バスト・豊胸手術の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
バスト・豊胸手術の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

豊胸バック抜去・入れ替えの【14項目】の分析すべて

豊胸バック抜去・入れ替えの手術・美容整形

豊胸バックを挿入した方が抜去を希望されるケースもあります。

その原因として、拘縮が起きてしまって除去、入れ替えに緊急を要するものもあれば、デザイン上の除去、入れ替えが必要な場合もあります。硬くなってしまい放っておきますと、豊胸バックが破損してしまう可能性もございます。

また豊胸バック挿入から時間が経ってしまい、バッグの種類・材料を変えるために入れ替えたいという方も可能です。入れ替えや抜去の手術は技術が高い名医が行う必要があります。

豊胸バックの触感

豊胸バックの種類

豊胸バッグの種類について解説いたします。代表的なバッグを押さえておきましょう。

コヒーシブシリコンバッグ

代表的にはコヒーシブシリコンバッグが主流となっています。これは、バッグがジェル状の内容物で構成されており、万が一、バッグが破損・破裂しても内容物が体内に流れてしまわないメリットがあります。触感も良いので、八重型の方が豊胸手術をされる症例では、うってつけのバッグの種類です。

モティバエルゴノミクスとは?

近年注目されている豊胸バッグの種類で、モティバエルゴノミクスという豊胸バッグがあります。これは、マイクロチップが内蔵されており、ID式の豊胸バッグで、どのような手術をしたのかが、将来に渡って管理されている豊胸バッグです。手術やクリニック情報がマイクロチップには記録されておりますので、入れ替えの際には安心です。

バッグの内容物に流動性があるのが特徴的で、立っている時はアナトミカル型に横たわっている時はラウンド型にバッグの内容物が動いてくれます。

豊胸バック抜去・入れ替えの名医

豊胸バッグ入れ替えの症例の際に注意しなければならない点として、「挿入されているバックのサイズ、メーカーが不明である」「痩せ形である」「拘縮が強くなっている」「段差を生じている」などのケースが有ります。

モティバエルゴノミクスなどのマイクロチップが埋め込まれているタイプの豊胸バッグであれば、前回の手術を把握する事が出来るため、後医も別の医師が行った治療の修正がしやすいです。

豊胸バック抜去・入れ替えの名医の条件を一部、ご紹介致します。

ケラーファンネル

ケラーファンネルのしようによって、傷跡への配慮が出来ているドクターをお薦めいたします。豊胸バッグは脇やアンダーバストからの傷跡が目立ってしまっており、手術を失敗している人も多いのです。

次世代豊胸術

次世代豊胸術ができる医師を推奨したいのは、挿入層を上下で変える事で、リップリングやダブルバブル変形の失敗を回避する事が出来るためです。ただし、次世代豊胸術に対応している医師が全体の1%程度で、医師選びには注意が必要なのです。

コンデンスリッチ豊胸など脂肪注入への切り替え

また、脂肪注入による豊胸術でも修正できるのですが、コンデンスリッチ豊胸を提唱するドクターもオススメです。尚、コンデンスリッチ豊胸やセリューション豊胸やピュアグラフト豊胸などの幹細胞のバストアップは、レントゲンやエコー・超音波などの診察をするため、医師選びをする上では長期的に面倒を見てくれるような医師を選択すべきです。

失敗しないための美容整形の相談所

豊胸バックの触感

豊胸バッグの種類には、大きく2種類の触感があります。

スムースタイプ

スムースタイプの豊胸バッグはバッグの表面がつるつるしており、術後のマッサージが必要になる豊胸バッグです。マッサージをきちんとすることで感触が良くなります。しかし懸念点としてカプセル拘縮(被膜)のリスクが上がります。

テククチャードタイプ

テクスチャードタイプは表面がざらざらしているタイプの豊胸バッグの種類です。こうしゅくが生じるリスクが低減されている点がメリットとなります。

豊胸バック抜去・豊胸バック入れ替えの失敗・リスクを解説!

豊胸バック抜去・入れ替えのメリット・効果

健康上の問題であれば、バックを入れたことによって後遺症に悩まされていたことが解消します。デザイン面も改善しますが、術式にこだわってください。豊胸バッグの効果を実感するためには、ただ除去、入れ替えをすれば良いという訳ではありません。豊胸バッグ抜去・入れ替えの効果2つと注意点2つもご参照ください。

下記の様な豊胸バッグ抜去・入れ替えのメリットを3項目から全解剖が挙げられます。

トラブルの修復・修正

豊胸バッグの抜去を行いますと被膜拘縮(カプセル)を一部、除去することができ、バストが硬くなっている状態を解消する事ができます。仮に、入れ替えを行うのであれば、最新式のバッグにするか、脂肪注入やアクアフィリング豊胸への切り替えが考えられます。

