Home » 鼻尖縮小術(団子鼻修正)

鼻尖縮小術(団子鼻修正)美容整形を失敗しないための名医選びの口コミ相談所

 鼻尖縮小術(団子鼻修正)《術式・方法》

鼻尖縮小術についてです。鼻先をほっそりとさせる手術です。鼻尖縮小術一つとっても、様々な施術方法があります。
鼻尖縮小術は鼻翼軟骨の余分な脂肪部分を除去し、さらに鼻翼軟骨の上側を切除し、軟骨の縫合や移植を行います。
鼻尖形成の種類をご紹介いたします。
①耳介軟骨移植 ②鼻中隔延長術 ③鼻先縮小術 ④L型プロテーゼ
・オープン法(鼻柱を切開して軟部組織と軟骨を切除する方法)
・クローズ法(鼻の中から軟部組織と軟骨を切除する方法)
鼻尖縮小術は、切開の方法によってクローズ法とオープン法に分けられます。

傷跡を考えますとクローズ法の方が良いですが、術野が狭く難しい手術になります。
軟骨移植としては①耳介軟骨移植②鼻中隔延長術が挙げられます。
※③鼻先縮小術については、糸で止めるループ法での治療は軟骨移植を伴いませんが、こだわった鼻尖縮小術を行おうと思われる方は、軟骨移植を行うタイプの鼻尖縮小術を行います。
ちなみに、鼻尖縮小術=団子鼻修正と間違われることも多いのですが異なります。
原因となっているのは2パターン考えられます。

①糸で結ぶタイプの鼻尖縮小術を行っている事
患者さんの御予算もありますので、プチ整形でありますからある程度仕方がありません。
②皮下組織が肥大化している事
鼻尖の脂肪を取っていない事や瘢痕跡による原因があります。
鼻翼軟骨の余分な脂肪部分を除去し、さらに鼻翼軟骨の上側を切除します。

関連する治療法>>>鼻尖形成術1day鼻尖縮小切らない鼻尖縮小

 

 鼻尖縮小術(団子鼻修正)《メリット・効果》

オープン法による施術は、比較的技術の低い医師でも施術しやすい方法となります。
適切に鼻尖部に軟骨移植をすることで、正面からも側面からも自然にほっそりとさせることができます。
鼻尖縮小術=団子鼻修正は軟骨を操作して形状を変えるので、あくまで鼻先の丸みを改善する効果が期待できます。
修正の前に失敗を回避=予防しましょう。
また、鼻翼縮小術・鼻尖縮小術も施術方法がかなり進化してきました。こだわった仕上がりを期待できます。
鼻尖縮小術の手術は鼻の穴の中からのアプローチなので、表面上の傷はわかりません。

 鼻尖縮小術(団子鼻修正)《デメリット・リスク・後遺症》

多くの美容外科では糸で括るだけの方法で団子鼻の整形を行っています。

ただ糸で引きあうだけの方法では、後戻りがありますし、形を崩す可能性がありますので要注意です。
鼻尖縮小術でよくあるのが、
・横から見たときにダンゴ鼻になってしまった。
・手術を受けたのに後戻りしてしまった。
鼻の軟骨をただ縛るだけといった単純な鼻尖縮小術をおこなうと、側面でオウムのくちばしのようなPollybeak 変形と言われる丸い鼻になることがあります。
横から見たときに、ピエロのようなお鼻が出来てしまうのです。
これを防ぐために、脂肪の切除とともに、鼻翼軟骨の頭側切除をおこない、適切に鼻尖部に軟骨移植をすることで、正面からも、側面からも自然にほっそりとさせることができるのです。
実はプチ整形で有名なヒアルロン酸やレディエッセでの治療においては、鼻先への注入をなさっても土台が軟骨であるため、鼻先が丸くなってしまうという事が懸念されます。

 

 鼻尖縮小術(団子鼻修正)《失敗・修正・トラブル》

瘢痕跡で組織が肥大化している場合は、非常に無残なお鼻の皮下組織をしています。皮膚も固くなり、傷だらけの状態です。
鼻尖縮小術は修正件数の多い治療です。それだけ、間違った治療法が横行しています。
糸で縛り付けを取り除いたとしても、挿入されている軟骨の形状によっては元の形に戻すことは難しいのではないかと思います。
前から見た感じ鼻先はあまり細くなった感じはなく、横から見ると鼻先が丸くなっていて不恰好になった。
(術前は横から見ると鼻先はツンとやや上を向く)
ただ引き寄せ合うだけの鼻中隔軟骨を寄せ合うだけの方法ですと、polley-beak変形が起きます。
失敗する方法は、軟骨をただ引き寄せるだけの方法です。
また最も鼻尖形成を失敗なさってしまう方は、L型プロテーゼをご選択なさる事が多いのです。そもそもL型プロテーゼは術式が古いです。
L型プロテーゼをなさった方が修正を希望される方が多いのが現状です。
鼻尖縮小術の成功のPOINTは【横から見た時も綺麗かどうか】も大切になってきます。

 

