目の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
目の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

眼瞼下垂の失敗やリスク・名医を経過ブログ5つから考察してみた

眠そうな目に効果的な美容整形についてご紹介しております。眼瞼下垂や二重形成を組み合わせた治療が人気ですが、失敗しないためのコツを押さえておかなければ、手術のクオリティは下がってしまいます。

これだけ失敗が多い眼瞼下垂の手術を、何としても失敗させないために、名医選びのポイントについて解説いたします。美容整形の患者さんの中では常識的なのですが、>保険診療のクオリティと美容整形のクオリティでは傷跡からデザインまで全く異なりますので、その辺りもご説明できればと思っています。

眼瞼下垂の失敗・リスクと修正を徹底解明!

眼瞼下垂の手術・美容整形

眼瞼下垂とは眠そうで黒目が見えづらいを状態を指しています。ガチャピンの様な目と表現されることがあります。この黒目が見えづらい症状の方は、眼瞼下垂の手術で改善を図ることができます。

そもそも何故黒目が隠 れてしまっているのかを考えますと、挙筋が緩んでしまっている方も居れば、皮膚が覆いかぶさって黒目を隠している方もおられます。

つまり、見た目的には黒目が隠れているという点では共通していますが、実際の改善すべき治療方が異なる事になります。皮膚だけの切除で解決する所を、眼瞼下垂と診断されてしまい 治療が高額になっている事もあり得ます。瞼の筋肉が弱まってしまっている方が行う治療法です。

関連する治療法>>>眼瞼下垂(挙筋短縮法)眼瞼下垂(腱膜前転法)

目力アップクイック法眼瞼下垂(筋膜移植術)

信州大式 眼瞼下垂(挙筋前転法)

眼瞼下垂になる原因とは?

最近では美容外科で多く行われている眼瞼下垂の治療ですが、果たして、より良い結果がもたらされているのでしょうか?

眼瞼下垂の治療は
①皮膚がたるんでいるType
②筋肉が弱っているType
③筋肉とまぶたの連結(腱膜)が緩んでいるType

が原因として考えられますが、

何でもかんでもぱっちりとした眼を作るという患者さんに対して眼瞼下垂を行っても良い結果が得られないということを確認いたしました。
データとして、10パーセント程度の方が目が大きくなっていない、もしくはより小さくなってしまう症例があるということです。

これは、もともと黒目がはっきりと出ている方に対して眼瞼下垂を行ってしまうと、
悪い結果になってしまうことが、ままあるようです。十分に注意しましょう。

切開法を用いた腱膜前転法では、
眼瞼下垂というよりは、全切開の応用の様な治療です。

これは全国でもほとんどの医師ができません。

”眼瞼下垂と挙筋腱膜前転法のどちらが良いのか?”

これは患部の状態によって変わりますので、適した判断を下せる医師を選択しましょう。

保険の眼瞼下垂と美容整形とは?

まず保険適応される方は黒目の半分程度が隠れている方で老人性の眼瞼下垂がほとんどです。

若い方で、傷跡を少しでも綺麗にしたい、二重もぱっちりとしたいなどと行った美容的な希望を達成させるためには自費診療をお薦めします。

美容外科での自費診療の場合、こだわっているドクターを選択すれば、極細糸を使って縫合をしてもらえたり拡大鏡を使った治療が出来ます。

そのため、傷跡に関しても大変綺麗になると言えます。保険診療ではそれは出来ません。

眼瞼下垂のメリット・効果

健康的なメリットとしては、頭痛や肩こりなど改善します。美容的には、目の開きが良くなり、目力アップの効果があり、モデルさんに人気の手術です。眼瞼下垂の手術と相性の良い治療法として、目頭切開グラマラスライン形成があります。しばしば一緒に手術をされる方が多いので併せてチェックしておきましょう。

また芸能人整形の特集維持である、佐野真依子(さのまい)に近づく眼瞼下垂の整形と病院選び!もご覧ください。

眠そうな目に効果的な整形とは?

なぜ、眠そうな目が悪いかというと、せっかく二重であっても、黒目の開きが悪ければ、どこかとぼけた印象を与えてしまうためです。
よく美容整形の失敗例で日本人に多いのがバレバレの美容整形。あたかも整形しましたというような目になってしまっている方を見ることがあると思います。

これは内部処理をせずに、無理やり二重幅を広げたためになってしまっているのです。
つまりは失敗です。

眠そうな目に対してのアプローチは基本的には皮膚がたるんでしまっている方、脂肪などの厚みなある方、筋肉機能が落ちてしまっている方に分けられます。
眠そうな目対しては、上眼瞼の処置を施すことで改善が出来るのです。

