脱毛・薄毛植毛(AGA)の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
脱毛・薄毛植毛(AGA)の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

植毛FUE法(薄毛治療)の発毛の効果は?リスクとデメリット・失敗とは?

植毛FUE法(薄毛治療)の手術・美容整形

男性型脱毛症と呼ばれるAGAは、思春期以降に、遺伝的背景をもって現れる進行性の薄毛です。

そのため、なにも対策をとらずに放っておくと、徐々に薄毛が進行してしまい、前髪や頭頂部がはげてしまいます。

AGAは、側頭部や後頭部ははげることがほとんどないため、その部分の残った髪の毛を移植する自毛植毛が、AGA治療には効果的です。

植毛FUE法(薄毛治療)は薄毛になっている部分に後頭部からの毛根を移植する植毛手術です。

大きく分けますと、植毛にはFUE法とFUT法がありますが、植毛FUE法(薄毛治療)は傷跡が少なくできます。

FUE法においては、毛髪ドナーを採取する際、パンチと呼ばれる直径1mmほどの穴で毛根をくりぬきます。そのため、FUT法と違って縫合もありません。

プロペシアやミノキシジルによる治療よりも、確実に髪の毛を増やすことができ、自然なヘアスタイルを楽しむことができるのも、自毛植毛のメリットです。

こんなはずでは!”FUE植毛修正で起こった悲劇”をチェックしていきましょう。

植毛FUE法(薄毛治療)の発毛の効果は?リスクとデメリット・副作用とは?

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

薄毛の悩みはつきません。育毛剤などを使ってセルフケアで改善すれば良いですが、進行するAGAの場合などは早めにクリニックで治療を始めることで薄毛は改善することが期待できます。

進行が進み自毛植毛を考えることもあります。自毛植毛は定着率の高い施術なので定着すれば好きなヘアスタイルを楽しんだり、白髪になることも期待できます。

自毛植毛にはメスを使う方法もありますが、メスを使わないFUE植毛があります。メスを使わないFUE植毛はパンチでくり抜くため傷跡が目立ちにくくドナー部を切ることに抵抗がある人などには適している方法ですが、医師の高い技術は必須の自毛植毛であることは間違いありません。

技術不足などの医師が施術をした場合には、失敗して修正が必要になる可能性もあります。

最初の施術からFUE植毛を成功させるためには植毛が上手な医師にお願いすることです。技術が未熟な医師がパンチを使って毛包をくり抜くと毛根を切断する可能性があり移植しても定着しないこともあります。

上手な医師を見つけるには、サイトでおすすめのクリニックを紹介しているため相談することが良い選択です。口コミサイトなどを参考にするのも悪くはありませんが、確実におすすめのクリニックを見つけることができるのは信頼できるサイトに相談することです。

植毛FUE法(薄毛治療)のメリット・効果

多い方では2000株ほどのドナーを採取してM字禿げを治療したり、頭頂部に髪を持って来たりすることができます。このように、いくらでも量を増やすことができる点がメリットとして挙げられます。

植毛FUE法(薄毛治療)のデメリット・リスク・後遺症

植毛FUE法(薄毛治療)のリスクとし拒絶反応、ショックロスを起こしてしまうこともあり、定着率、毛根切断率という失敗の部分をいかに減らせるかが医師の腕の見せ所となります。ショックロスが起こるはっきりとした医学的な原因はまだ解明されていませんが、手術の影響による移植範囲の頭皮に起こる軽い炎症反応や局所麻酔の影響が考えられています。

移植できる本数に限界があるのと、万が一、手術を失敗しますと、薄毛の再発・再手術という結果になります。また手術時間が長引くのも植毛FUE法のデメリットです。

プロペシアやミノキシジルなどの薬治療との違い

薄毛治療としてプロペシアやミノキシジルなどの薬を使用した治療は、体質などによって薬が効きずらいということがありますが、それ以外は全く効果が出ないという人はほとんどいません。

一方外科的手法で薄毛を改善する自毛植毛は、メリットが大きい反面、失敗すると傷や痛みが残ることがあり、身体的負担が続く可能性があります。また、自毛植毛では、12000~13000本くらいしか髪を移植することができません。

FUE植毛のリスクは?「ショックロス」ってどういうこと?

手術後に毛が抜ける可能性もあります。

自毛植毛の手術をして約1〜2ヶ月後に移植した箇所に生えていたもとの毛が一時的に抜けることをショックロスと言います。

5人に1人程度に起こる現象ですが、避けるためには移植する際に髪の毛が薄くなっていない箇所は控えめに移植することにより、頭皮を傷つけることは少なくなり、ショックロスを減らすことが期待できます。

傷跡は小さな穴が残る可能性がある

自毛植毛のひとつFUE植毛はメスを使わないで植毛をする方法です。

特殊な器具で頭皮に小さな穴をあけて毛髪を採取して薄毛が気になる部分に移植します。小さな穴をあける植毛なので傷跡はメスを使う植毛法法よりは目立たないですが、傷口が残らないという訳ではなく、髪型を刈り上げなどの短い髪型を避けることで髪の毛で隠すことはできます。