痛みの解消

万が一、シリコンバッグを挿入して術後に痛みが続く様であれば、ばっぐを取り出してしまう方が良いと考えています。未熟な医師の場合には、神経の損傷が考えられますので、このケースでは後遺症が残ってしまうリスクがあります。

豊胸バック抜去・入れ替えのデメリット・リスク・後遺症

拘縮が起きている場合は綺麗に剥離をしませんと、拘縮がまた起こってしまう可能性があります。豊胸手術をする上での注意点(デメリット・リスク・後遺症)をご説明いたします。代表的には下記の様なトラブルが代表的ですので、手術の前に確認しておきましょう。

豊胸バッグ抜去・入れ替えのリスクとして考えられる4点および、豊胸バッグ抜去・入れ替えのデメリットで考えられる6つをまとめます。

「左右のバストの大きさ・形状を理想的に仕上げるのは難しい」「理想を医師に要求しすぎてしまうと、それにならずに後悔してしまう」「人工バックによって拘縮を起こしてしまい感触が不自然」「術式によってはわきの下などに傷跡が残ってしまう」「成長期に行う豊胸手術はリスクが大きい」「授乳には問題ないと言われていますが、問題が起きる場合もある」「手術によっては感染症や合併症を起こしてしまう可能性がある」など

一つずつ見ていきましょう。

豊胸バック抜去・入れ替えのデメリット・リスク・後遺症

カプセル拘縮(被膜)

豊胸バッグの挿入直後は異物感が無いのですが、被膜拘縮が進んでしまうと、バストが硬く変形します。硬さはシリコンバッグの柔らかさから徐々にボールが入っている様な印象に変化します。

ダブルバブル変形

ダブルバブル変形を生じるともともとの胸の下にバッグの輪郭が出てしまうデメリットです。鏡餅の様な段差が生まれてしまいますから、シリコンバッグの豊胸をされた方は、注意しなければなりません。

リップリング

リップリングがあると、バストの輪郭が分かってしまい、不自然な印象を与えてしまいます。ダブルバブル変形と共に、形状のデメリットとなります。

上記のようなリスクファクターがあるため、豊胸手術を行ってからもアフターケアはとても大切です。アフターケアもしっかりと行ってくれる医師選びも大切になります。これらは、豊胸バック抜去・豊胸バッグ入れ替えをする上では大変重要なファクターとなります。

失敗しないための美容整形の相談所

豊胸バック入れ替えの際の挿入位置

シリコンバッグを入れ替える際の挿入位置について解説いたします。挿入位置に関しては主に3種類あります。

脇からシリコンバッグ挿入

脇からのシリコンバッグ挿入がもっとも主流な方法の豊胸術です。傷跡が名医であれば3cm程度と比較的小さく、脇のしわに沿ってシリコンバッグを挿入できるのです。

アンダーバストからシリコンバッグ挿入

豊胸バッグの修正・入れ替えの際は、アンダーバストからプロテーゼを挿入する事があります。これは脇からですと、中々基のバッグを取り出せなかったりすると抜去の失敗につながるためにアンダーバストが選択されるのです。

乳輪周囲からシリコンバッグ挿入

乳輪周囲からのシリコンバッグ挿入はあまり行われていない理由は傷跡が目立ってしまうためです。バストの中央に傷跡が残ると満足度が低下しますので、基本的には脇かアンダーバストと考えて下さい。

豊胸バック入れ替えの際の挿入層

豊胸プロテーゼの挿入層

豊胸プロテーゼは、挿入層によって手術のリスクが変わります。手術前に必ずチェックしなければならないので、ご一読ください。カウンセリングで医師があまり教えてくれない裏側をまとめました。

乳腺下法でプロテーゼを入れる

乳腺下法はプロテーゼの挿入では一番良く行われている方法だと思われます。挿入層が浅くバストの輪郭が分かりやすいため、痩せ形の人には向いていませんが、もともとある程度の脂肪や乳腺が付いている方には乳腺下法によるプロテーゼ挿入は効果的です。

大胸筋下法でプロテーゼを入れる

バッグの輪郭が乳腺下法で出やすい方に向けて、大胸筋下法という手段が有ります。これは、乳腺下法よりも更に奥の層にプロテーゼを挿入し、リップリングのリスクを低減させる手術方式です。ただし、術後の痛みが強く、豊胸バッグの手術方の中でも、最も痛みが出やすい方法です。

大胸筋筋膜下法でプロテーゼを入れる

痛みが最小限であり、バッグの輪郭も出づらいというメリットがあります。乳腺下法と大胸筋下法のデメリットを打ち消したプロテーゼの挿入方法です。ただ1点、手術が難しく、仕上がりに満足できない症例もあります。

