鼻の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
鼻の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

鼻先を高くする整形のすべて

鼻先を高くする手術・美容整形

鼻先を高くする整形の種類としては、耳介軟骨移植鼻中隔延長などの治療方法があります。20年前に流行っていた治療であるL型プロテーゼ挿入も考えられますが、この治療だと鼻先の圧迫が強くなったり、人工的な鼻先になることで不自然な印象をあたえます。

鼻の手術では、仕上がりの鼻が曲がる失敗例などもありますので、注意して名医選びをしなければなりません。

鼻先を高くする整形

メリット・効果

鼻先を高くする整形することで、横顔が綺麗になったり、正面からもはっきりとしたメリハリのある顔立ちになります。逆に、鼻先がぼてっとしているといくら鼻が高くても、鼻が整ってみません。そのため、鼻先整形は最も重要な役割を果たしています。

デメリット・リスク・後遺症

鼻筋・鼻先を高くする整形手術では、事前に行われる医師とのカウンセリング時に、きちんと自分の希望している仕上がりの状態を伝えることが大切です。
仕上がりのイメージが医師と共有できていない場合に、仕上がりに不自然・デザインの違和感を感じてしまいやすくなります。
希望通りの仕上がりにならなかった場合には、再手術や他の方法での修正手術が必要となり、体や皮膚への負担が大きく、費用も掛かってしまいます。

失敗・修正・トラブル

鼻筋・鼻先を高くする整形手術を受けたことによって、元々は曲がっていなかった鼻が曲がるというトラブルもあります。
この原因の多くは、医師の技術力不足が考えられます。
鼻筋や鼻先を高くするための美容整形手術は、希望するデザインなどによって方法が様々です。
場合によっては、きちんとギブスで固定しておく必要があるものもあります。
固定時にまっすぐとした状態を保っていないと、仕上がりが曲がってしまいます。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

ダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

鼻筋・鼻先を高くする整形手術において注意したいトラブルが、腫れや内出血でダウンタイムが長引くというものです。
未熟な医師による手術の場合、切開時や縫合時などの処置が正しく行われなかったりして、腫れや内出血が長引く原因となります。
基本的には時間とともに症状が軽減されて行きますが、あまりにも長期化するようであれば、他の原因も考えられるので、注意して観察してみましょう。
ひどい場合には医師に相談しましょう。

麻酔・痛み

手術中は痛みは特にありませんが、術後に痛んだ時用に、痛み止めを処方されます。

料金・費用・値段

形成外科認定医の相場では、耳介軟骨移植の場合には40万円、鼻中隔延長なら60~70万円を考えておきたいところです。

名医・おすすめ病院

鼻筋・鼻先を高くする整形手術に限らず、美容整形手術にはリスクやトラブルがつきものです。
おすすめのトラブル回避法としては、医師やクリニックについての事前調査をきちんと行うことです。
医師によって得意とするジャンルが異なります。
希望する手術に合わせて、得意とする医師を選ぶことが大切です。
また万が一失敗した時の保証やアフターケアの部分も、事前にクリニックのホームページなどで確認しておくと安心です。

症例写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

腫れや内出血でダウンタイムが長引くかどうかなども、モニター症例写真で確認することができます。

鼻先を高くする整形の症例写真

口コミ・体験談・評判

鼻尖形成がしたい口コミ・評判

鼻中隔延長ではなく鼻尖形成の整形です。耳介軟骨移植では鼻尖形成を自分の耳の軟骨でやるものを、湘南美容外科の鼻尖形成は豚の軟骨で行うという手術だと思います。なので鼻中隔を延長するものでは無く耳介軟骨移植のように鼻先に少し高さを出すものを考えております。

軟骨移植で迷っている口コミ・体験談

軟骨移植かヒアルロン酸で迷っていて軟骨移植をする場合は繋いだ際に補助的な意味で凹みが出たところにヒアルロン酸を入れても良いかなと思うんですけどヒアルロン酸単体で様子を見てからが良いかなーとも思います

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*