鼻の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
鼻の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

鼻翼縮小術

鼻翼縮小、別名、小鼻縮小は失敗している方が多いですが、当相談所では、失敗回避のために情報開示をしております。鼻翼縮小の最新式の方法では傷跡を直線的にならずにZ字形成ができる名医もおります。鼻翼縮小術の失敗でありがちなリスク事象をまとめたので、手術の前にご覧ください。

鼻翼縮小術の手術・美容整形

鼻の大きさ解消法として、鼻翼縮小術という手法があります.
お鼻の形をもっと小さくするためには、鼻翼縮小が必要になってきます。お鼻先に丸っぽさがあれば、鼻尖縮小が必要になります。

鼻翼縮小術

芸能人の様な小鼻が引き締まった鼻になるには?

鼻翼縮小術で、芸能人の様な小鼻が引き締まった鼻を目指すのであれば、絶対にフラップ法の引き込みとZ字切開を行った方が良いです。例えば石原さとみさんや北川景子や鈴木えみさんなどの小鼻の引き締まった鼻をされている方は、鼻の穴のバランスも良いのが特徴的です。糸で結ぶ鼻翼縮小だとこの自然な鼻の穴がどうしても作れずに、不自然な状態になってしまうリスクがあります。

内側法と外側法がある

鼻翼縮小術には、施術方法が、2パターン、外側から切除する方法(小鼻が張り出している場合)、内側から切除する方法(鼻の穴が丸くて大きい場合)があります。言葉で説明すると2つの簡単な手術なのかと簡単に思われる方もいらっしゃると思いますが、実際に失敗している鼻翼縮小術ケースは沢山あります。詳細な失敗例の解説は小鼻縮小の失敗例、内側法や外側法など7個をまとめてみたを参照ください。

どの術式を選択し、具体的にどれだけの量をどの部分から切除するのかがこの手術のキーポイントです。
例えば、小鼻の外側が張り出しているにも関わらず、外側からの鼻翼縮小術行ったり、お鼻の穴が丸いのに内側からの鼻翼縮小術を行えば、形が歪(いびつ)になります。

お鼻の形についてですが、美しい方のお鼻は四角形の形をしているようです。
鼻翼縮小術による切除縫合によって鼻柱基部が両側から引っ張られて広がりますので、これを防ぐために両側鼻翼を引き寄せるようにナイロン糸か自家組織を使います。

切らない鼻翼縮小術(プチ鼻翼縮小術)で糸だけで結び付ける1day鼻翼縮小は、効果が乏しいということが問題です。
鼻翼縮小をしようか鼻中隔延長をしようかを迷っていらっしゃる方は、まず鼻中隔延長をしてみることで小鼻が下に下がってしまうリスクを回避することができます。

フラップ法とは?

左右の軟部組織(フラップ)の引き込みができる医師選びが大切です。どれくらいの皮膚の切除量かは個人差がありますので、医師が状態を見ての判断となります。

小鼻縮小の施術方法を体験者にアンケートを取ったところ、下記の様な人数となりました。

小鼻縮小の手術方法アンケート

鼻翼縮小術の名医

最新式の鼻翼縮小術では、Z形成で皮膚の切除縫合ができる名医がおります。これは従来の鼻翼縮小とは大きく異なり、皮膚が直線的になってしまう失敗を防ぐ効果があります。
ただし、対応している名医が大変少ないため、クリニック選びの際は注意しなければなりません。

診断も、正直医師の技術次第ですし、術式も医師次第で変わってきます。
良い結果を出すためには適切なクリニック選びが必須となってきます。

名医選びはとても大切ですので、慎重に選ばれるのがよろしいかと思います。

軟部組織の引き込みを行うことで後戻りを防げるか

フラップというのは、軟部組織弁のことを指します。軟部組織弁(フラップ)を作成し引き込むことで、自然に小さく幅が狭くなります。これで後戻りを防ぐことになります。
また、逆戻りを防ぐ方法として、
【正中部に作った皮下トンネルを通してお互いに縫い合わせることによって、小鼻を内側に向かって引き寄せる】といった作業を行います。
糸を使って両側の小鼻を引き寄せる方法ではなく、切除する鼻の床の組織から表皮だけを取り除いて真皮と筋肉からできた短冊状の組織(真皮弁)を作成した方が、自家組織ですので効果は確実に持続します。もちろん自家組織の方が効果はあります。

