美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

眉下切開法(上眼瞼リフト)の失敗を4つまとめてみました

上眼瞼リフトは、眉毛の下を切開して目のたるみを取る手術です。瞼の上のたるみ取の手術には、多くの治療方法がありますので一つずつ理解をして納得のいく手術が出来ればと思います。失敗しないための名医選びについて解説しております。

眉下切開って?

瞼が腫れぼったい状態だと、常に眠いような印象を周囲に与えることになります。鏡で自分自身の顔を見るときにも、瞼の腫れぼったさがコンプレックスになり、精神的に辛い状態へ陥ってしまいます。

この瞼の腫れぼったさを取り除く、美容治療が存在します。眉下切開(上眼瞼リフト)がそれに該当します。

眉 下切開法(上眼瞼リフト)は眉毛の下部分の縁にそってメスを入れ、皮膚のたるみや厚みを取り除く方法です。眉のラインにメスを入れますので、傷跡が残りに くいというよさがあります。

また、二重瞼にはあまり影響を与えませんので、自然な目の状態を残しつつ、瞼の腫れぼったさを取り除くことが可能です。

眉下切開法(上眼瞼リフト)の失敗

眉下切開の失敗例

上眼瞼リフトにおいて一番大きい失敗例は、傷跡の問題とリフトアップ効果を感じられなかったという失敗例です。こ

れは、十分な量の皮膚切除や内部処理が出来ていないことによるものです。

一般的な上眼瞼リフトと違って、眉下の拡大切開であれば大変大きな効果が上がります。

成功すれば効果性も高い眉下切開ですが、失敗すればいびつで不自然な目のカタチになってしまいます。

いかに体験として寄せられている失敗例についてをまとめましたので、具体的に起こり得るトラブルについて解説していきます。

傷跡が目立ちがたがたに

眉下切開法(上眼瞼リフト)は便利な治療法ですが、失敗をすると、目元の印象が変わってしまいます。まず、傷跡の失敗があります。眉下切開法(上眼瞼リフト)を行うと、切開した部分の眉毛が生えてこなくなるリスクを伴います。こうなると傷跡が目立ってしまいますので、眉毛を残す技術のある美容外科に頼ることが大切です。

縫合の仕方によっても、ガタガタな皮膚になる恐れがあります。

勿論、上手いドクターを選べば、このような失敗をしても修正できる可能性があります。一度傷跡部分の皮膚を切除してしまい、再度一本の傷に統一させます。腕のよい医師のもとで修正手術を受ければ、傷跡を目立たなくさせることができます。

傷跡の赤みは術後半年程度経ってから消失していきますが、傷跡が汚く仕上がってしまう失敗もあります。手術後に喫煙をすると傷跡の直りが悪くなりますので、アフターケアには注意しておいてください。

またこだわる病院だと傷跡を最小限にするために、半年間分の内服薬や傷跡クリームを処方してくれるドクターもいます。当相談所でも名医のご紹介の際にご説明しております。

眉毛が下がってしまう

眉下切開法(上眼瞼リフト)を受けると、多少眉毛が下がりやすくなります。これは全長切開による眉下切開ができないドクターの基で手術を行いますと起こり得る失敗例です。尚、全長切開に対応している名医は上位1%ですので、十分に注意して医師選びをしましょう。

また目と眉毛の距離が短い人は、眉下切開法(上眼瞼リフト)の利用は控えた方がよいでしょう。きちんとした医師であれば、この治療法が不適切であることを事前に教えてくれます。

左右差

切除量は左右の筋肉や皮膚の量などによって変えなければなりませんが、この微妙なバランスを崩してしまうと左右差による失敗が起こってしまいます。そのため、左右の目で瞼の腫れ具合や、形状が異なりますので、左右差が生まれて不自然な印象になる心配も捨て切れません。

たるみに変化が出ない・効果が無い

たるみ取りの手術ですが、たるみに効果が出ないこともあり得ます。効果が無いという事は目の上のたるみが取れないというだけではなくて、眼瞼下垂が改善しなったり、額のしわが消えなかったりという事も考えられます。

眉下切開法(上眼瞼リフト)の効果には限界がありますので、十分な効果が出ない場合があります。そのような時には、別の手術を併用する形で治療を受けると、理想通りの見た目に近づけることができます。

医師選びをする上で重要なのは、若返りの整形におけるオーソリティの高い医師であるかどうかです。目の手術だけではなく、アンチエイジングの治療領域が求められています。

上眼瞼リフトの口コミ・体験談・評判

眉下切開法(上眼瞼リフト)の失敗

女性 上眼瞼リフト 口コミ・体験談・評判

目の上がきになり少し自分で調べていたら眉毛下切開(上眼瞼リフト)という手術を見つけて、こちらも合わせて考えています。高須や湘南などで、この施術が得意な方はいらっしゃいますでしょうか?東京か千葉周辺で名医が知りたいです。

女性 上眼瞼リフト 口コミ・体験談・評判

3年前に上眼瞼リフトを行い、傷跡が目立ってしまった失敗を経験しました。その後修正できないかと思い、フラクショナルレーザーを受けましたが改善されず、今に至ります。担当医はこれ以上は治らないの1点張りで、気落ちしています。このまま何もしない方が良いでしょうか。

失敗を避けるためにも、上手い医師に相談しましょう

上眼瞼リフトの失敗やリスクについて解説しています。また全国の名医をご紹介しており、ご優待紹介状の発行も致しております。またご相談所のやり取りの中では、上眼瞼リフトのメリット・デメリット・料金・効果・ダウンタイム・名医選びについてまとめていますので、お気軽にご質問ください。

眉下切開の技術差は結構あって、下手な医師が治療を行えば、上述した様な失敗につながってしまいます。もし万が一、手術の結果が悪ければ、再手術となりますが、少なくとも3~4か月以降となってしまいます。

失敗してしまっている症例はどうすればよい?

勿論、失敗をしていなくても、デザイン的なトラブルも起こり得ますが、致命的なミスも起こっているのが現状です。
手術によって差が出るため、医師の技術は最も大切です。明らかに差があれば、修正手術を依頼しましょう。

名医を選ばなければ、眉下切開は失敗すると考えておいてください。そのため、医師選びは慎重にしなければなりません。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*