目の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
目の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

二重切開の失敗やリスクを経過ブログ5つからまとめてみた

二重切開の術後に再手術・修正手術を行われている方がいらっしゃいます。その原因について解説をしております。また修正手術をしないための病院選びについてもまとめています。

二重切開法の手術・美容整形

二重切開法は、切開法によってデザインも変わってきます。部分切開・小切開・マイクロ切開・ミニ切開・全切開などがございます。

 

関連する記事>> 幅広で平行にするとわざとらしい二重になってしまう?

二重切開

二重切開法のメリット・効果

切開法は、埋没法とは異なり、半永久的な効果を感じることが出来るとうたわれておりますが、二重切開は後戻りする事もあります。

後戻りとは二重ラインが消失してしまう事を指しています。眼窩脂肪、眼輪筋、隔膜前脂肪などに分かれていますから、未熟な医師が行う二重切開の方法では皮膚や眼窩脂肪だけを取ってはい終わりという事が多いので、ラインが消失し後戻りによる失敗をしてしまうのです。

つまり、皮膚だけ、眼窩脂肪だけで行う医師での二重切開は避けた方が良いという事です。

仮留めや中縫いに関しても、技術のある医師であれば極細糸を使って最小限の傷跡にすることが出来るのですが、肉眼手術をされてしまった方の傷跡は細かく見れば波をうっています。

名医選びをする上ではこのような点にも気を付けなければならないのです。

もし安いチェーン店や宣伝で有名なクリニックへ行こうと思っているのであれば、どのような医師がどのような手術をするのかを一度考えて頂くh地す用があるかと思います。それが、失敗を回するポイントとなります。

つまり、二重切開は下手な医師が行えば、後戻りするというのが今回の答えとなります。

目の上のたるみはどの手術で治療できる?

目の上のたるみはどの手術で治療できるのでしょうか?目の上のたるみと言えば、老化に伴って出てきてくる現象です。

強い場合ですと、眼瞼下垂になったり目が覆いかぶさって目が小さくなってしまったりもします。

ですので、目の上のたるみを気にされて美容外科へ来られる方も多いのです。

美容整形を失敗したくない方は、是非、切開技術を伴った医師を選択してください。

というのも、目の上のたるみの手術というのは眉下切開、眼瞼下垂、二重切開などによる切開を伴った手術が多いのです。

ちなみに注意しなければならないのは、目の上のたるみを改善できていても失敗してしまう事があるという事です。

つまり、目の上の皮膚が厚い人が、二重ラインの部分で切開をしてたるみ取り手術を行いますと、たるみが減ったにもかかわらず以前よりまぶたが腫れぼったい印象になってしまいます。これでは失敗となります。

そのような方には眉下切開を行うなどといった工夫が必要で、これを見極められる医師を選択しなければならないのです。それらも含めて、目の上のたるみの美容整形で効果的な治療の特徴を押さえておきましょう。

関連する記事>>  益若つばさのような二重にするためには?  香里奈のような二重に整形するためには?

二重切開法のデメリット・リスク・後遺症

自然な状態にならない事がございます。
傷跡が目立ってしまい、ケロイド状になってしまう事がございます。

二重切開は後戻りする?

再手術・修正という言葉が出回っておりますが、果たして、二重切開は後戻りするのでしょうか?

そもそも、後戻りとは二重ラインが消失してしまう事を指しています。眼窩脂肪、眼輪筋、隔膜前脂肪などに分かれていますから、未熟な医師が行う二重切開の方法では皮膚や眼窩脂肪だけを取ってはい終わりという事が多いので、ラインが消失し後戻りによる失敗をしてしまうのです。

つまり、皮膚だけ、眼窩脂肪だけで行う医師での二重切開は避けた方が良いという事です。

仮留めや中縫いに関しても、技術のある医師であれば極細糸を使って最小限の傷跡にすることが出来るのですが、肉眼手術をされてしまった方の傷跡は細かく見れば波をうっています。

名医選びをする上ではこのような点にも気を付けなければならないのです。

もし安いチェーン店や宣伝で有名なクリニックへ行こうと思っているのであれば、どのような医師がどのような手術をするのかを一度考えて頂く必要があるかと思います。それが、失敗を回するポイントとなります。

つまり、二重切開は下手な医師が行えば、後戻りするというのが今回の答えとなります。

術後の経過は指導をするクリニックやドクターの誠意の部分でも変わってきます。
例えば抜糸を丁寧にやってくれたり、傷跡を少なくするためのお薬を処方してくれる病院もございます。良質な病院を選ぶことも必要です。

二重切開法の失敗・修正・トラブル

皮膚を切除しすぎてしまいますと修正が困難になってしまう事がございます。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

二重切開法のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

1週間前後で、抜糸を行い2週間前後で腫れが引きます。
ダウンタイム期間は、痛みがある方もいらっしゃいます。そのような方は、アイスパック・冷えたタオルなどで冷やす事で痛みが多少治まります。
クリニックから痛み止めとして鎮痛剤を処方されます。
個人差になってきますが、ダウンタイム期間中は処方されたお薬をお飲みになれば、痛みは和らぎます。

顕微鏡を使った二重切開はクオリティが高いのか

顕微鏡を使った二重切開は良いのか?二重切開の際に肉眼の切開、虫メガネタイプの拡大鏡の切開、額に装着するタイプの拡大鏡の切開、手術用顕微鏡の切開がございます。

どれを使った治療が良いのでしょうか。

まず肉眼による手術をしている医師が95%だとお考えてください。

なぜなら、拡大鏡や顕微鏡を使うには器具のコストもかかりますし、手術の時間もかかります。

そのため、薄利多売的なクリニックではまず時間を賭けて手術をする事はありません。

つまり拡大鏡や顕微鏡は使えないという事になります。

もし傷跡にこだわって二重切開をするのであれば、是非お薦めしたいのが、拡大鏡や顕微鏡を使った手術という事になります。ただし、顕微鏡は二重瞼の全体的なデザインが見えないため、顕微鏡を持っている医師であっても拡大鏡による切開を行う事が多いのです。

切開法の縫合糸は細い方が良い?