極細ナイロン糸を使っているか

鼻翼縮小を成功させるために必要な事としまして、内側法と外側法の切除範囲の話だけではなく、後戻りを防ぐための治療法や縫合糸に何を使用しているのかなどを見る必要があります。そして、そのすべてを満たす医師が鼻翼縮小の名医ということになります。

最新のZ字形成で傷跡を最小限にできるか

鼻翼縮小術でも最新式の方法はZ字切開と言って、傷跡が最小限になります。後戻りも少ないです。
どこまでのクオリティを求めるかで変わってくるので、ただ単に鼻翼縮小術の内側外側という観点だけではなくて手術の方法についてもこだわるのがよろしいかと思います。

鼻翼縮小術と言っても手術方法は様々で、確かな結果が得られるかは医師の腕次第です。
縫合の技術力によって結果は変わってきますので、病院選びの際はぜひ名医を選んでください。
名医選びにつきましては、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶことが肝心です。

美容整形の名医相談所

鼻翼縮小術のメリット・効果

大変人気な手術法である鼻翼縮小ですが、鼻翼縮小の利点(メリット)をまとめると、下記の効果が認められています。

大きい鼻の穴が小さくなる

鼻翼縮小は鼻の穴の広がりが目立っている方に効果のある手術で、特に丸い鼻の穴の形を解消するのであれば内側法による鼻翼縮小が適しています。傷跡もほとんど目立ちにくくなります。

小鼻の広がりを解消(鼻を細くできる)

横に広がった鼻(あぐら鼻解消)を解消する効果があります。当相談所では、鼻翼縮小の中でも、後戻りをしない半永久的な鼻翼縮小をオススメいたしております。小鼻の張り出しには外側法による鼻翼縮小が効果的です。

鼻翼縮小術のデメリット・リスク・後遺症

外側からの場合は少し傷跡が残るケースも考えられます。
よく起こり得るトラブルとしては、通常に糸で引きあうような方法だと後戻りがあるということです。
鼻柱の皮膚と比べて鼻翼の皮膚は可動性に乏しいため、長期的にみて鼻翼幅は元に戻ってしまい、鼻の穴の大きさが小さくなってしまうだけとなります。
また後戻りを引き起こす原因として、鼻翼付近の筋肉は広げる筋肉はありますが、狭くする筋肉は存在しないということが挙げられます。
この外側へ広がろうとする筋肉は後戻りを引き起こす主たる原因となります。
このようなそもそも後戻りしづらい状況にあるのが鼻翼であり、これをどうにか解決しなければなりません。

鼻翼縮小術のリスクとして有り得るのは?もご参照ください。

小鼻の左右差が生じることがある

鼻翼縮小では、もともとの軟骨や皮膚の厚みなどの付き方で左右差が生じてしまうことがあります。小鼻の切除範囲を内側にすると左右差を生じる確率が下がります。また外側法の際でも、デザインセンス・傷跡への配慮ができる医師でなければ失敗リスクがあります。

鼻翼縮小をされますと、印象として小鼻の位置が下がってしまう事がございます。

出来る限りデメリットを最小限にするために、リスクを避けるためのコツを解説します。
左右の軟部組織の引き込みを行う事で、鼻翼のふくらみを改善し、傷跡は皮膚の断層をずらさずに縫合を行れば傷跡もきれいになります。鼻翼縮小を修正する原因としては、はじめのデザインをミスが最大のリスクとなります。手術計画があまいと鼻翼縮小の手術は失敗しますので注意してください。

鼻翼縮小術の失敗・修正・トラブル

鼻翼縮小術の失敗・修正・トラブル

鼻翼縮小では、内側法や外側法の適応を間違えると、医師の診断ミスにより、失敗してしまうケースもあります。また手術方法として、そもそもただ糸で引きあうだけの方法ではクオリティが下がってしまうことで失敗につながりかねません。代表的な失敗の種類としては、下記が考えられます。ここに挙げた以外の失敗については知らないと後悔する鼻翼縮小術の失敗3つと修正を解説にて説明しておりますのでご参照ください。

