注入の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
注入の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

PRP皮膚再生療法(多血小板血漿注入)の失敗・リスクとは?効果がないと修正も!

PRP皮膚再生療法(多血小板血漿注入)の手術・美容整形

皮膚再生医療。ご自身の血小板を使用した再生医療です。
PRP療法は再生医療の中でも、大変重宝されている治療で、しわやたるみ部分がPRP注入で若返ります。

従来の再生医療では、リジェンACRなどがございましたがPRP療法はパワーアップしています。
※白血球と成長因子を利用することもございます。

成長因子を比較することがおすすめ

セルリバイブジータは、自分の血液を利用するような治療方法になっているため、アレルギー反応を引き起こす心配が少ない治療になっています。

しかし、添加する成長因子の品質などによって、肌に異常が生じることもあるため、成長因子を比較して、治療を行うクリニックを選ぶことをおすすめします。

アフターケアが充実しているところも探すことがよく、安心して治療を行うことができるため、魅力が多くなっています。

関連する治療法>>>PRP療法(ACR療法)

PRP皮膚再生療法(多血小板血漿注入)の失敗・リスクとは?効果がないと修正も!

PRP皮膚再生療法(多血小板血漿注入)のメリット・効果

しわを埋めるために、再生医療の技術が注目されております。PRPはお肌の再生効果がございます。ヒアルロン酸と違い、長期的な効果があります。

PRPを注入する事で、
・コラーゲンや筋肉の再生により、たるみやしわの改善が起きる
・皮膚の柔らかさが増し、ハリも出る
このような効果で良い結果を得ている医師はいらっしゃいます。

名医を選択しましょう。

PRP皮膚再生療法(多血小板血漿注入)のデメリット・リスク・後遺症

炎症を起こしてしまう可能性がございます。しこりは未熟な医師が手術を担当すれば出来てしまうものだと思います。

しわをうめづらく、効果が出ない場合がございます。皮膚が凸凹してしまうというリスクがあります。

50以上の施術全例で良い結果を挙げられた医師もおられますので、結局は技術力によるところが多いです。

セルリバイブ(W-PRP)で起こりうるリスクって?「定着しない・吸収される」はどんな症状?

定着するかしないかには個人差がある。

せっかくセルリバイブ(W-PRP)をしても、定着しなければ意味がありません。セルリバイブ(W-PRP)はメスを使わず注射のみで行える施術でお手軽ですが、定着するかしないかには個人差があります。ヒアルロン酸注入よりも高価な施術なため、定着しない・吸収される場合には残念な思いをする可能性があります。

膨らみ過ぎる可能性もあるセルリバイブ

セルリバイブ(W-PRP)とは、自分の血液を採取して分離し、血小板や白血球のみを注入する美容医療です。血小板は活性化すると、様々な成長因子を放出します。

そのため、ほうれい線などのくぼんだ部分にセルリバイブを注入することで、内側からふっくらさせます。とは言え、どの程度膨らむか注入時にはわかりません。しこり・膨らみ過ぎるというリスクをはらんでいるのです。

持続期間が短いが納得できるか

セルリバイブ(W-PRP)の持続期間は、おおよそ1~2年と言われています。注入する部位にもよりますが、永久的に保てるわけではありません。つまり、定期的にクリニックへ注入しに行かなくてはなりません。高価な施術のため、何回も注入しなくてはならないのは経済的にも身体的にも負担になりかねません。

PRP皮膚再生療法(多血小板血漿注入)の失敗・修正・トラブル

場合によっては感染してしまうことがあります。また短期間での注入を繰り返す事で、しこりのリスクが増えると報告されていますので、適宜判断が正しく行えるドクターを選択してください。

セルリバイブジータでの失敗、定着しない・吸収されることがある

セルリバイブジータは、自分の血液から血小板などを抽出して、細胞成長因子を添加して、しわなどの部分に注入していく治療法であり、場合によっては注入した液が定着しない・吸収されることがあります。

