美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

あご削りのメリット、釈由美子さんの様にシャープな輪郭を作るためには?

メリット:半永久的

アゴ削りは、顎の骨を削ったり切ったりして輪郭を変える手術なので、大きな変化を得ることができるでしょう。ヒアルロン酸やボトックスを注入して、形を変える方法もあります。

しかし、ヒアルロン酸やボトックスは時間が経つと脂肪などと中和していき、効果が見られなくなってしまいます。定期的に行わなければいけないので、何度も費用がかかってしまうでしょう。

ヒアルロン酸やボトックスの場合は、元の形に戻ってしまうことがありますが、あご削りを行えば半永久的に、希望した形を保つことが可能でしょう。

しかし、骨を削ることで、戻す事はできないので、形に不満が出てきたからといって、すぐに形を戻すことも出来ないので注意しましょう。

あご削りのメリットとは?!

釈由美子の輪郭になるための整形とは?

小顔形成をするときには、骨の状態を詳しく調べて希望するデザインにするためにはどこまで削る必要があるのか正確に分析する必要があります。

失敗して人工骨を入れるようになってしまうと、傷跡も大きくなってしまうからです。

エラが張っている人は1cm程度削るだけでも大きな変化がありますが、釈由美子のような輪郭を目指すのであれば、広範囲を削らないとバランスが取れない場合があって、3次元CTや頭部X線写真、オルソパントモグラムなどを用いてあらゆる角度から骨の状況を確かめて、シミュレーションを繰り返す必要性があります。

エラ削りは口の開け閉めやかみ合わせなどに影響が出かねない部分で、重要な神経も近くにあるため誤って傷つけないように慎重に削る必要性がって、皮膚の剥離なども丁寧に行われないと消えない跡が残る危険性があります。

エラ削りだけ行ってしまうと前面にボリュームが残ってしまう場合があるため、頬骨削りを行うことできれいな卵型に正面から見てもなるように形成して、小顔になる重要なポイントでもあります。

デコボコしたり、陥没することがないように慎重に削って整えていく必要があって、あまり骨がなくなってしまうとのっぺりとした顔になってしまいます。

輪郭が整うか重要なのが顎の部分で、エラ削りから顎削りまで行わないときれいなラインができない人は大勢います。

正面や横顔、斜めから見ても形が整うように顎削りが必要で、鼻と唇と顎を結んだラインがきれいに並ぶように仕上げる必要性があるため、デザイン力と医師の技量がないと崩れた輪郭になる恐れがあります。

名医のご紹介は日々行っております

整形だけでなく、解剖学にも精通している医師であればより正確な対応が期待できます。

釈由美子のような理想的な小顔になるため輪郭形成するには、骨を削って整えないときれいな形にならない人もいます。3次元CTや頭部X線写真等を駆使してデザインを決めていく必要があります。

当相談所で、釈由美子のような小顔に形成してくれる名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

デメリット・悪い点

また、あご削りは顔の外側から行うのではなく、口内から行ないます。

口内からなので口内の衛生管理をしばらくの間気をつけなければいけません。

また、食べられるものや食べられないものの制限があるので、好きなものを食べられなくなってしまうということも、考えられます。

しかし、顔の表面にメスを入れる必要が無いので、目に見える傷が顔に出来てしまう事はありません。

顎の骨の形が変わることによって、顎の力が弱まってしまう可能性もあります。

また、顎の力が弱まることで、手や腕に入る力を踏ん張る時に、顎の力を利用している場合、力の入り加減も自ずと弱まってしまう場合があります。医師としっかりと相談した上で手術をするかどうかを決めると良いでしょう。

あご削りは全身麻酔を用いて行われるのが一般的で、意識がないうちに行われるので、手術中の痛みは感じません。

費用は個人差があり、一概にはいえませんが、相場としては約50万円から100万円ほどで行うことが可能です。

病院選びは料金で決め手はなりません。当相談所では、医師の技術力の査定を行っておりますので、お気軽にご相談いただければと思います。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*