自毛を移植できる本数には限界がある

自分の髪の毛を移植するFUE植毛はメスを使わない自毛植毛ですが、自分の髪の毛を移植するため、移植できる本数に限界があるのです。

自毛植毛は、1本2本と本数で数えるのではなく、髪の毛がセットになった束で考え、何本移植すれば効果的な自毛植毛が可能であるかの判断は難しいため、医師に相談して必要な本数などを割り出す必要があります。

植毛FUE法(薄毛治療)の失敗・修正・トラブル

薄毛の原因にはいくつかあり、ストレスの場合や男性ホルモンが影響している場合などがあり、特に男性ホルモンが影響している場合はAGAである可能性もあり市販の育毛剤などでは対応できず進行してしまうため、クリニックで治療をすることが薄毛の改善には良いことです。

クリニックでの治療にも育毛剤などの治療方法がありますが、薄毛が進行した場合の治療法のひとつに自毛植毛があり、メスを使う方法とメスを使わないFUE植毛があります。

自毛植毛のFUE植毛は、メスを使わずに植毛ができるため傷跡になりにくく極小の穴を開ける施術なのでかさぶたになりにくいなどメリットもありますが、メスを使わないFUE植毛は、施術が失敗して修正が必要になることもあります。

修正が必要になるFUE植毛のトラブルは、1回に取れる毛髪に制限があり、薄毛の状態によっては2回の手術が必要になる可能性があり、この場合の修正は体への負担が懸念されます。

また専用の器具のパンチで1〜1.3mmの穴を開けて毛髪を吸引して薄毛の部分に移植しますが、パンチを使う性に毛根を傷つけて薄毛になることもあり、穴を開ける際に移植する毛髪の毛根を傷つけ移植しても定着しない場合があります。

他にも密度にムラがある、移植した毛の方向が左右バラバラ、額の前の部分のみに移植されたなど様々なFUE植毛のトラブルで修正が必要になります。

植毛FUT法(薄毛治療)との比較

植毛FUT法(薄毛治療)と比較しますと、医師の腕にもよりますが、生着率が悪く、しっかりと将来的に定着しなかったり、傷跡(=白い壁と言われます。)が目立ってしまうリスクがあります。

自毛植毛は、複数人で施術を行っても、1回の施術で移植できる本数に限界があるということと、傷跡が残るということが失敗例・デメリットとしてあります。

自毛植毛は、自分の後頭部や側頭部の残っている髪の毛を、薄毛のところへ移植する手術のため、移植できる本数には限りがあります。

また、後頭部から植毛用のドナー株をパンチを使って採取するFUE植毛では、メスを使わないため、縫合の傷跡はできませんが、丸くて白い傷跡が残ります。

特集:FUE植毛の失敗では、FUE植毛の失敗例「ショックロス」って何?、定着しないなどの失敗例を解説しております。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

植毛FUE法(薄毛治療)のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

ダウンタイムは1週間程度と言われております。

植毛FUE法(薄毛治療)において、アフターケアが万全に行われているのかはとても重要なところです。症例数がしっかりとあるかをチェックして、万が一のトラブルに対応してくれる医院を選びましょう。

植毛FUE法(薄毛治療)の麻酔・痛み

麻酔の種類は、たいてい全身麻酔か静脈麻酔となります。

植毛FUE法は植毛FUT法よりも手術時間が長引きますので、麻酔管理体制がしっかりとした病院を選んでください。

植毛FUE法(薄毛治療)の料金・費用・値段

FUT法に比べますとFUE法はクラフト(株)の料金も倍程度します。
そのため、1000株で100~120万円程度が相場となります。

ちなみに、ロボット植毛ではなくて、FUT法だと、安く済みます。

植毛FUE法(薄毛治療)の名医・おすすめ病院

薄毛治療を出来るだけ失敗せずに効果を出すためには、様々な治療選択肢を見るべきです。

当相談所では、ロボット植毛についても積極的にご紹介をしておりますし、医師が行う植毛FUE法についてもおすすめいたしております。

まずは名医に診察してもらうのが必要です。

信頼できる医師を選ぶこと

自毛植毛のFUE植毛は比較的気軽に治療することが可能ですが、自分の髪の毛を植毛するため必要な本数などを医師と相談したり、起こり得るリスクなどを事前に説明をする信頼できる医師にお願いする必要はあります。

おすすめは当相談所での医師紹介を利用することです。

相談を頂ければ、技術的に信頼できる医師を紹介致します。またそういったクリニックを利用することがFUE植毛を成功させる方法です。

植毛FUE法(薄毛治療)の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1

植毛FUE法(薄毛治療)の口コミ・体験談・評判

男性 植毛FUE法(薄毛治療)の口コミ・体験談・評判

5年ほど前にまだFUE法がメジャーではなかった頃に手術をしました。

より多くの密度を求めて手術しましたが、広範囲に大量移植したのでショックロスもありましたが満足できるレベルにはなりました。

髪の毛があるだけで、ぐっと生活が楽しくなりました。

男性 植毛FUE法(薄毛治療)の口コミ・体験談・評判

自毛植毛をしましたが、密度が薄く、傷跡もくりぬいた感じで目立ってしまいました。
満足の結果には至りませんでしたのでロボット植毛の方がよかったのかとも。。
現在1年くらいですが、あまり残ってはいません。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*