注射器で注入する場所によっては、肌に浸透しにくい場所もあるため、治療経験が多い医師に治療をしてもらうことがよいと思われます。

また、口コミなどの評価もチェックすることが重要なことになっています。

持続期間が短い治療法

セルリバイブジータは、半永久的な効果がある治療法ではなく、他の治療法よりも治療の持続期間が短いものとされています。

一般的には2~3年の治療期間があるとされていますが、個人差があるような治療法になっているため、人によっては、かなり短い場合もあるため、注意する必要があります。

定期的に治療を繰り返していく必要があるため、治療内容をしっかりと理解してから治療を行っていく必要があります。

しこり・膨らみ過ぎる(成長因子の暴走)

セルリバイブジータは、しこり・膨らみ過ぎる(成長因子の暴走)ような症状が出る場合があります。

肌に注入する成長因子が必要以上に働いたりすることなどが原因とされているため、安全性が高い成長因子を利用しているようなクリニックに治療を依頼することが大切です。

そのため、口コミなどで治療での不具合などをチェックすることが大切であり、異常があまりないような場所で治療をすることが重要になっています。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

PRP皮膚再生療法(多血小板血漿注入)のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

1週間前後になります。
ダウンタイム期間は、痛みがある方もいらっしゃいます。そのような方は、アイスパック・冷えたタオルなどで冷や事で痛みが多少治まります。
クリニックから痛み止めとして鎮痛剤を処方されます。
個人差になってきますが、ダウンタイム期間中は処方されたお薬をお飲みになれば、痛みは和らぎます。

PRP皮膚再生療法(多血小板血漿注入)の麻酔・痛み

麻酔の種類ですが、局所麻酔か表面(クリーム)麻酔、静脈麻酔が適応される事が多いです。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用相場は5万円と麻酔の費用がかかりますが、局所麻酔のみとは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。

その他の麻酔の種類としては、硬膜外麻酔、笑気ガス麻酔、全身麻酔などがあります。他の整形手術を同時にされる場合などには、スムーズな治療を行うためにも麻酔の組み合わせが大切になります。

PRP皮膚再生療法(多血小板血漿注入)の料金・費用・値段

30万円前後になります。
麻酔の種類ですが、静脈麻酔・局所麻酔になります。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用は2万円~5万円と麻酔だけでも少しお高めになっていますが、局所麻酔とは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。
※安いクリニックには安い理由があります。低価格だからといってクリニック選びをするのは危険です。

PRP皮膚再生療法(多血小板血漿注入)の名医

注入治療は医師の技術がとても重要です。
名医選びにつきましては、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶことが肝心です。

上手なドクターに施術してもらいましょう

様々なリスクのあるセルリバイブですが、名医に施術してもらえばふっくらと自然な仕上がりになり、若々しさを取り戻せます。自分の血液ですから、安全性にも定評があります。

せっかくセルリバイブを施術するのなら、評判の良い医師に行ってもらうのをおすすめします。当相談所で名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

PRP皮膚再生療法(多血小板血漿注入)の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1

PRP皮膚再生療法(多血小板血漿注入)の口コミ・体験談・評判

女性 PRP皮膚再生療法(多血小板血漿注入)の口コミ・体験談・評判

PRPをしましたが効果がなかったです。

女性 PRP皮膚再生療法(多血小板血漿注入)の口コミ・体験談・評判

未だに、PPP PRPを注入したことを後悔しています。
ステロイド注射をしたら皮膚が縮まる可能性があるので、危険と言われました(>_<)

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

“PRP皮膚再生療法(多血小板血漿注入)の失敗・リスクとは?効果がないと修正も!” への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    W-PRPセリルバイブジータについてよろしくお願いします。
    3年半前に施術をしましたが、ネットでこの件についての苦情のとおり、注射部分(目じりまで)がぼっこりなっておりまして、光の具合で全然目立たない時もありますが、蛍光灯の下では、凄い目立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*