美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

耳介軟骨移植を失敗してしまったらどうなる?

耳介軟骨移植の手術を受けたが失敗だったと感じるのは、まず手術直後ですが、この時はまだ腫れている状態で本当の事がわかりません。なので失敗かどうかはまだ判断ができませんので、少し月日を待つべきです。術後一週間ぐらいは腫れ、内出血などがあり、まだはっきりとした様子がわからず、事前に自分がイメージしていたものと違うと思ってもこれから変化するかもしれないからです。

少し時間が経って、鏡でよく鼻を見てみると、例えば鼻先が高くなりすぎているとか、どうも形が気に入らないという場合があります。これは手術の技術が失敗というよりも、事前にどういう鼻にしたいか医師との相談が十分でなかったなどが考えられますが、こういう場合に入れた軟骨を除去したり、修正することは可能です。それには、あまり早く再手術すると患部に感染などのリスクが出ますし、あまり遅いと癒着してしまいますので、微妙で適切な時に行なうことになります。但し耳介軟骨移植の場合、除去といっても手術前とまったく同じ状態に戻るというわけではありませんので、事前にその事を十分納得して行なうことが大事になります。

耳介軟骨移植の失敗

耳介軟骨移植の失敗例としてあり得る「延長量が足りない」について

耳介軟骨移植は、治療に使う耳介軟骨の延長量が足りない場合があります。延長量が足りない場合には、鼻先の角度が調節出来ないため、鼻の穴が目立ってしまう状態になることもあるため、他の治療と組み合わせて治療を行うなどの対処が必要です。軟骨の状態などを確認することが重要であり、事前にしっかりと検査などをして、よい治療ができるかを判断してもらうことが大切であり、よい医師を選択することが重要です。

軟骨の吸収が起こる可能性もある

耳介軟骨移植を行うことで起こりうるリスクは、軟骨の吸収です。すぐには起こらないような症状ですが、徐々に軟骨が吸収されていくことがあり、鼻の形が変化していくような可能性があるため、注意が必要になっています。そうなった場合には抜去や修正が必要であり、鼻の組織と軟骨が癒着してしまう状態になるため、かなり高度な治療をする必要があります。軟骨の吸収が起こることは、稀ですが、リスクを知ってから治療をする必要があります。

鼻先の圧迫が生じることもある

耳介軟骨移植の治療を行うと、鼻先の圧迫が生じることがあります。鼻に軟骨を入れることによって、鼻の形を変えていくような治療法になっているため、もともとあった鼻の組織を圧迫していくような治療になるため、違和感を感じてしまうことがあります。しっかりと会った形の骨を鼻に入れていくことによって、圧迫などの違和感を軽減していくことが可能であるため、治療を多数している医師に治療してもらうことをおすすめします。

耳介軟骨移植が失敗してしまったらどうなる?

よい治療をするためにおすすめの方法

耳介軟骨移植は、鼻先をスマートに整えることが可能な治療法です。自分の骨を使うため、アレルギー症状などの心配をする必要がなく、安心して治療ができるため、人気があります。しかし、採取した骨の形などによって、満足できない鼻に仕上がってしまうことがあるため、治療に定評がある、名医を探して治療をしてもらうことをおすすめします。いろいろな口コミを見て、医師の評価を知ることが大切であり、調べるとよいです。

腕の良い先生に相談しよう

しばらく経ってから、やはり少し形を変えたいとか、二年ほどして白く透けてきたということも考えられます。原因としては、手術自体にはまったく問題がないケースから、手術の際に軟骨の量が多過ぎたり固定する場所が良くなかった等の失敗だった可能性まで、いろいろと考えられますが、これには患部を削って対応することが行なわれています。しかしこの時点ではすでに自分の鼻と癒着してしまっていますから、まったく手術前の状態になるわけではなりません。
また、そもそも耳介軟骨移植の場合は使われるのが自分の軟骨ですから、術後体内で吸収されていきます。そうしますとそれによって曲がりや左右非対称などが後に現われる可能性がありますから、その事も考えておく必要があります。
耳介軟骨移植は自分の耳から軟骨をとるのですし、いったん鼻の中に入れた軟骨は一体となっていきますから、失敗があった時には、たとえ除去や削りが可能だとしても身体がまったく元になるわけではなく、リセットできるわけではありません。ですから、名医のもとで手術を受けなければなりませんが、当相談所では経験豊富な名医を紹介することができます。まずはお気軽にお問合せください。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*