美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

目頭切開法のメリット

目頭切開だけでは二重にはならない

人間の顔で一番印象が強く残るのは目ですので、目の形によって相手が受けるイメージが全く異なります。もし、自分の目の形が気に食わずにそれが悩みになってしまっているのであれば、目を整形することが必要かもしれません。

ただ、勘違いしている方も多いのですが、一重の方が二重になりたいという時。実は目頭切開の手術だけでは二重にはなりません。

つまり、全切開や埋没法などの二重形成の手術で二重ラインを作り、目頭切開で平行二重にするという構造を覚えておいてください。

目頭切開法のメリット

メリットを解説

具体的なメリットについて解説いたします。目頭切開をすることで下記の様なメリットがあります。

目が大きくなる

目のイメージをがらりと変える方法に目頭切開法があります。この方法は目のより目の部分を切開して目を大きく見える効果があるのです。
平行二重になることで目頭部分の蒙古襞の張り感を緩和することができますので、目を大きくしたいと考えている方は、目頭切開が推奨できます。

ただし、注意点として、目と目の間の距離が近い方の場合には、目頭切開をおこなうとバランスが悪くなってしまうので、これには注意していただく事が必要です。

離れ目の改善

日本人はおおよそ、離れ目の人が多く、離れ目がコンプレックスという人も少なくありません。

離れ目を近づける方法として目頭切開法を行うことで、数ミリ目が近づいて見えるためがらりと印象が変わるというメリットがあります。

ヒラメ顔と言われてしまっている方の場合には、目頭切開でコンプレックスを大きく改善できることがあります。
大きな変化を出すことができる目頭切開の手術には、Z法やW法(内田法)による目頭切開の種類があります。

目頭切開法のメリット

切開してから治るまでどれくらいの期間は?

目頭切開法で手術をすることが決まった場合、切開してから治るまでどれくらいの期間がかかるか気になる人も多いはずです。一般的には1週間程度で傷口がくっつくため抜糸を行います。それまでの間は傷口が目立たないように肌色のテープなどを貼って過ごすことになります。周りの目が気になる場合にはめがねを掛けていない人でもめがねを掛けるなどして過ごしてもいいでしょう。

目頭切開法の手術をするときの痛みはどうでしょうか。普通は局部的な麻酔をかけて行うため、手術をしても痛いということはありません。局部麻酔が効かないときには静脈麻酔を行います。ちなみに静脈麻酔は意識がなくなります。

目頭切開をする場合の費用

目頭切開をする場合の費用はどれくらいでしょうか。アットランダムに選択した4つの病院の平均値では、目頭切開の費用相場は23万2500程度でした。これは、クリニックによっても異なるため、一概にいくらぐらいと言うことはできませんが、安いところで20万円、高いところでも30万円ぐらいが相場になります。できるだけ安い手術を望んでいる人も少なくはありませんが、逆に安すぎても不安になるでしょう。

10万円ぐらいで手術できる場合があってもその医者の腕前が確かかどうかを事前に口コミや評判などで調べるべきです。目頭切開法を行って失敗してもすぐに元に戻すことは難しいですので、慎重に行うべきです。安い病院に注意しましょう。

もちろん手術が理想通りにうまくいけば、イメージががらりと変わり、気持ちも前向きになれるというメリットがありますから、手術を行うのであれば目頭切開や眼瞼形成の専門医師を選べればと思います。

失敗しないための美容整形の相談所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*