美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

下眼瞼切開法の失敗4つと修正手術を口コミからまとめました

顔というのは、特に人目に付き易い場所であると言えます。そのため、年を取るにつれて老いというのも、目立ち易くなってしまうものです。

そのため美しくあり続けたいと願う女性の多くも、念入りに顔の肌をお手入れするものの、ある時期から顕著となる老化を止める事は難しくなってしまいます。

その結果、目の下に目立つ形でたるみや皺が出来てしまうのです。

そんな厄介な目の下のたるみや皺は、自力で改善するのは困難だったりします。ですが美容クリニックに行き、下眼瞼切開法の手術を受ける事で、改善が可能です。

というのも下眼瞼切開法は、たるみや皺が出来る原因となる、下瞼の脂肪や余った皮膚を切除するという術式だったりします。根本原因を取り除く事が出来るので、目の下のたるみや皺を消して、顔の若返りを実現する事が可能です。

その様に若返りを実現する下眼瞼切開法ですが、リスクも存在するので注意する必要があります。

特に多いのが、脂肪を除去し過ぎた事により、下瞼がへこんでしまった状態のまま戻らなくなってしまう事です。更には切り開いた下瞼を縫い付ける際に失敗すると、目が小さくなったり、釣り目になってしまう事もあるので、注意が必要だったりします。

下眼瞼切開法の修正

上手な医師・クリニックの特徴

下眼瞼切開法は下まぶたに溜まった脂肪や、余分な皮膚を切り取ることで目の下のしわを改善する方法となります。

しかし、この方法を行っても目の下のたるみや膨らみが改善されなかったり、逆に皮膚を切り取りすぎて凹みや下まぶたが反り返ってしまう恐れがあります。

この場合修正の手術を受ける必要も出てきますが、手術を繰り返せばそれだけ負うリスクも増えます。

そこで大切になるのが、上手な医師に手術を依頼することです。上手な医師の特徴としては、患者の想いを第一にしていることが挙げられます。

整形手術を行う前に、医師と患者で治療方針などを決める為に、カウンセリングが行われます。その際、上手な医師の場合は笑顔を交えながら、じっくりと患者と話し合います。

もし患者から何か質問が出れば丁寧に答えます。また、患者の要望を聞いたうえでいくつか選択肢を提示し、その中で最も患者に合ったものを一緒に選んでいきます。

そして上手な医師の場合、リスクについてもしっかりと説明します。

例えば下眼瞼切開法の場合ですと、状況が改善されない場合や、悪化する場合、また白目や角膜を傷つける恐れもあります。

上手な医師の場合はそのリスクについてもしっかりと説明したうえで、患者に手術を受けるか検討させます。

アンチエイジング整形だが、失敗例もある

下眼瞼切開法は、下瞼のたるみやシワを解消するアンチエイジング効果の高い美容整形術です。

瞼のたるみをしっかり取り除くことが出来るのが下眼瞼切開法の魅力でありつつ、傷跡が目立ちにくく腫れも引きやすいため、ダウンタイムが短くて済み、日常生活にさほど支障が出ないというメリットもあります。

しかし、下眼瞼切開法は皮膚の切開を伴うため、失敗が起こるリスクもあります。

特に多いのが目元の印象が変わってしまうということです。

これは良くも悪くも元々あったたるみやシワを手術によって取り除いてしまうため、大きく見た目の印象が変わってしまうことから起こるのですが、余剰皮膚を取り除きすぎてしまった場合、たれ目のようになってしまうことがあります。

たれ目にしたかった場合は問題ありませんが、アンチエイジングが目的であった場合、目元の印象が変わりすぎるのはマイナスといえるでしょう。

下眼瞼切開法の失敗

 

後遺症が残ることも

その他の失敗としては後遺症が残るケースがあります。

例えば、目の充血が引かなかったり、瞼が閉じにくくなった、外反や三白眼になった、逆にゴルゴ線やくまが目立つようになったというようなケースです。

これらは上記のように余剰皮膚を切除しすぎてしまったことや眼輪筋という筋肉を切除しすぎてしまったことなどが原因で起こります。

もしも、手術に失敗してしまった場合の修正は、真皮移植や軟骨移植などが考えられますが、どのような方法になるのかは状態にもよりますし、病院によっては新たな費用が発生する可能性も考えられます。

ですので、修正の必要が出ないようにするためにも、自らが気を付けなければいけません。

下眼瞼切開法の失敗や後遺症が起こる原因の多くが医師の技術不足によるものであることが多いため、予防するためにはまず下眼瞼切開法の症例数が豊富な病院、実績のある医師を探すことが重要です。

また下眼瞼切開法と一口にいっても、いくつかの術式がありますので、カウンセリング時にそれらをしっかりと確認するようにしましょう。

下眼瞼切開法の失敗

下眼瞼切開法での失敗、「傷跡」の状態って?