MIX法でプロテーゼを入れる

MIX法は挿入するバッグの上半分を筋膜下、下半分を乳腺下に入れる手術方法で、リップリングやカプセル拘縮のリスクを低減する事が出来る豊胸バッグ挿入術です。一部のドクターしか対応しておりませんが、当相談所でも、希望者にご紹介を致しております。

豊胸バック抜去・入れ替えの失敗・修正・トラブル

豊胸バッグが持つ年数は、満足度によって変わります。不満足であればバッグの入れ替えが必要なのです。

デザイン上の不満足であれば健康上問題がないのですが、それよりも緊急を要するのが拘縮が起きている場合です。拘縮は綺麗に剥離をしませんと、拘縮がまた起こってしまう可能性がありますので技術が必要なのです。

シリコンバッグ抜去には取り残しになってしまう事はあるのか?についてですが、実はMRI検査をするとしっかり分かりますが、シリコンバッグ抜去を手術を受けたにも関わらず、取り残しされてしまっているケースがあります。

失敗を回避するためには、豊胸バッグの抜去を専門としている医師を選ばなければならないという事です。MRIの検査をした医師とバッグを除去した医師との見解が異なってしまう事もあります。

豊胸バッグ抜去・入れ替えの失敗7例と失敗しないために知るべきこと豊胸バッグ抜去・入れ替えの修正での注意点3つとはも合わせて読んでみてください。

豊胸バック抜去・入れ替えの失敗・修正・トラブル

トップの位置と乳首がずれている

入れ替えを行っても、デザイン的な失敗例で豊胸手術の「バックのトップの位置と乳首の位置がずれている」ことも考えられます。

被膜拘縮の取り残し

実はこのシリコンバッグ抜去での取り残しについては、本当にシリコンが取り残されているケースと、石灰化の取り残しのケースとがあります。石灰化の場合には、ある程度感触がわかりますので触った段階で判断が出来ると思います。

石灰化、カプセル拘縮をしっかりと除去してくれる医師を選択しなければ取り残しとなり、失敗してしまうのです。これから豊胸バッグの抜去を考えている方は名医の見極めをしっかりと行う必要があります。

豊胸バック抜去・入れ替えのダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

豊胸バッグ抜去・入れ替えのアフターケアでやること2つ、やっちゃいけないこと2つについてですが、手術を行ってから1週間程度はシャワーのみで入浴は控えてください。シャワーであれば、5日前後から大丈夫ですが、長くはあまり良くはありません。喫煙や飲酒などは、手術を行ってから1カ月~2カ月前後は行わないで下さい。傷跡や腫れなどに大きく影響してきます。大まかな腫れと内出血は2週間前後になります。豊胸バッグ抜去・入れ替えのダウンタイム期間は2週間!? ケア方法で差は出る?でも説明しております通り、ダウンタイム期間は安静にしていることをお勧めします。

術後のブラジャーの着用

また、ブラジャーについてですが、術後すぐはスポーツブラは可能ですが、ワイヤーブラは推奨されません。
ダウンタイム中は薄いコラーゲンのカプセル被膜が出来かけている状態であり、予期せぬ方向からの力が加わるとバッグ・プロテーゼの位置や注入した脂肪の位置がずれてしまうためです。

ワイヤーブラをする場合には、カプセル被膜がしっかりとできている術後3カ月以後に使用する様にしてください。

豊胸バックによる手術はとてもリスクが高いものですが、知らずに行っている方が多いのが現状です。
失敗しない為には、少しでもリスクを受け入れてから行う事をお勧めします。

豊胸バック抜去・入れ替えの麻酔・痛み

豊胸バックの抜去はカプセル拘縮が起こってしまった方や豊胸バックの変形などが生じた場合に行われれう手術となります。それでは豊胸バックの抜去の際に感じる痛みはどれくらいなのでしょうか?

全 く無痛にする事も出来るのですが、局所麻酔を用いた豊胸バックの抜去ですと、中々痛みを感じる事があるのです。特に乳腺下からの抜去であれば問題は無 いのですが、脇からの抜去の場合には、皮膚を引っ張ったり、皮下の剥離が大きく、その際に痛みを感じられる方もいらっしゃるのです。

つまり、痛みにおいて最も安心なのは、全身麻酔での豊胸バックの抜去という事になります。抜去と同時に入れ替えを検討されていらっしゃる方は、マンンマリーサイザー、温熱療法、形成外科的な縫合・処置、麻酔科標ぼう医などによる設備が整っているクリニックを第一に選択してください。

また、麻酔の種類ですが、全身麻酔か硬膜外麻酔が適応される事が多いです。全身麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用相場は10万円と麻酔の費用がかかりますが、局所麻酔のみとは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。