上眼瞼の処置として考えられるのは、上眼瞼切開眉下切開眼瞼下垂などです。
埋没法も場合によっては考えられなくもないですが、プチ整形ですので、効果に限りがあります。

最近多いのが、アイプチを使って二重瞼を作っている方です。
この場合には、長期的にアイプチを使ってしまう事で生じる皮膚のたるみがありますので、この場合には切開が必要となる可能性は高いと思います。※きちんと切開すれば効果は半永久的です。

成功失敗を分けるのは医師の技術がカギを握ります。

その他にも、「顔が疲れてみえる(老けてる)」「眠そう」と言われる事でコンプレックスを感じてしまう方の場合、眼瞼下垂とミッドフェイスリフト目の下の施術も一緒に施術をされる方もいらっしゃいます。
アンチエイジングのトータル治療ということですね。

美容整形では、一部だけではなく、顔全体のバランスを見て治療をしなければなりません。
その方が効果が高く出てきます。

切開を伴うような治療のダウンタイムは2週間程度の時期を目安にしてアフターケアなどにおいて気をつけるようにすると良いです。
効果を出すことができるアフターケアのコツもご紹介しておりますので、お気軽にご相談ください。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ
 

眼瞼下垂のデメリット・リスク・後遺症

効果がない・改善しなかったり、開きすぎてしまったりすることがございます。眼瞼下垂の手術は後戻り・再発率が他の美容整形と比べて高く、手術を失敗しているドクターがいかに多いかがわかります。これを防ぐためには、リスクファクターである軟部組織への固定を回避しなければなりません。

眼瞼下垂の失敗・修正・トラブル

眼瞼下垂の失敗例としては代表的なものに左右差があります。左右差が出現しますと、再度、眼瞼下垂の処置を行う必要がございます。また、必要でない眼瞼下垂の手術をして目がギョロっとなってしまった方も多くいらっしゃいます。

むやみやたらに眼瞼下垂を診察する医師は技術が無い、無知な医師である場合も考えられます。

そういった医師に限って、形成外科医では無かったりもします。。勿論、上眼瞼挙筋機能が悪い方にとっては眼瞼下垂は適していますので、これに関しては否定するつもりはありません。美容外科の眼瞼下垂は仕上がりにもこだわりを持てますし、バリエーションも豊富です。難しい手術ですので、形成外科技術の高い医師を選択しましょう。

眼瞼下垂、術後半年 眼瞼下垂、術後半年

未熟なドクターの下で失敗をしてしまいますと、左右差が生じてしまいます。

上記の画像の方も、とある安価系美容外科で手術を受けられ、その後上記の状態に納得がいかずに修正手術をされています。

それでは修正後の経過を見ていきましょう。

眼瞼下垂(修正手術)、術後1週間

眼瞼下垂(修正手術)、術後1週間 ダウンタイム中なので幅が広い

眼瞼下垂(修正手術)、術後半年

眼瞼下垂(修正手術)、術後半年 幅が安定し左右差が少なくなった

これでも左右差はありますが、少し改善したと思われます。修正の際の担当医は別のドクターに変更されています。

眼瞼下垂のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

眼瞼下垂手術、1週間後のまだ腫れている状態です。

眼瞼下垂(修正手術)、術後1週間

2週間前後は腫れと内出血が続きます。
ダウンタイム期間は、痛みがある方もいらっしゃいます。そのような方は、アイスパック・冷えたタオルなどで冷やす事で痛みが多少治まります。
クリニックから痛み止めとして鎮痛剤を処方されます。
個人差になってきますが、ダウンタイム期間中は処方されたお薬をお飲みになれば、痛みは和らぎます。

眼瞼下垂の麻酔・痛み

麻酔の種類ですが、局所麻酔か静脈麻酔が適応される事が多いです。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用相場は5万円と麻酔の費用がかかりますが、局所麻酔のみとは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。

その他の麻酔の種類としては、表面(クリーム)麻酔、硬膜外麻酔、笑気ガス麻酔、全身麻酔などがあります。他の整形手術を同時にされる場合などには、スムーズな治療を行うためにも麻酔の組み合わせが大切になります。

眼瞼下垂の料金・費用・値段

60万円前後を目安にして下さい。
麻酔の種類ですが、静脈麻酔・局所麻酔になります。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用は2万円~5万円と麻酔だけでも少しお高めになっていますが、局所麻酔とは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。

※安いクリニックには安い理由があります。低価格だからといってクリニック選びをするのは危険です。

眼瞼下垂の名医

眼瞼下垂は目を縦に大きくする手術ですが、1種の症状とも言えます。
それは肩こりや頭痛などが起きてしまう方は、眼瞼下垂の症状と言えます。

形成外科や眼科で行う治療は、瞼板と挙筋腱膜が緩んでしまったり外れてしまった状態から開きを良くします。
美容外科では、目を大きくする目的で行われている為、症状を改善する目的ではありません。

