バスト・豊胸手術の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
バスト・豊胸手術の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

豊胸バッグの挿入層の失敗や修正のリスクのマル秘!

豊胸バッグの挿入層の手術・美容整形

豊胸バッグを挿入する際には、幾つかの挿入層がございます。

1.乳腺下2.大胸筋下3.大胸筋筋膜下
といった種類があります。

また、最近では、乳腺下+大胸筋筋膜下の挿入層を選択するハイブリッド、次世代豊胸術も出てきています。症例、アフターケア、使うバッグの種類、挿入層により医師の技術も分かってしまいます。

失敗を回避するためにも、初めから名医を選択してください。

関連する治療法>>>豊胸 乳腺下法豊胸 大胸筋下法
豊胸 大胸筋膜下法レイヤースイッチ法

豊胸バッグの挿入層の失敗や修正のリスクのマル秘!

豊胸バッグの挿入層のメリット・効果

挿入層によって仕上がりが変わってきます。例えば乳腺下法は谷間ができやすくやわらかい、大胸筋下法は豊胸バッグの輪郭が見えづらい、大胸筋筋膜下は出血が少ない。といったような感じです。一長一短ありますので、ご自身に合った豊胸バッグの挿入層を選択して頂ける名医を選択してください。

豊胸バッグの挿入層のデメリット・リスク・後遺症

未熟なドクターが治療を行う事で皮膚感が凸凹、引きつれを生じ、不自然、炎症になることがあります。頬のたるみ、中顔面=ミッドフェイスリフトには本格的なフェイスリフトをお薦めいたします。糸を使ったフェイスリフトは効果性に限界があります。

豊胸バッグの挿入層の失敗・修正・トラブル

カプセル拘縮・リップリング・石灰化などが強く出てしまった場合には、抜去が必要になります。豊胸バッグを失敗しないためには、ポイントがありますので名医選びと併せてご相談ください。

豊胸バッグの挿入層のカプセル拘縮・リップリング・石灰化

被膜拘縮をカプセルコントラクチャーと言います。カプセル拘縮はプロテーゼに膜が出来てしまい覆ってしまう現象でバストが硬くなってしまいます。

カプセルコントラクチャーとは豊胸プロテーゼを挿入した際には大きなトラブルの原因となります。野球ボールのように球形になろうと収縮し、バストが硬くなってしまう事で触感が悪くなるのです。※強くなってくれば痛みを伴います。

被膜拘縮をカプセルコントラクチャーを回避するためにも、アフターケア迄の指導をしてくれる医師を選択する事が必要ですが、多くの医師は手術までは丁寧ですが、アフターケアに対しては何もフォローしてくれません。(看護士がフォローする程度。)

これでは何かあった際にクリニックに問い合わせづらいですよね。

豊胸をするクリニックの設備としては、技術力のある医師、麻酔科標榜医、などの人的配置は勿論の事、ケラーファンネル、組織拡張器(ティッシューエキスパンダー)などの道具にもこだわって充実した豊胸プロテーゼが行える医師を選択しなければなります。

また、脂肪注入における豊胸術では、シコリと言う表現がよく使われます。これは石灰化と言って、注入した脂肪が死んだ状態で固まってしまう事を言います。(※石灰化による失敗も多いのです。)

それでは豊胸プロテーゼでのしこり≒石灰化は考えられるのでしょうか?

結論から言いますと、YESです。石灰化はよく起こりえます。

豊胸プロテーゼが長い年月体内に豊胸バッグが入っていると「石灰化」という現象が起きます。

これは、異物である豊胸プロテーゼが体内のカルシウムとくっついて生じます。これは強くなればバストの感触が硬くなりますし、痛みが出てしまえば修正も必要になります。

豊胸プロテーゼを取り出した方もそれで安心ではありません。

きちんと術後に圧迫を行った方が良いです。それはリンパ液が入らないようにし、そのための癒着を強く付けるひつようがあるためです。失敗を回避するためにも適切なクリニックを選択してください。

豊胸バッグの挿入層の入れ替え・抜去

寿命がきてしまいますとトラブルの原因になりますので、その前に抜去する必要がございます。

豊胸バッグの挿入層のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

2週間前後になります。
ダウンタイム期間は、痛みがある方もいらっしゃいます。そのような方は、アイスパック・冷えたタオルなどで冷や事で痛みが多少治まります。
クリニックから痛み止めとして鎮痛剤を処方されます。
個人差になってきますが、ダウンタイム期間中は処方されたお薬をお飲みになれば、痛みは和らぎます。

また、術後すぐはスポーツブラは可能ですが、ワイヤーブラは推奨されません。
ダウンタイム中は薄いコラーゲンのカプセル被膜が出来かけている状態であり、予期せぬ方向からの力が加わるとバッグ・プロテーゼの位置や注入した脂肪の位置がずれてしまうためです。

ワイヤーブラをする場合には、カプセル被膜がしっかりとできている術後3カ月以後に使用する様にしてください。

豊胸バッグの挿入層の麻酔・痛み

麻酔の種類ですが、局所麻酔か静脈麻酔が適応される事が多いです。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用相場は5万円と麻酔の費用がかかりますが、局所麻酔のみとは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。

その他の麻酔の種類としては、表面(クリーム)麻酔、硬膜外麻酔、笑気ガス麻酔、全身麻酔などがあります。他の整形手術を同時にされる場合などには、スムーズな治療を行うためにも麻酔の組み合わせが大切になります。

豊胸バッグの挿入層の料金・費用・値段

術式やクリニックによって異なってきます。
麻酔の種類ですが、静脈麻酔・局所麻酔になります。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用は2万円~5万円と麻酔だけでも少しお高めになっていますが、局所麻酔とは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。
※安いクリニックには安い理由があります。低価格だからといってクリニック選びをするのは危険です。

豊胸バッグの挿入層の名医

名医と呼ばれる医師は限られています。
名医選びにつきましては、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶことが肝心です。

豊胸バッグの挿入層の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1

豊胸バッグの挿入層の口コミ・体験談・評判

女性 豊胸バッグの挿入層の口コミ・体験談・評判

豊胸バックを挿入したけど、異常なほど痛い。

女性 豊胸バッグの挿入層の口コミ・体験談・評判

乳腺下にバッグを入れたのですが、横になった時にバッグの輪郭が出てしまって不満足です。

女性 豊胸バッグの挿入層の口コミ・体験談・評判

今のところ異物(バックやヒアルロン酸)での豊胸は考えていませんが、安全性(手術の何度や術後の問題の有無)や仕上がりの自然さ(形と手触り)で、他にお勧めの方法と医師がありましたらお教え頂きたいです。

人生が変わる決断になるのでできるだけ正しい情報が欲しいです。

“豊胸バッグの挿入層の失敗や修正のリスクのマル秘!” への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    ビフォーアフターの写真を見せていただきましたが、希望した形の豊胸手術は1.5カップは上がっていました。

    あとは自然差が気になるますよね。。挿入する層によって変わるみたいですね。。

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。


*