目の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
目の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

ブローリフト(眉毛・瞼のリフトアップ)

ブローリフト(眉毛・瞼のリフトアップ)の手術・美容整形

眉毛が年齢とともに下がってきてしまうのを改善する整形がブローリフトです。タルミを切除することで、まぶたが開きやすくなり、視野が広くなります。よく表現されているのが、”10歳若返る”という効果を得られます。

注意したいのが、上瞼が下がってきたというのは、実は色々な整形方法が考えられますし、場合によっては適応を間違えてしまっている医師もおられます。

眉毛が下がってきた事に対しての代表的な治療方法を列挙します。

  1. 上瞼の皮膚を切除する
  2. 眉毛の下を切除する
  3. 眉毛の上を切除する
  4. 前額リフトをする

といったところです。

眉下切開法との違いは、切開の箇所です。眉下切開はその名の通り、眉毛の下を切開しますが、ブローリフトの場合は、眉毛の上です。額から引き上げを行うタイプのリフトアップ手術で、若返りの効果が期待できます。

ブローリフト(眉毛・瞼のリフトアップ)の失敗・リスクと修正を徹底解明!

ブローリフト(眉毛・瞼のリフトアップ)のメリット・効果

重たい印象のお顔を明るく見せる効果がございます。
シワ・たるみに効果があり、若返った印象を与えます。手術なのでダウンタイム終了後にすぐに瞼が軽くなった感覚を得ます。効果が大きく、眉下切開(上眼瞼リフト)の手術と同程度の効果性が認められています。

ブローリフト(眉毛・瞼のリフトアップ)のデメリット・リスク・後遺症

ブローリフトのリスクブローリフトのデメリットについては、切開をする為に、傷跡が残ってしまうことや、ダウンタイムも2週間程度必要なので仕事復帰までに時間がかかる点が挙げられます。デメリットを解消するためには、出来る限りクオリティが高い手術を行うことです。

傷跡が目立つリスクもある

眉下切開やブローリフトは傷跡が目立つ!?目の上のたるみの美容整形のリスクを知りたい方は読んでみてください。

目の上のたるみの美容整形は、上瞼のたるみにより二重の幅が狭くなったり奥二重そしてまつ毛の下まで皮膚が垂れ下がっている方に有効な方法です。

眉下切開やブローリフトの傷跡が目立つなどのリスクが発生する事もあります。傷の赤みは数か月かけて薄茶色から白っぽい線へと変化するのが通常です。医師の技術や体質によっては若干目立つ可能性はあります。

ブローリフト(眉毛・瞼のリフトアップ)の失敗・修正・トラブル

ブローリフトの失敗を分析してみたでも解説しておりますが、ブローリフトに失敗してしまうと、びっくりしたような眉毛になってしまう事もございますので危険です。

リフト系の手術の経験が浅い医師が治療を行えば、判断を間違えてしまうリスクが考えられます。例えば、眉毛の位置が高い場合は眉毛より下で、眉毛が下がって低い位置にある場合は眉毛より上側での調節になります。

今後は、高齢化してきた事でブローリフトの需要も増えてくるかと思いますが、適切な名医を選択されないと失敗者を増やす事となります。

ブローリフトの失敗で「効果が無い・たるみが取れない」って本当?

効果が無い・たるみが取れない危険性は想定されます。

ブローリフトの美容整形術をしても、効果が無い・たるみが取れないというケースであれば、皮膚の石灰が不足であったか、手術自体がもっと別の方法が良かったからか、なにかの原因が考えられます。

たるんだ目元の皮膚を、美容整形手術で切開をして、医療用のナイロン糸で縫い合わせて治療を行います。

でも目元だけではなく、額なども大きくアルミがあるとしたら、それはまぶただけのトラブルではないので、別の手段も検討です。

美容整形後の傷跡が目立つ

ブローリフトの美容整形をしたあと、しばらくは傷跡が目立つのは仕方がありませんが、時間が流れていく過程で、ゆっくりと目立ちにくくは変わっていきます。切開をする場所は、何もカバーのない顔の皮膚を着るわけではなく、眉の上を切開することになります。