 鼻尖縮小術(団子鼻修正)《ダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア》

鼻尖縮小術は、3~5日ほどで大きな腫れは引きます。ギプスでの固定終了後、抜糸が行われます。
全体的な腫れが引くまでには、2週間前後かかります。
糸を使うプチ整形の鼻尖縮小術のダウンタイムは、1週間程度になります。ギブスなどの固定は無く、抜糸もないため、ダウンタイムは短いです。
腫れも個人差によりますが、そんなに長引くことはありません。
ダウンタイム期間は、痛みがある方もいらっしゃいます。そのような方は、アイスパック・冷えたタオルなどで冷やす事で痛みが多少治まります。
クリニックから痛み止めとして鎮痛剤を処方されます。
個人差になってきますが、ダウンタイム期間中は処方されたお薬をお飲みになれば、痛みは和らぎます。
抜糸時には、ほとんど腫れは引いている状態です。少々むくむ方もいらっしゃいます。
1カ月で完成形に近い状態。3カ月で馴染んできますので、ほぼ完成に等しいです。
最低でも1週間はダウンタイム期間を取りませんと、傷跡が目立ってしまうことがあります。

鼻尖縮小術(団子鼻修正)《麻酔・痛み》

麻酔の種類ですが、局所麻酔か静脈麻酔が適応される事が多いです。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用相場は5万円と麻酔の費用がかかりますが、局所麻酔のみとは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。

その他の麻酔の種類としては、表面(クリーム)麻酔、硬膜外麻酔、笑気ガス麻酔、全身麻酔などがあります。他の整形手術を同時にされる場合などには、スムーズな治療を行うためにも麻酔の組み合わせが大切になります。

 鼻尖縮小術(団子鼻修正)《料金・費用・値段》

多くのクリニックで行われている鼻尖縮小術で安いクリニックでは10~15万円程度で出来ます。
30万円前後を目安にして下さい。
プチ鼻尖縮小術は、糸の本数によって料金は変わりますが、2万円前後です。
麻酔の種類ですが、静脈麻酔・局所麻酔になります。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用は2万円~5万円と麻酔だけでも少しお高めになっていますが、局所麻酔とは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。
※安いクリニックには安い理由があります。低価格だからといってクリニック選びをするのは危険です。

 

 鼻尖縮小術(団子鼻修正)《名医》

鼻尖形成の手術のバリエーションは多く、非常に難しい手術です。
未熟な医師、術式の古い医師は選択されないで欲しいというのが素直な気持ちではあります。未熟な医師の施術には十分に注意してください。
お鼻の手術での仕上がりを求める際に、どのような術式が良いのか・それを選択している技術の高い医師は誰なのかわかっていることが大切です。
鼻尖縮小術で効果を出すためには高い技術が必要になってきます。医師により施術方法は大きく異なりますので、結果も変わってきます。
名医選びにつきましては、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶことが肝心です。

鼻尖縮小術(団子鼻修正)《症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ》

症例1

 鼻尖縮小術(団子鼻修正)《口コミ・体験談・評判》

女性 鼻尖縮小術(団子鼻修正)の口コミ・体験談・評判

もう既に施術済の後にこのサイトを知り、私がやった施術の詳細を知りました。鼻尖縮小を◎◎クリニックでしました。1day鼻尖縮小と言うもので、鼻の穴の上らへん、左右に穴を、鼻の穴の中で糸の結び目。
計4つ針穴を開け、糸で縛るものです。団子鼻で、軟骨が発達しすぎて鼻先がへこんだ状態。正面から見ると線が入っているように見えていました。施術後は仕上がりは満足なのですが、半永久的ではないことを知りました。
もし緩んでしまった場合、引っ張れば糸は取れるもんなのですかね。持続はどのくらいなのでしょう。というか、どうやったら4つ穴を開けて縛れるのか不思議です。完全に半永久的に鼻先の割れを無くすには切開して軟骨を加工しなくてはいけないのでしょうか。ちなみに鼻のかたち、穴の大きさは別に同じで良いんです。鼻先の割れがなくなればよかったんです。(30代女性 口コミ・体験談)

女性 鼻尖縮小術(団子鼻修正)の口コミ・体験談・評判

こんにちは、手術を受けてみようと決心したもののクリニックが沢山ありすぎてどこが良いのか決まりません。
自分の鼻は団子鼻で上をむいていると思うので鼻翼縮小・鼻尖縮小・鼻中隔延長・など色々受けないと駄目なのではと思っております。病院は日本全国どこでも構いませんよろしくお願いします。(20代女性 口コミ・体験談)

女性 鼻尖縮小術(団子鼻修正)の口コミ・体験談・評判

鼻中隔延長か、耳介軟骨移植手術で悩んでいます。信頼していた堺市にあるクリニックでは(まなべ美容整形外科)「あなたの鼻なら、エル型プロテーゼでいいんじゃない?」と言われました。正直プロテーゼは入れ替えが必要ですし、団子鼻や豚鼻は改善されませんよね?


鼻の治療

美容治療一覧

口コミ・体験談