デザインが不自然で失敗

内側できるべきところを外側で切ってしまう、外側出来るべきところを内側で切ってしまうなどの結果、小鼻の丸みが全く無くなり非常に不自然な形になります。お鼻も潰れます。このような失敗は、非常に修正は難しいのです。

切らない鼻翼縮小の失敗

プチ整形の糸だけで鼻翼縮小をしてしまうと、後戻りや鼻閉状態になってしまいます。
鼻翼縮小を修正なさる方は、お鼻の修正の中でも大変やっかいな治療となります。
一度組織を切り取ってしまっているので、そこを再建するのが難しいのです。
実際に後戻りを含め、鼻翼縮小術を失敗する方は沢山いらっしゃいます。

修正手術として考えられるのは、鼻中隔延長の治療で鼻先を前に出していく治療で小鼻部分が下に下がってきてしまっている印象を避けることができます。切って縫うだけの治療は修正の原因となりますので、このあたりをよく検討しましょう。ループ法は後戻りが起こりえるため極力行わないことです。

プロテーゼの拘縮や感染の失敗

最新式の鼻の整形は拘縮FREEの素材を用いて、普通のI型プロテーゼではダメ(L型は論外)、プルアウト固定、ドレーンの留置、拘縮FREEの素材が出来る名医を選択しなければ手術のクオリティは下がりますので注意が必要です。I型にも種類がある事に要注意です。

鼻翼縮小術のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

鼻翼縮小術のダウンタイムは、2週間前後になります。
強い腫れは3日程度で引いてきますが、全体的な腫れは少々時間がかかります。
むくみや内出血が出るい方もいますので、長めに期間を取ることをお勧めします。
ダウンタイム期間は、痛みがある方もいらっしゃいます。そのような方は、アイスパック・冷えたタオルなどで冷やす事で痛みが多少治まります。
クリニックから痛み止めとして鎮痛剤を処方されます。
個人差になってきますが、ダウンタイム期間中は処方されたお薬をお飲みになれば、痛みは和らぎます。
糸で結ぶプチ整形の鼻翼縮小術は、切開をしませんので、1週間程度で腫れが引いてきます。

鼻翼縮小術の麻酔・痛み

麻酔の種類ですが、局所麻酔か静脈麻酔が適応される事が多いです。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用相場は5万円と麻酔の費用がかかりますが、局所麻酔のみとは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。

その他の麻酔の種類としては、表面(クリーム)麻酔、硬膜外麻酔、笑気ガス麻酔、全身麻酔などがあります。他の整形手術を同時にされる場合などには、スムーズな治療を行うためにも麻酔の組み合わせが大切になります。

鼻翼縮小術の料金・費用・値段

内側からの切開は、25万円前後。外側からの切開は、30万円前後を目安にして下さい。
プチ整形の鼻翼縮小術は、2万円前後になります。
麻酔の種類ですが、静脈麻酔・局所麻酔になります。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用は2万円~5万円と麻酔だけでも少しお高めになっていますが、局所麻酔とは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。
※安いクリニックには安い理由があります。低価格だからといってクリニック選びをするのは危険です。

おすすめのクリニック・医師選び

鼻翼縮小の名医を選ぶ上では、上述した名医の条件をクリアしている医師を選ぶこと、また当相談所で集計している全国の病院における修正確率を参照していただく事をオススメいたします。

美容整形の名医相談所

鼻翼縮小術の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1

鼻翼縮小術の口コミ・体験談・評判

女性 鼻翼縮小術の口コミ・体験談・評判:不自然な凹み

小鼻縮小をして傷跡が目立つようになってしまいました。また今現在まで左側だけ不自然な凹みが治りません。ピンチノーズ?みたいな感じです。出来れば修正という形ではなく左右、両方抜糸をしたいと考えており、傷跡のリスクは致し方ないと思っております。名医を紹介していただけると助かります。(20代女性 口コミ・体験談)

