美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

鼻孔縁下降術のリスクを3個まとめました

正面や横から見たときに、鼻の穴の切れ込みがはっきりと見えてしまう、正面から見た時に鼻の穴が見えすぎてしまいコンプレックスに感じているという人に効果的な施術です。

鏡を見た時に、自分の鼻の穴が大きく見えるのが気になっている、という人も多いのではないでしょうか。そのような時に、鼻孔縁下降術は効果を発揮します。
鼻孔縁下降術は、小鼻の縁を長くすることによって鼻の穴を見えにくくします。

小鼻の縁を伸ばすと、鼻が下向きになるように見えるので、鼻の穴が目立ちにくくなるのです。

具体的な施術方法としては、耳から軟骨と皮膚と採取して小鼻に移植するという方法で行います。比較的傷跡が小さく、目立たないという点でも人気を集めている手術です。

しかし、鼻孔縁下降術は、効果の高い手術ゆえに、リスクも確かに存在しています。メリットや結果だけではなく、どのようなリスクが起こりうるかということについても、しっかり理解しておきましょう。

鼻孔縁下降術のリスク

リスクを未然に防ぐには

鼻孔縁下降術のリスクには、さまざまなものがあります。

まず、手術の結果によっては、鼻の穴の形状が左右非対称となって、不自然に見えてしまうという点が挙げられます。鼻の全体的なバランスが崩れてしまい、再手術が必要となることもあります。さらに、切除や縫合の技術が低い医師に施術を依頼してしまうと、傷跡が目立ってしまい、気になってしまうというリスクも考えられるでしょう。

また、術後の腫れや痛みが長く続いてしまうという人もいます。皮膚が炎症を起こしたり、化膿してしまうということも考えられるので、気をつけておきましょう。アレルギーを持っている人などは、痛みやかゆみが出ることもあります。

このような、鼻孔縁化後述のリスクを未然に防ぐためにも、できるだけ鼻孔縁下降術の経験と技術を持った名医に手術を依頼するようにしましょう。鼻孔縁下降術の名医を探しているという時には、お気軽にご相談ください。こちらで名医のご紹介をしております。

必見!鼻孔縁下降術の3つのリスクをまとめます!効果が無いこともあるため、注意されてください。

軟骨が吸収される可能性

鼻孔縁下降術は、鼻の穴が大きく見えてしまう状態を改善するには効果的な方法です。施術は軟骨を移植し縁の位置を下げる必要があります。鼻の中を切開するので傷跡は目立ちません。

しかし、デメリットには時間の経過とともに軟骨の吸収されてしまうリスクがあります。当然吸収されれば、元の状態に戻ってしまいます。

効果が得られない事もある

鼻孔縁下降術では、鼻の穴が目立つブタ鼻と言われる症状の改善には心強い施術方法です。軟骨の挿入によって理想的な鼻に近づけますが、医師の判断やセンスが大きく左右します。

人により鼻の形が異なる為、医師の技術力によっては異様な形になったり改善効果が無いなどのリスクがあります。医師選びは慎重に行う必要があります。

感染症になるリスクもある

美容整形全般に言える事ですが鼻孔縁下降術は、切開や挿入を伴う手術で傷口より雑菌の侵入があり感染症になるリスクもあります。

衛生上しっかりと管理されていないクリニックであったり、医師の処置が不十分な場合はこの様なリスクが起きる事があります。気が付いた際には早めの処置を行う必要があります。

当相談所の活用がおすすめ

鼻孔縁下降術は、コンプレックスである鼻の改善には理想的な方法ですが、失敗する事例も後を絶ちません。修正手術には精神面や肉体面そして金銭面でも大きな負担となります。

リスクを少しでも減らす為には、名医と呼ばれる方を探す必要があります。個人的に探す事が難しい場合は、こちらの相談所で名医を紹介して頂く事をおすすめします。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*