鼻の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
鼻の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

鼻筋を高くする整形のすべて

鼻筋を高くする整形の手術・美容整形

鼻を高くする美容整形には、隆鼻術L型プロテーゼI型プロテーゼ、プチ整形の注射であればヒアルロン酸レディエッセなどの手術方法があります。

最も人気のプロテーゼ素材についてはシリコンプロテーゼゴアテックスプロテーゼのタイプがあります。

どれを選んだらよいのかわからない方にお勧めの手術方法をご紹介しております。

患者さんの方で許容できる値段・ご予算やダウンタイムもあると思いますので、ぜひ一度、ご連絡いただければと思います。

鼻を高くする整形(注射と手術)ー費用と失敗を解説!

鼻筋を高くする整形のメリット・効果

名の通り、鼻を高くすることができる効果があります。

手術のバリエーションは多く、ヒアルロン酸注入やレディエッセ注入のように、プチ整形でダウンタイムなく治療を行えるのもメリットの一つです。

名医であれば症例も事前に確認できますし、安心して施術を受けられます。

鼻筋を高くする整形のデメリット・リスク・後遺症

鼻を高くする整形によっておこりうるリスクとはで説明した通り、プロテーゼのリスクは拘縮、アップノーズ、鼻先の圧迫、ピンチノーズなどがあると言えます。

これはL型プロテーゼやシリコンプロテーゼにたびたび起こる現象であり、近年では拘縮FREEの材料も登場してきています。

後遺症を最小限にするためには、名医を選ぶ必要があります。

鼻筋を高くする整形の失敗・修正・入れ替え・トラブル

失敗例は上述した拘縮・アップノーズなどのトラブルが原因となることが多いです。

鼻を高くする美容整形を修正・入れ替えをする際には、拘縮FREEを基本的におすすめいたします。

また長年の圧迫により、軟骨が変形してしまっている症例もありますので、再建手術ができる名医と言われる医師を選びましょう。

鼻を高くする整形の種類と失敗した時の対処法についてはこちらをご覧ください。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

鼻筋を高くする整形のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

注射であれば特にアフターケアも必要なく、整形を行うことができます。
手術の場合には、2週間程度は安静が必要で、その期間は血流がよくなることは避けて下さい。

術後数日間は患部を冷やすことも晴れを抑える上でのコツになります。

鼻筋を高くする整形の麻酔・痛み

麻酔は手術であれば局所麻酔、こだわる医師の場合、手術時間が長くなることから、安全に全身麻酔や静脈麻酔が使われています。

同じ鼻の美容整形、シリコンプロテーゼでも、30分で終える病院もあれば1時間半かけて丁寧に治療をする病院もあります。

失敗しないためには、麻酔科標榜医などの管理体制がしっかりとしている病院を選ぶ必要があります。

鼻筋を高くする整形の料金・費用・値段

プチ整形のヒアルロン酸注入・レディエッセ注入では、10万円程度が料金相場となります。

プロテーゼ挿入では、30万~40万円が費用として多いです。

オーダーメイドプロテーゼだと費用が上がる傾向があります。

鼻筋を高くする整形の名医・おすすめ病院

口コミを参考にするなどして信頼できる、クリニック・医師を探す事が重要です。

当相談所では、独自に集計した口コミをベースに名医のリストをご紹介致しております。

おすすめの病院は修正率という点から、整形1年以内で最も修正が少ない病院をリストアップしています。

鼻筋を高くする整形の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

写真の様な鼻は綺麗にまっすぐに整っていると言えます。

例えば、このタイプの鼻であれば、眉間プロテーゼを併用する必要はありません。

鼻を高くする整形(注射・手術)

鼻筋を高くする整形の口コミ・体験談・評判

鼻筋を高くする整形の口コミ・体験談・評判

日本人は鼻が低い事が多くてヒアルロン酸注入では団子鼻が強調されてしまうと聞いたことがありました。

ですがダウンタイムがそんなに取れなかったこともあって、ヒアルロン酸注入を試しにしてもらいました。

半年から1年に一度注射をしてもらっていて、自分的には満足しています。

鼻筋を高くする整形の口コミ・体験談・評判

鼻の美容整形と聞くと高くする手術の隆鼻術が一番良いということで、プロテーゼを挿入してもらいました。

手術して半年ですが、実際にはイメージと多少高くなったように感じます。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*