女性 鼻翼縮小術の口コミ・体験談・評判:鼻尖形成の併用

一週間前に◎◎美容外科の☆先生に鼻尖形成の手術をしていただきました。もともと鼻翼縮小をするつもりだったのですが、わたしの場合、鼻尖形成も必要だと言われてやることにしました。しかしながら、鼻翼縮小の手術は、傷跡が残るから、進められないと言われてしまいました。傷跡が残らないようにできる名医を紹介してください。鼻翼縮小は外側から切る方法です。(20代女性 口コミ・体験談)

女性 鼻翼縮小術の口コミ・体験談・評判:耳介軟骨移植

耳介軟骨移植の手術では症例写真を見る限りあんまり変わっていない様に見えますが実際はどうなのでしょうか?
また鼻翼も広いので鼻翼縮小手術も同時に考えております。鼻の高さよりもとにかく正面から鼻の穴が見えるのと団子鼻、笑うと鼻翼が広がるのが本当に嫌で嫌で嫌で仕方ないのです。

女性 鼻翼縮小術の口コミ・体験談・評判:信頼の名医

信頼と実績(腕)のある医師の方を 真剣に探している最中で、この相談コーナーを知りました。私の希望は、目と鼻の手術ですが、目に関しては、眉下切開、眼瞼下垂を考えています。そして、鼻に関しては、鼻突形成(縮小)、鼻翼縮小を希望し考えています。このそれぞれの専門分野を特に得意とされていて、 傷跡を目立たなく綺麗に手術される、ダウンタイムも最小限に済む 技術力のある医師の方を教えていただけませんか。関西圏以外でも構いません。どうぞよろしくお願いします♪

女性 鼻翼縮小術の口コミ・体験談・評判:アップノーズ気味

鼻尖形成と鼻翼縮小を考えています。3ヶ月前にいれたレディエッセが勿体無いので、今はプロテは考えていないのですが、鼻尖形成だけをした場合、のちのちレディエッセがなくなってきたらピノ キオのようになってしまいますか?
現在はアップノーズ気味の団子鼻です。

女性 鼻翼縮小術の口コミ・体験談・評判

11月に鼻の手術をしようと思って、今色々なクリニックにカウンセリングをまわっているところなのですが、先日プリモ麻布十番の大場先生のカウンセリング(2回目)に行ってきました。先生は、鼻中隔延長の修正手術はせず、鼻翼縮小の内側切開で小鼻を小さくするのが良いということでした。

また別の日に違うクリニックにカウンセリングに行きました。酒井形成外科の酒井院長先生にカウンセリングに行ってきたのですが、酒井先生は、小鼻縮小は、内側切開だとほとんど変化がないから、外側切開でやるべきだと言っていました。
先生によって皆言うことが異なっていて、どの先生にするべきか、迷ってしまいます。

そこで聞きたいのですが、酒井形成外科の酒井院長先生は評判はどうなのでしょうか?私が、ヴェリテクリニック福田先生で手術したことや、プリモの大場先生にカウンセリングに行き、鼻翼縮小(内側切開)をするべきだと言われたことを話すと、先生についての批判?をしていました。。カウンセリングは話しをよく聞いてくださり、良い先生だったのですが、評判が気になります。

あと、鼻だけではなく、エラから顎にかけて削る手術も12月頃にはしようと考えています。輪郭についても今色々なクリニックにカウンセリングをまわっているところですが、やはり加藤クリニック麻布の上石先生が一番の名医ですか?

酒井形成外科の酒井院長先生にも見てもらったのですが、輪郭についても色々指摘していただき、良かったです。

女性 鼻翼縮小術の口コミ・体験談・評判:修正したい

バッカルファットは、施術後直ぐ小顔効果がありますか。施術後固定は不要とのクリニックもあるようですが問題ないですか。相場と大阪での名医・クリニックを教えてください。また、併せて鼻縮小の施術も考えてます。以前、鼻尖形成と鼻翼縮小しましたが思う結果にならず、右鼻翼は縫合後があり修正したいです。お願いします。

女性 鼻翼縮小術の口コミ・体験談・評判:関西での名医

関西で鼻の整形の名医教えて下さい。隆鼻術と鼻翼縮小のOpe希望しております。
よろしくお願い申し上げます。

女性 鼻翼縮小術の口コミ・体験談・評判:鼻尖縮小も併せて

田中先生のカウセのカウンセリングでしたが、40分くらいとっていただけました。3D CT持参したら、右の鼻腔狭いことわかったので、鼻中隔延長無理にすすめられずに済みました!鼻尖形成、鼻尖縮小、鼻翼挙上で105万だったので、意外に安く手術できることがわかったので、今からバイトして1年後くらいにうけようとおもいます!

