目の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
目の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

目の下のたるみ取りの整形の失敗・リスクと修正を徹底解明!

目の下のたるみ取りの手術・美容整形

目の下のたるみ法は、クマやたるみが気になっている方が行う手術です。
下眼瞼切開法・下眼瞼脱脂術・ハムラ法などがございます。

関連する治療法>>>下眼瞼脱脂法下眼瞼切開法ハムラ法

目の下のたるみ取りの整形の失敗・リスクと修正を徹底解明!

目の下のたるみ取りの整形のメリット・効果

インディアンラインとも言われている部分を解消することができ、若返った印象になります。若かりし頃に、ほんの少しでも近付けることはできます。でも若い頃のハリのある目元に、完全に戻すのはできない話であり、それにはほかの治療を組み合わせることになります。

目の下のたるみ取りの整形のデメリット・リスク・後遺症

傷跡が残ってしまったり左右非対称になってしまう事がございます。ですが名医を選択することでそのリスクは最小限にすることができます。

目の下のたるみの美容整形でドライアイが起こるリスクがあるのはナゼなのか?

目が閉じなくなることによるドライアイ。

目の下のたるみ除去手術を受けた時の失敗例として、未熟な医師によって、皮膚を多く切除されてしまった場合、いわゆる、あっかんべをした時のように、下瞼の赤い粘膜が見えてしまうようになります。

下瞼の皮膚が足りなくなり、目が閉じなくなると、目が乾くドライアイになってしまうリスクが高まるので注意が必要です。

ハムラ法や下眼瞼切開の傷跡は残る

目の下のたるみの美容整形で行われている術式は、下まつ毛の生え際のすぐ下を切開して、脂肪を取り除くなど処置を施した後、縫合するので、最初は赤く、次第に白い線となっていくまで、三か月は要します。

年齢が高くなればなるほど傷は治りにくく、残りやすいので、メイクでカバーしなければならないことを理解しておきましょう。

たるみが残るためしわが目立つようになる

目の下のたるみの美容整形は、加減が難しく、脂肪を取りすぎてしまうと、皮膚の下に空洞ができ、たるみやしわが目立つようになってしまうケースも少なくありません。

また、除去すべき皮膚を多く残しすぎても、同様にしわやたるみが現れてしまうことも多いので、熟練した医師に担当してもらうことが重要です。

目の下のたるみ取りの整形の失敗・修正・トラブル

目の下のたるみ解消の美容整形における手術の失敗例やトラブルについてまとめました。ご参照ください。

目の下のたるみの ハムラ法や下眼瞼切開の傷跡

目の下のたるみの美容整形の失敗「ハムラ法や下眼瞼切開の傷跡」について。

傷跡の修正は困難になります。

目の下のたるみの美容整形でのハムラ法や下眼瞼切開の傷跡は、必ず残るものであることを承認しておきましょう。しかし傷跡は手術の腕に左右されるために、できるだけ目立ちにくくすることができます。

そのためには医師を厳選することにもなりますが、傷跡は残りますし、下まぶたの反り返りでは見える可能性もあります。

できるだけ傷跡を目立ちにくくするために、裏から行う方法などもありますので、検討をすることです。

目の下のたるみの整形手術とドライアイ

目の下のたるみの美容整形を行う上でのリスクの一つに、皮膚が外へ剃り返すことでのドライアイがあります。眼窩脂肪を移動し過ぎてしまうとか、余剰皮膚の過剰切除なども全て、目の乾き安い状態を招く引き金になります。

ただでさえも現代人はパソコンやスマートフォンの普及で、目の乾きは深刻な状態であるために、美容整形でさらに乾きやすいのは、厄介な問題となります。目がドライになることで、目がゴロゴロしやすくなります。

目の下のたるみのたるみが残る

目の下のたるみの美容整形としてハムラ法などの美容整形を下としても、たるみが残るといった失敗なども起こりうることです。

期待のしすぎは残念ですが、小じわやたるみをパーフェクトになくすことができないために、あまり期待のしすぎはしないことです。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

目の下のたるみ取りの整形のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

2週間前後になります。
ダウンタイム期間は、痛みがある方もいらっしゃいます。そのような方は、アイスパック・冷えたタオルなどで冷やす事で痛みが多少治まります。

クリニックから痛み止めとして鎮痛剤を処方されます。
個人差になってきますが、ダウンタイム期間中は処方されたお薬をお飲みになれば、痛みは和らぎます。

目の下のたるみ取りの整形の麻酔・痛み

麻酔の種類ですが、局所麻酔か静脈麻酔が適応される事が多いです。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用相場は5万円と麻酔の費用がかかりますが、局所麻酔のみとは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。

その他の麻酔の種類としては、表面(クリーム)麻酔、硬膜外麻酔、笑気ガス麻酔、全身麻酔などがあります。他の整形手術を同時にされる場合などには、スムーズな治療を行うためにも麻酔の組み合わせが大切になります。

目の下のたるみ取りの整形の料金・費用・値段

術式にも依りますが、20万円~40万円前後を目安にして下さい。
麻酔の種類ですが、静脈麻酔・局所麻酔になります。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用は2万円~5万円と麻酔だけでも少しお高めになっていますが、局所麻酔とは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。
※安いクリニックには安い理由があります。低価格だからといってクリニック選びをするのは危険です。

目の下のたるみ取りの整形の名医

皮膚の切開法になりますので、形成外科医をご選択になさってください。
名医選びにつきましては、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶことが肝心です。

高いスキルが求められる目の下のたるみ取り

目の下のたるみは、見た目年齢を引き上げてしまうので、手術により若々しい目元を取り戻したいものですが、とてもデリケートな判断が必要な難しい手術なので、多くの経験を持つ名医を探しましょう。

失敗すると、余計に老け顔に見えてしまったり、のっぺりとした気持ちの悪い目元になってしまうこともあります。

目の下のたるみのおすすめの美容整形

目の下のたるみの美容整形のおすすめな美容整形手術は、ハムラ法や下眼瞼切開などの問題解決方法です。メスでの美容整形になるので、整形手術をして1ヶ月くらいは、傷跡にも赤みが残ります。

そこから2ヶ月模型化すれば、次第に赤みなどは目立たなくなります。目の下のたるみは消えていきますし、見た目もかなり若返ることになりますので、時間はかかっても問題解決法として、あかなり前向きな美容整形の手段です。

目の下のたるみ取りの整形の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1

目の下のたるみ取りの整形の口コミ・体験談・評判

女性 目の下のたるみ取りの整形口コミ・体験談・評判

ハムラ法を行いましたが、傷跡が残ってしまいました。消えません。

女性 目の下のたるみ取りの整形口コミ・体験談・評判

目の下のたるみ取り、脱脂を検討中ですが失敗を多く聞き、大変迷っています。
知人の話、ネットの情報、クリニックの広告、様々なものに惑わされて真実が見えません。本当に信頼出来る形成外科を教え下さい。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

“目の下のたるみ取りの整形の失敗・リスクと修正を徹底解明!” への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    顔のたるみに悩んでいます。
    これまでにホホアゴの脂肪吸引、目の下のたるみ取り(アイバックリムーブ法)を受けました。
    アイバックリムーブで右目が若干アカンベー状態になっています。
    脂肪吸引をしてしまったため皮膚がたるみ、法令線やマリオネットラインが目立ちます。
    また、顔全体が下に垂れてフェイスラインがぼやけ、老けた印象です。
    目元や頬から確実に引き上げたいので、リガメント術を検討しています。名医の方を教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*