患部の状態が落ち着いてきたら、アイメイクをしたり、いつものメイクアップで傷の跡も、かなり目立ちにくい状態にすることができすので、メイクを頑張りましょう。

腫れと内出血が強く出る

ブローリフトの美容整形を行ったあと、腫れと内出血が強く出るのは、術後の1週間から2週間程の間になります。

しかしこの2週間ほどを過ぎてしまえば、落ち着いてくるので、仕事を休むにしても、およそ1週間程か、心配ならば14日程の休みを取って、美容整形手術を計画する人が多いです。

ダウンタイムは自宅でゆっくりと過ごして、傷跡には触れないで、穏やかなダウンタイムを過ごすことです。内出血はだんだんと、消えていきます。

ブローリフト(眉毛・瞼のリフトアップ)のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

1週間で抜糸、2週間前後で、腫れが引きます。
ダウンタイム期間は、痛みがある方もいらっしゃいます。そのような方は、アイスパック・冷えたタオルなどで冷やす事で痛みが多少治まります。
クリニックから痛み止めとして鎮痛剤を処方されます。
個人差になってきますが、ダウンタイム期間中は処方されたお薬をお飲みになれば、痛みは和らぎます。

ブローリフト(眉毛・瞼のリフトアップ)の麻酔・痛み

麻酔の種類ですが、局所麻酔か静脈麻酔が適応される事が多いです。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用相場は5万円と麻酔の費用がかかりますが、局所麻酔のみとは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。

その他の麻酔の種類としては、表面(クリーム)麻酔、硬膜外麻酔、笑気ガス麻酔、全身麻酔などがあります。他の整形手術を同時にされる場合などには、スムーズな治療を行うためにも麻酔の組み合わせが大切になります。

ブローリフト(眉毛・瞼のリフトアップ)の料金・費用・値段

35万円前後を目安にして下さい。
麻酔の種類ですが、静脈麻酔・局所麻酔になります。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用は2万円~5万円と麻酔だけでも少しお高めになっていますが、局所麻酔とは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。
※安いクリニックには安い理由があります。低価格だからといってクリニック選びをするのは危険です。

ブローリフト(眉毛・瞼のリフトアップ)の名医

症例数が多い医師をご選択になさってください。
名医選びにつきましては、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶことが肝心です。

目元のたるみ治療はアフターケアまでおすすめの病院で治療しよう

ブローリフトの皮膚を切開する美容整形治療保は、日頃から切開をやっている名医が行うべきことです。

医療用ナイロン糸で縫い合わせたら、1週間は糸を付けたままですし、そのあとには抜糸も待っています。

完全系になるまでには、しばらくの時間経過も必要になります。未熟な医師に任せると不安は募りますが、熟練の切開手術をやりなれている医師であれば、術後のフォローまで安心して相談をすることもできます。

ブローリフト(眉毛・瞼のリフトアップ)の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1

ブローリフト(眉毛・瞼のリフトアップ)の口コミ・体験談・評判

女性 ブローリフト(眉毛・瞼のリフトアップ)の口コミ・体験談・評判

私はブローリフトをしましたが、とても若返ったと周りから言われます。

男性 ブローリフト(眉毛・瞼のリフトアップ)の口コミ・体験談・評判

私は24歳の男性ですが、美容整形を考えており、是非ご教授いただきたく存じます。私は、学生の頃から重めの一重まぶたで、友人からは「目つきが悪い」「いつも眠そう」と言われていました。 それが嫌で意識して目を開けているようにしていたのですが、そうしていると額に横ジワが出来てしまい、どちらも強いコンプレックスになっています。
自分なりにネットで調べたところでは、こういうケースでは、ブローリフト・額リフトが効果が高く、かつ持続するため適当かと愚考しています。 この場合の施術について、専門家の意見を頂きたく、また大阪・京都で良いクリニックがあればご紹介頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。 長文失礼致しました。

女性 ブローリフト(眉毛・瞼のリフトアップ)の口コミ・体験談・評判

目頭切開もやってみて分かったのですが、自分には合ってないので完璧に戻すとゆぅいうより控えめな目頭に修正したいです。

あとまぶたのたるみがあるから上眼瞼リフトかブローリフトをするのもヴェリテクリニックのカウンセリングした時にオススメされました。どうなのでしょうか?

美容整形の名医相談所

“ブローリフト(眉毛・瞼のリフトアップ)” への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    まぶたのたるみがあるから上眼瞼リフトかブローリフトをするのもクリニックのカウンセリングした時にオススメされました。

    カウンセリングのコツと手術の仕上がりを良くするコツ教えて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*