バスト・豊胸手術の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
バスト・豊胸手術の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

乳房縮小術(リダクション)で起こり得るリスク3つとは

大きすぎる乳房を小さくする手術

乳房縮小術(リダクション)手術とは、通常の豊胸手術の反対で、大きすぎる乳房を小さくする手術のことです。
また垂れてしまった乳房を小さくすることで、すっきりとしたシルエットにすることが出来るという効果もあります。
バストのサイズには個人差が大きく、また理想としているバストサイズにも個人差があります。
バストが小さくて豊胸手術をする人もいれば、大きなバストがコンプレックスで乳房縮小術(リダクション)手術を希望する人もいます。

バストが大きすぎると、肩こりなどの健康面でのリスクがあるだけでなく、スリムな人であっても太って見えてしまったり、洋服に制限が出来てしまうなどのデメリットもあります。また男性から性的な目で見られてしまいがちであるということで、コンプレックスとなってしまう人も多いものです。

乳房縮小術(リダクション)で起こり得るリスク2つとは

傷跡やバストサイズの不自然さ

乳房縮小術(リダクション)手術では、脂肪吸引や余分な部位を切除して行うことが一般的です。
そのため医師の技術力によって仕上がりが大きく左右されます。

傷跡がケロイド状になって残ってしまったり、左右のバスとのサイズや乳頭の位置が違ってしまうなどのトラブルも多いものです。
また、カウンセリングをきちんとしていない場合には、希望するバストサイズと異なった仕上がりとなってしまうというリスクもあります。
信頼できる医師のいるクリニックを選択することで、リスクを回避することも出来ます。
またアフターケアについても、きちんと調べておく必要があります。
乳房縮小術(リダクション)手術は切開手術となることが多いので、ダウンタイ中や傷が落ち着いたあとにも違和感があったりします。
このような時に、きちんと診察をして対応をしてくれるような、アフターケアのきちんとしているクリニックを選ぶことが大切です。

胸部の脂肪吸引のリスクとはどんなものなのか

胸部の脂肪吸引のリスクとしては、胸が垂れる、皮膚に凹凸ができる、などが考えられます。このような事態を避けるためには、実績豊富で腕の良い医師を選ぶことが大切です。

胸が大きいことは長所だと思われがちですが、大きいことをコンプレックスに感じている女性もたくさんいます。肩がこる、洋服をおしゃれに着こなせない、可愛い下着がないなどのデメリットもありますし、人の目や陰口が気になって日常生活で積極的になれないなどの悩みを持つ女性が多いようです。お腹回りや太ももなどの部分痩せができないのと同じで、普通のダイエットや運動では、胸だけを小さくすることはできません。本気でコンプレックスを解消したいなら、美容外科での治療が効果的です。
胸を小さくする方法として周知されているのは乳房縮小術ですが、この手術は胸を大きく切開する必要があり、傷跡が残るので、躊躇する人も多いようです。そこで最近注目されているのが胸部の脂肪吸引です。胸部の脂肪吸引なら、脇の下やアンダーバストに数ミリほどの小さな穴を開けるだけで良いので、傷跡が残る心配がありません。脂肪を物理的に除去するので、除去した分は確実に小さくすることができ、ダイエットと違ってリバウンドの心配もありません。

経験が浅く未熟な医師でのトラブル

メリットの多い胸部の脂肪吸引ですが、リスクもあります。経験が浅く未熟な医師が治療を行うと、吸引量を誤って、胸が垂れてしまう可能性があるのです。その場合は、余った皮膚を切除して修正しますが、切除する際に傷跡が残ってしまうので、傷跡が残らない脂肪吸引を選んだ意味がなくなってしまいます。また、脂肪の取りムラや取りすぎによって皮膚に凹凸ができる場合もあります。脂肪を注入したり、再手術で修正しますが、満足のいくほどきれいに修正できないことが多いと言われています。このようなリスクを避けるためには、実績豊富で腕の良い医師を選ぶことが大切です。当相談所では全国の名医をご紹介しておりますので、胸部の脂肪吸引をご検討の方は、お気軽にお問い合わせください。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*