女性 鼻翼縮小術の口コミ・体験談・評判:上手いかどうか

骨切り幅寄せと鼻翼縮小をリラクラニオフェイシャルクリニックでやりたいのですが、リラクラニオフェイシャルクリニックは上手いかどうか教えてください。

女性 鼻翼縮小術の口コミ・体験談・評判:外側で切りたい

鼻翼縮小(外側)をしたいのですが湘南美容外科の鼻が得意でおすすめのドクターは誰ですか?高須クリニックかヴェリテクリニックも考えていますがどこがおすすめですか?

女性 鼻翼縮小術の口コミ・体験談・評判:I型プロテーゼなども

鼻の相談です。最近メガクリニック・カリスクリニック・ヴェリテと3件カウンセリングに行きました。メガではプロテーゼは入れなくても鼻は高いから小鼻縮小外側切開と鼻尖軟骨移植(耳介)をするだけで大分変ると言われました。カリスではI型プロテを入れ小鼻縮小外側切開、鼻尖と鼻柱に耳介軟骨移植を勧められました。ヴェリテではプロテーゼと小鼻縮小(上+外)鼻翼子拳上、鼻尖形成、鼻尖縮小を言われました。私は極度に鼻翼が外側に張り出していて笑うと鼻の穴が広がるし鼻尖も団子鼻です。これが一番のコンプレックスで、がっつりと整形まるわかりの鼻やピンチノーズ・アップノーズになるのは嫌で自然な仕上がりにしたいのですが私のような団子鼻はどの手術をするだけでも改善されますか?

女性 鼻翼縮小術の口コミ・体験談・評判:鼻中隔延長術と鼻翼縮小

鼻翼縮小術、場合によっては鼻中隔延長術を考えております。今のところの候補医院はヴュリテクリニック福田医師、石田クリニック、湘南美容外科 居川医師、一応リッツ美容外科東京医院も視野にいれています。本職は看護師をしておりある程度の病院事情には理解ができます。ご助言のほど、宜しくお願いします。

女性 鼻翼縮小術の口コミ・体験談・評判:料金が高い

希望クリニックの大阪院にてカウンセリングを受けて参りました。必要な施術と見積金額が、鼻骨骨切り幅寄せ=¥648000、鼻翼縮小(内側+外側)=¥486000、全身麻酔=¥108000で合わせて合計の見積りが定価¥1242000でした。技術の高さと施術内容からか、正直思っていた予算よりもかなり高額でした。今回の先生にカウンセリングして頂き、月初めに個人的にカウンセリングを受けた湘南美容外科とは予算も施術内容もかなり大幅に変わる物でしたが、その分理想のイメージも明確になり、同じ女性としての思考センスも優れた医師の方ではないかと感じました。質問等には全て応じて下さい、角度の異なる写真を6枚程撮った物を用いてパソコン画面で解りやすく解説して下さいました。強いて思うならば、院内が思っていた物よりもこじんまりとしていて、とても偏見ではございますが、先生がとてもお若いかと感じました。いずれも外見的な判断ですのでしっかりと施術を行って頂ければそれに越したことはないかと思っております。

美容整形の名医相談所

“鼻翼縮小術” への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    鼻翼縮小術を失敗してしまいました。

    手術後から鼻の左右差が酷く、正面から見た時に明らかに曲がっています。内側切除をしたからでしょうか。

    ドクターに言っても、左右差は認められないとしか言いません。
    返金にも応じないそうです。

    これはあと半年待っても治らないんですよね・・。
    であればやはり再手術するしかないんでしょうか。

    納得いかないので術後の対応にも満足はできませんでした。

  2. 匿名 より:

    私は鼻が横に大きいので 鼻翼縮小 手術をしたいなぁと考えています。できれば院長クラスで芸能人も施術経験のある医師だと責任感はあるかなと思いますが。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*