美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

鼻尖縮小術の効果【鼻は眉間から鼻先まで整えよう】

鼻尖縮小術は、だんご鼻や鼻が大きい人に効果が実感しやすい手術です。鼻尖縮小術は別名鼻尖形成術やだんご鼻修正とも呼ばれています。

鼻先の軟骨が発達しすぎていたり、鼻先の脂肪が多すぎると、だんご鼻になってしまいます。

鼻尖縮小術では発達しすぎた軟骨を切り取って鼻筋を細くしたり、鼻先の余分な脂肪を除去して軟骨を中央に寄せて尖った鼻に整えることができます。

切開や縫合は鼻の内側から行うことができるので、傷跡が目立たないのがメリットです。

術後は1週間くらいギプスで固定して軟骨の状態を安定させる必要がありますが、強い痛みを感じることは少なく、効果が半永久的に続くのが特徴です。
ただし、これはあくまでうまく仕上がった場合の話です。

どんな手術でも失敗のリスクはつきものです。また、術後の腫れ具合と期間にも個人差があるので、1週間経っても腫れが残ってしまうこともあります。

後遺症が少ないと言われていますが、確率が0ではないので注意しましょう。

鼻尖縮小術の効果

体への負担は大きい?

だんご鼻は幼い印象を与えてしまいます。丸っこい鼻がチャームポイントになることもありますが、これが嫌な人には鼻尖縮小術は効果があります。

鼻先の軟骨や脂肪を除去して、軟骨を中央に寄せて縫い合わせる手術で、細くとがったスマートな鼻に整えることができます。

鼻尖縮小術は、だんご鼻以外にも鼻先が太いことで悩んでいる人にも効果的です。手術は軟骨の発達と脂肪のつき具合で術式を選ぶのが特徴です。

施術時間は約60分が目安ですが、軟骨の発達具合や脂肪のつき具合によって時間は変わります。

麻酔は普通は局所麻酔なので、意識がある状態で行います。

意識があるのは怖いという場合には眠った状態でできる静脈麻酔を使うこともありますが、こちらは体への負担が大きいので普通は局所麻酔となります。

鼻尖縮小術は鼻先の軟骨や脂肪を操作してだんご鼻や太い鼻先を解消する手術です。

手術には失敗のリスクがつきものなので、少しでもリスクを低くするために当相談所にて、美容整形相談をしておくようにしましょう。

愛沢えみりになるための鼻の整形方法とは?

眉間から鼻先までしっかりとしたきれいな鼻筋が愛沢えみりの顔の魅力ですが、似せた鼻になりたいのであれば、低くなっている部分をバランス良く整える形成を受ければだいぶ近づくことができる可能性が高まり、代表的な術式にはプロテーゼを挿入する隆鼻術が行われています。

多くの整形クリニックにおいて用いられていて、実績を積んでいる医師の数も多い術式ではありますが、個々の骨の状態や顔の各パーツのバランスなどによっては難しい施術になることもあるので、慣れているからと手を抜いたりせず、何度もシミュレーションを繰り返したり、デザインをこだわって行ってくれる医師のもとで受けることが大切です。

骨の形に合わせてプロテーゼを削って形を整えていかないと、不自然な盛り上がりや浮き、歪みが生じてしまうケースがあります。

鼻先まであるようなL型を使わない医師も増えてきていて、皮膚が引っ張られて圧迫がかかって薄くなり、ぽっこりと盛り上がって異物を入れていることが分かる状態になってしまうことも多いからです。

リスクが高い施術は確かな技術がある医師のところで受けないと、失敗につながりますし、今後修正や鼻先が痛むリスクを回避したければI型を利用したほうが安心できますから、医師と十分に相談を行って決めたほうが良いです。

眉間から自然な高さにするためには、画像データなどを駆使しながらシミュレーションを行ったとおりの施術を再現できる腕が必要で、より経験値が高い医師の方が仕上がりが綺麗になる期待が持てますし、万が一失敗した場合の対処も安心して任せることができます。

当相談所で名医のご紹介をしておりますので、愛沢えみりのような鼻筋になるためにプロテーゼ挿入を行いたいならお気軽にご連絡ください。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*