その他の麻酔の種類としては、表面(クリーム)麻酔、硬膜外麻酔、笑気ガス麻酔、全身麻酔などがあります。他の整形手術を同時にされる場合などには、スムーズな治療を行うためにも麻酔の組み合わせが大切になります。

豊胸バック抜去・入れ替えの料金・費用・値段

平均価格80万円!?気になる豊胸バッグ抜去・入れ替えの料金相場とはについてですが、抜去のみで30万円前後、バッグの入れ替えで新しいバッグにする手術やコンデンスリッチ豊胸にする手術は100万円前後が料金相場になります。

安い料金の病院には注意

バッグの手術では安い病院で手術を行ってしまった結果、修正したいといった症例が相次いでいます。具体的に安い病院ですと、麻酔科標榜医を付けていなかったり、手術時間が極端に短く雑な手術が行われています。医師選びをする際には、十分に注意しておきましょう。

豊胸バック抜去・入れ替えの症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1

豊胸バック抜去・豊胸バッグ入れ替えの口コミ・体験談・評判

女性 豊胸バック抜去・入れ替えの口コミ・体験談・評判:皮膜拘縮

皮膜拘縮が原因で手術をする際、入れ替えてもまた同じ目にあう可能性がありますか?入れ替えではなくて抜去だけの手術にしたほうがいいでしょうか?もし入れ替えを希望するなら、皮膜拘縮をおこしたバッグ以外の豊胸バッグを使うべきですか?

女性 豊胸バック抜去・入れ替えの口コミ・体験談・評判:MRI検査

25年前に豊胸したシリコンバッグを抜去しました。手術後、4ヶ月間痛みが続きMRI検査をしました。その結果、バッグ抜去した際に残している被膜カプセルの中に漿液腫か血腫かシリコン残存の液性貯留があることが確定しました。石灰化も、バッグ抜去した執刀医は 摂れずに殆ど残しているそうなので、石灰化も残っていることは確実です。私自身も、色々と調べましたが、情報が有り過ぎて 何が正しいのか迷ってます。

女性 豊胸バック抜去・入れ替えの口コミ・体験談・評判:口コミが・・

胸を大きくしたくて池田ゆう子クリニックさんに予約をしたのですが、口コミを見ていたら不安になり、悩んでいます。ヒアルロン酸は2度ほどやったのですが、すぐになくなり。痛いのが苦手で怖いのでバックは無理だと思っています。諦めるしかないのかとも思ってしまいます。良いところがあれば教えて欲しいです。

女性 豊胸バック抜去・入れ替えの口コミ・体験談・評判:モティバエルゴノミクス

イセアクリニックに問い合わせを以前したところ、モティバのエルゴノミクスのバックの取り扱いがない、今後脂肪注入法を取り扱わない、上原先生の離職でした。ヴェリテクリニックですが、ドレーンを使った豊胸ができる、モティバエルゴノミクスの取り扱いがあるので第一候補として考えています。モティバエルゴノミクスの手術が出来る美容外科に絞りたいです。

女性 豊胸バック抜去・入れ替えの口コミ・体験談・評判:感染

南クリニックに行ったところ感染しているのですぐに除去しなければないと言われました。できるだけ早い処置が必要なのですが、ご紹介いただいたクリニックへ行きたいと思います。

女性 豊胸バック抜去・入れ替えの口コミ・体験談・評判:コンデンスリッチ豊胸

近々、コンデンスリッチ豊胸手術を受けたいと考えております。3人の授乳を終え、悲惨な胸となっております。心配なのは、定着率です。最低2カップアップが目標です。バッグ豊胸も視野に入れておりますが、こちらもメンテナンスや術後経過など不安があります。そこでコンデンスリッチ豊胸、バッグ豊胸においての名医を教えて下さい。色んなサイトを読み、先生の腕が最も重要である事を確信しています。私は京都在住ですので、関西圏だと通いやすいですが、関東に名医がおられるようでしたら足を運ぶつもりでいます。

失敗しないための美容整形の相談所

“豊胸バック抜去・入れ替えの【14項目】の分析すべて” への2件のフィードバック

  1. うっしー より:

    2月11日に豊胸バッグ除去を行いました。
    左胸が皮膜が石灰化しているらしく施術医は手の施し様が無いと言われましたが皮膜除去出来る所も有るらしく、行えるなら金額と日数的な事が知りたいです。

  2. 佐藤 より:

    授乳後の胸にコンプレックスを感じ15年前にシリコンバッグを入れたのですが、今は不自然な固さと乳がん検診を受けられないことに不安とコンプレックスを感じております。
    バッグを抜去後、また以前のような胸になるのは嫌なので少しだけでも脂肪注入をできたら…と考えています。
    できるだけ費用をおさえたいです。
    宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*