下眼瞼切開法は、傷跡が目立ってしまうこともある治療法になっています。メスで下瞼を切り取っていくような治療法であり、切る場所と縫合の技術によって、仕上がりが大きく変化してしまうため、きれいに治療をしてもらえた人が多いクリニックを見つけて治療を依頼することが大切になっているため、たくさんの口コミをはじめとする情報を比べておくことが大切です。また、他の治療法についても医師に相談することが重要です。

くま・たるみが取れないこともある

下眼瞼切開法は、治療を行っても、くま・たるみが取れないこともあります。くまやたるみの原因によっては、治療効果がほとんど感じられることがないため、しっかりとしわやたるみの状態を確認して治療を行ってもらう必要があります。たるんでしまった皮膚を切除するような治療方法になっているため、脂肪がたまったことによって生じたものなどは、違う治療法を選んで治療してもらうことが重要になっています。

腫れや内出血が長引くこともある

下眼瞼切開法は、腫れや内出血が長引くこともある治療方法になっています。下瞼周辺の組織をメスによって切り取る治療内容になっていて、血管などに傷をつけることによって、腫れなどが長引いてしまうことがあります。

そのため、腫れや内出血などのアフターケアが充実している環境で治療をしてもらうことが大切になっています。治療結果なども調べておくことが重要であり、口コミなどを参考にしておくことが大切です。

トラブル例と修正手術の方法まとめ

修正に踏み切る前に!下眼瞼切開法のリスクについてまとめます。

下まぶたがたるんでいると、より年をとっているように見えてしまいます。そこで下まぶたのたるみを改善するための方法として、下眼瞼切開法があります。この方法は、下まぶたのまつげの際の部分に切り込みを入れ、脂肪と余分な皮膚を切り取る方法となります。

しかし、下眼瞼切開法には、いくつかリスクがあります。そしてリスクの内容によっては、修正手術が必要になる場合もあります。

まず挙げられるのが、膨らみが残った場合です。脂肪が膨らみの原因の場合は再度切り開き、残った脂肪を取り除きます。一方、下まぶたが凹み過ぎてしまった場合は、ヒアルロン酸の注射を行います。この場合、ヒアルロン酸の効果は1年ほどなので、1年に1回は注射が必要となります。

また、皮膚の切除量が多いと、下まぶたが反り返ることがあります。この場合新しく皮膚を移植して修正を行いますが、この時別の傷が残ることがあります。

また、手術を行ったものの、皮膚のたるみや細かいしわが残ってしまった場合には、皮膚の切除やリフトアップなど、修正手術を行う必要がでてきます。しかし、修正手術を行ったからといって、必ずしも臨んだ結果が出るわけではありません。場合によっては皮膚や筋肉にダメージを与え、痛みや別のリスクにつながる恐れもあります。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

下眼瞼切開法は下まぶたにある余分な脂肪や皮膚を切り取ることで、たるみを改善する方法となります。

しかし下眼瞼切開法を行った際に、十分に脂肪や皮膚を取り切れていないと、状況が改善されない恐れがあります。また、脂肪や皮膚をとりすぎてしまうと、修正のために再び手術が必要となってしまいます。

そこで大切なのが、上手な医師を選ぶことです。上手な医師は患者の意思を尊重します。カウンセリングに時間をかけ、患者の不安にもしっかりと答えます。また、リスクについてもしっかりと説明を行い、選択肢もいくつか提示されます。

下まぶたのたるみを改善したいと思っていても、下手な医師が下眼瞼切開法を行ってしまうとそれだけ失敗するリスクも高まります。

手術に失敗すると修正のために再び手術を行わなければならなくなり、修正のための手術によりさらにリスクを負う恐れもあります。すこしでもリスクを減らすためには、やはり上手な医師に任せたいものです。

そこで当相談所では、おすすめの病院を紹介しています。少しでもリスクを減らすためには、名医がいる病院に行くことが大切になります。良い病院には良い医者がいるためです。

もし少しでも不安があるなら、まずはお気軽にご連絡いただけたらと思います。

よい治療のためにおすすめなこと

下眼瞼切開法は、目の下のしわやたるみを効果的に治療をすることができます。しわやたるみの原因になっている余った皮膚を切り取ってもらうことができるため、顔の印象を良い方向に変えていくことができます。

しわなどを改善できるため、よい治療にはなっていますが、リスクも様々あるため、注意が必要です。

リスクを考えて、よい医師を探して治療を行うことが大切になっていて、こちらの相談所までお問い合わせ頂き、口コミなどを参考にすることをおすすめします。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*