二重切開法で使用する縫合糸は細い方が良いのでしょうか。切開法の縫合糸は細い方がよいのか太い方がよいのか。患者さんが知らない美容整形のコツを解説しています。当相談所は傷跡に対してもっともよい治療をおすすめいたします。

まずは傷跡に対してという意味で考えてみたいと思います。

目の周りというのは大変目立ちますから、できれば傷跡を最小限に抑えたいところです。
その意味で、表面に仮止めする切開法の糸は出来れば細い方が良いと考えております。

安いクリニックでは太い糸を使ってがっちり留めて縫合をします。
しかしこれでは糸の後がくっきりと出てしまい、二重切開をした後に傷跡が汚くなります。
ドクターにとっては楽なのですが、クオリティが低くなります。金額も安くなります。

ただし一つだけ注意していただきたいことがあります。
実は細すぎる事によるリスクは考えられるのです。

細い糸というのは、8-0ナイロン 縫合糸、7-0ナイロン 縫合糸などの事を指しています。
細すぎると縫合糸が切れてしまいますし、太すぎると傷跡が汚くなります。

※中縫いの糸とは違いますのでご注意くださいませ。

これらに十分配慮して二重切開の名医を選択しなければ失敗してしまいます。

ちなみに8-0ナイロン 縫合糸ぐらいの細い糸であれば、拡大鏡や顕微鏡でで倍率を上げて見なければ扱う事が出来ませんから、これをするためには拡大鏡の使用というのは必須でしょう。
これもまた、安価系のクリニックでは出来ない事と思います。

ぜひ、失敗しないためには名医を選んでください。

二重切開法の麻酔・痛み

麻酔の種類ですが、局所麻酔か静脈麻酔が適応される事が多いです。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用相場は5万円と麻酔の費用がかかりますが、局所麻酔のみとは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。

その他の麻酔の種類としては、表面(クリーム)麻酔、硬膜外麻酔、笑気ガス麻酔、全身麻酔などがあります。他の整形手術を同時にされる場合などには、スムーズな治療を行うためにも麻酔の組み合わせが大切になります。

二重切開法の料金・費用・値段

20万円~30万円前後を目安にして下さい。
麻酔の種類ですが、静脈麻酔・局所麻酔になります。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用は2万円~5万円と麻酔だけでも少しお高めになっていますが、局所麻酔とは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。
※安いクリニックには安い理由があります。低価格だからといってクリニック選びをするのは危険です。

二重切開法の名医

二重切開をしますと、医師の技術によって仕上がりが大きく異なってきます。

以下の患者さまは、ダウンタイム6日目の症例写真です。形成外科的な縫合を行っており、順調に回復をしています。

二重切開 傷跡

二重切開 傷跡

二重切開をされる際は、必ず技術の高い形成外科医をご選択されてください。
名医選びにつきましては、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶことが肝心です。

二重切開での傷跡を最小限にできる医師とは?

二重切開での傷跡を最小限にできる医師とは?という事で、まずは二重切開での傷跡が目立ってしまう症例についてご説明していきます。

まず何故傷跡が目立ってしまうかというと、

・二重ラインと切開ラインが一致していないから

・皮下組織の癒着が強すぎて凹みが生じているから

・皮膚の段差を生じているから

などが主とした原因として考えられます。

これらの原因によって、整形した後に不自然な印象を与えてしまい、整形とばれてしまうのです。

特に目をつぶった時には段差や凹みが顕著に分かってしまうので、そこを何とかしなければなりません。

技術の高い医師(全体の1%に該当する)であれば気をつけるであろうポイントをご紹介します。

・皮下の眼輪筋や脂肪を必要以上に切除したり、中の構造と強く癒着させすぎたりしない

・拡大鏡を使う

・挙筋腱膜と切開ラインのつながりの適度なあそびを持たせる

・シュードライン(切開した部分でない場所に出てしまう偽のライン)の予防

などでしょうか。

クリニックのホームページには書いていない内容ですが、現場の医師達はこのような所に気を使っている医師もおられます。そして、逆に言えば、ここに気をつけていなければ名医ではありません。

なので、そのような医師に当たってしまうと傷跡が目立ってしまうという失敗が起こる可能性を高める事になります。

二重切開法の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1

二重切開法の口コミ・体験談・評判

女性 二重切開法の口コミ・体験談・評判

二重切開法しましたが、傷跡が目立ち、下を向くとわかりやすいです。

女性 二重切開法の口コミ・体験談・評判

以前二重切開の手術を受けました。
元々は末広がりの二重だったのですが、それが嫌で目頭側も幅を広げたいと希望し担当の医者からは目頭切開も併用した方がいいとの意見があり結局「目頭切開w法と二重切開」を同時にしました。
その際、目頭切開w法を通常の位置よりかなり上(瞼の目頭側)で行ってしまったために二重のラインが横に流れてるような感じになってしまいました。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*