいといえましょう。

これはわりと確実に脂肪を取り除き、外見としてもたるみやクマ取りに効果があるといわれています。

下眼瞼脱脂法のデメリット

目の下の脂肪取り、別名「経結膜脱脂法」

下眼瞼脱脂法は、別名「経結膜脱脂法」とも呼ばれている整形術で、下眼瞼をひっくり返してから、結膜側となる内側部分を切開し、余分な脂肪でもある眼窩脂肪を取り除いて、眼窩隔膜がピンと張るようにして、眼窩脂肪が突き出さないように防止する治療法です。

下瞼の皮膚の膨らみが在ることで、何時も疲れているように見られてしまったり、実年齢よりも老けて見られてしまうなど、コンプレックスを抱えている人などに注目されている種々で、下眼瞼脱脂法は眼窩脂肪を取り除いて膨らみを抑えられること、切開するのは結膜側となる内側部分になるため、正面からは傷が見えないなどのメリットがあります。

デメリットについて

しかし、下眼瞼脱脂法は下まぶたの際にメスを入れる手術というのは切開術になりますので、体に負担がかかることを覚悟しておきましょう。

デメリットとしては、手術をした後に腫れや赤み、内出血が起こる可能性があるです。また、症状がおさまるまでの期間もしばらくかかると考えたほうがいいのです。数週間かかる場合もありますので注意しましょう。

また、下眼瞼脱脂法というのは目の下のクマやたるみ治療では、比較的高額の費用がかかるのが一般的です。

切開術のために、1週間ほどで抜糸をしていきます。その後腫れがひくまでは2週間くらい、さらに症状がおさまるまでには1~2週間かかるのが一般的ものなのです。

下眼瞼脱脂法のリスク

くまが取れないのは整形で治せる?下眼瞼脱脂法のリスクとデメリットまとめ

また、下眼瞼脱脂法をしたあとは外出をしなければならない状況であれば、めがねをかけたりすることで、コンタクトレンズを使わないようにしたり、激しい運動をしないように気をつけたほうがいいのです。

クマやたるみのための手術を考えているのなら、まずは美容整形をしているクリニックについての情報を集めてみて信頼できるところを探してみるといいでしょう。

下眼瞼脱脂法によって目の下がくぼむ

下眼瞼脱脂法とは目の下に溜まってふくらんでいる脂肪を取り除く手術のことです。この手術を行うことで下まぶた付近のたるみやくまを軽減することが可能になるため、気になっていた方からするととても嬉しいことです。しかしこの下眼瞼脱脂法にはデメリットも多くあることも現状です。

下眼瞼脱脂法は、例えば下まぶた裏側の脂肪を取りすぎてしまうと今度は逆に目の下がくぼんでしまうということもあります。

クマやたるみの原因になる脂肪を取り除くような治療法になっているため、必要以上に脂肪を取り除いていくことによって、目の下が大きくくぼんでしまうような症状が出てしまうため、リスクを考える必要があります。適切に脂肪を処置してもらえるような治療をしてくれる医師を探すことが大事になっているため、口コミなどで治療の感想を多数参考にすることをおすすめします。

目の下がくぼむ確率は5パーセント程度。このようにデメリットもあるということを確認していきましょう。

くま・たるみが取れないといったことも

下眼瞼脱脂法は、くま・たるみが取れないこともあります。くま・たるみには、さまざまなタイプがあり、下瞼の部分にたまっている脂肪が原因ではない場合があるため、くま・たるみが生じた原因をしっかりと見極めてもらって、原因を分析した治療を行える環境を選んでいくことが大切になっています。そのため、多数のくま・たるみの手術をできるような環境を選び出して、くま・たるみの原因を見出してくれるような医師を見つけることが大切です。

この手術による下眼瞼脱脂にかかる費用はクリニックにもよりますが数十万円かかってくることが多いです。大きな額であるため意を決して手術に踏み切ることになると思いますが、実際には術後もくまやたるみが取りきれずに残っていることもあります。これには人それぞれの個人差が現れます。

特にくまに関してはその事例は多いです。内側の脂肪分を摂取することで余ってしまった皮膚によって色が暗く見えてしまうためです。

個人差によって腫れや内出血が長引く

手術中はもちろん麻酔をしているため痛みを伴いながら過ごすことはありませんが、術後に麻酔が切れてくると徐々に痛みを感じてくることになります。

この際通常医師から鎮痛剤を処方されるため大きな痛みを抱えたままになることはないですが個人差もあり、痛みを比較的強く感じたり、また手術による内出血が長引いてしまう人もいます。もちろん期間をおくことでこれらは解消されますが人によっては差が出てくるということは理解しておきましょう。

ずっと割りなどのクーポン発行と名医紹介はこちらからどうぞ

これらのデメリットのように、手術をしたにも関わらず期待していたような結果を得られないといったことを避けるためにはキチンとした腕をもった医師に相談をしていただき、診察からしっかりとする必要があります。

当相談所では確かな実力を持った名医が対応いたしますので、安心できるように問題解決に向けてサポートします。不安に思う点や気になることがあれば是非お気軽に相談していただきたいです。

カウンセリングのポイント

経験豊富な医師の場合は、皮膚のたるみが認められる場合には、下眼瞼脱脂法ではなく下眼瞼切開法と呼ばれる、下眼瞼縁から目尻にかけての部分にデザインを行い、余った皮膚を切除してから縫合させると言った方法で手術をして貰う事が出来ます。

そのため、カウンセリングを受ける時にはどのような状態になりたいのかをしっかりと医師に伝える事が大切です。

尚、下眼瞼脱脂法による手術は、腫れや内出血が比較的少なく、腫れや内出血が起きてしまった場合でも、数日程度で元の状態に戻るなど、ダウンタイムが極めて短いと言った特徴もあります。

下眼瞼脱脂法は、くまなどの原因になっている脂肪を取り除いていくような治療法になっています。メスを使ったような治療法であり、治療後のケアが必要であるというリスクもあるため、リスクを理解しておく必要があります。そのため、治療をうまく行ってもらうことができる名医を探し出してもらうことが大切であり、たくさんのことを比較することをおすすめします。また、アフターケアの充実度も調べておくことがよいです。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*