目を大きくしたい方が行ってしまいますと、中には不自然になってしまう事がございます。
眼瞼下垂の手術は、私生活を改善するための治療法が合っているのではないでしょうか。

また、切開を行いますので、傷跡が残ってしまいます。
傷跡が残ってしまうという事は、縫合技術が無い医師ですと目立ってしまうという事です。

開きが悪いのを解消するのにも関わらず、術後開きすぎてしまい逆につらいという方もいらっしゃいます。

眼瞼下垂の手術でも、術式はいくつかございます。
ご自身の瞼の状態に合った術式をご選択になさってくれる名医をご選択下さい。

眼瞼下垂の名医は限られています。
名医選びにつきましては、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶことが肝心です。

当相談所では、眼瞼下垂(がんけんかすい)の手術を解説しています。相談窓口では、失敗リスクを防ぐためのポイントをご紹介致します。

眼瞼下垂の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ


症例1

眼瞼下垂の口コミ・体験談・評判

女性 眼瞼下垂の口コミ・体験談・評判

眼瞼下垂の手術をしました。頭痛が無くなったのがとても嬉しいです。

女性 眼瞼下垂の口コミ・体験談・評判

一重の厚ぼったい瞼がとてもコンプレックスでした。整形に抵抗が合った為に今まで手術をする事が出来ませんでした。最近になって肩こりや頭痛や疲れを感じるようになりました。
何が原因か全く分からなかったのですが、二重に整形しようと思いカウンセリングに行きました。その時に先生に眼瞼下垂だねと言われました。

整形等には疎いもので全く意味がわかりませんでした。そしたら疲れなどの症状は目がら来ているのではないかと言われました。先生は、眼瞼下垂の手術をした方が良いと言いましたが瞼を切ると言われて怖くなりました。
でも症状が改善するという事でする事にしました。手術をしてから3カ月くらい経ちましたが、くっきりとした傷が出来ています。症状は改善されましたが、いまさらですが、傷跡が消えるかとても心配です。

女性 眼瞼下垂の口コミ・体験談・評判

先日、大阪の心斎橋筋にあるMAクリニックにて切らない眼瞼下垂という手術を受けてきました。
今は手術から3日目なので、腫れぼったい目になっているのですが今までの二重のラインより幅が広くなった事、目頭側がすごく腫れている事から黒目にまだ瞼がかかっている状態です。
また、目尻に近い瞼がつりあがっているように見えるので、三角形のような形になっています。

二重埋没法で眼瞼下垂っぽい症状も治したい

二重埋没法を考えています。

10年前に1度慶友形成クリニックで埋没法をうけ、腫れがひどく、周囲にもばれ、罪の意識で外しました。

今回知り合いの形成外科の医師に眼瞼下垂を指摘され、手術をかんがえています。

知り合いの医師が保健適応で埋没法をしてくれるとのことだったのですが、私の不安が強かったことより、医師が自信がないとの理由でご自身より症例が多いであろう医師を紹介してくださいましたが、湘南美容外科の若い医師の為不安です。

1 手術法もけんばんほうか、挙筋方がいいのか。

2 視力が低下する話を聞くが、その理由

3 下垂がひどくならないか

4 デザイン、ビックリ目になりたくない

私は都内にすんでいます。

名医を紹介していただきたいです

保険適用の眼瞼下垂の手術の失敗

東京のIクリニックにて保険適用の眼瞼下垂の手術を受けました。

Iクリニックは眼瞼下垂で有名な先生が居るとネットに書いてあって行ったのですが、担当の先生は違う方でした。
今は術後6日になりますが手術直後から圧倒的な左右差を感じ腫れなどの問題では無いと思っています。又左目は予定外重瞼線になってしまっています。

そこでお伺いしたいのですが、再手術は眼瞼下垂の症状自体は治っているのできっと二重幅の問題は受けてくれないのでしょうか?もし受けたとしても同じ先生はやめておくべきなのでしょうか?

又は、別の医院で再手術してもらう場合は、二重切開や埋没法で二重形成のみをしてもらった方が良いのでしょうか?

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

“眼瞼下垂の失敗やリスク・名医を経過ブログ5つから考察してみた” への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    二重の埋没法の修正、眼瞼下垂の埋没法、目頭切開の修正、上眼瞼リフトかブローリフトをしたいと思っています。

    ですがそれぞれ得意、不得意な先生もいると思います。

    仮にすべてをするのであれば色んなクリニックに行き、これはこの先生、これはこの先生、、、といったように分けてやってもらうべきでしょうか??

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。


*