美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

涙袋形成のメリットを芸能人を例にまとめてみました

涙袋とは下まつげのすぐ下の部分にあるふくらみのことをいいます。近年、この涙袋をふっくらとさせる涙袋形成が人気をあげています。
涙袋形成は注射だけでわずか10分ほどで完了するプチ整形です。

手軽に短時間で目元の印象を変えることができるので、時間がなく短時間で印象を変えたい人にはおすすめです。

一般的な施術はヒアルロン酸を下まつげの下の部分に注入することで、涙袋形成をすることができます。その他に脂肪注入やシリコンを注入する方法もあります。

ヒアルロン酸の注入は鏡を見ながら、自分の好みの大きさを確認しながらおこなうことができます。

涙袋形成のメリット

涙袋形成のメリット

それでは涙袋形成のメリットとはどんなことでしょうか。そのメリットはなんといっても手軽さでしょう。

カウンセリングを行った日にそのまま受けられることもでき、基本的には洗顔やメイク、シャワーも当日から可能です。またコンタクトレンズも当日から使用することができます。

また、涙袋形成は目力をアップさせるのに、とても有効な方法です。涙袋はふっくらとさせることで、優しさやかわいらしさや色気が出たり、目が大きく見えるという効果があります。

特に笑った時にぷくっと膨れる涙袋は、かわいらしいチャームポイントにもなるでしょう。また、目の下にできてしまった小じわも伸ばすことができます。

ヤン・ミー(楊冪)になるための目になるために必要な整形

人にきつい印象を与えてしまいがちな一重まぶた。まぶたについている脂肪の量によっては、眠たそうに見えてしまったり、目が小さくてメイクが映えないという悩みもあるかもしれません。

日本人に多いと言われており、全く気にしていない人もいれば、性格や人間関係に影響を与えるほど、心の底から悩んでいる人もいます。

自分の努力だけで二重にする方法もたくさんあるようですが、まぶたの脂肪が厚い人だと、トレーニングやコスメでは効果が無い場合が多いようです。そんな人は思い切って美容整形を考えてみてもよいのではないでしょうか。

コンプレックスが解消されれば、ヤン・ミー(楊冪)のような顔になることもできます。

ヤン・ミー(楊冪)のような目にするためには、まずは二重まぶたにする必要があります。

埋没法はプチ整形として人気がありますが、元に戻りやすいので、しっかりした効果を得たい人には切開法がおすすめです。

くっきりとした並行型のラインを形成することができます。

ヤン・ミー(楊冪)のようになるには、涙袋形成も必要です。涙袋があると、いつも微笑んでいるような優しい印象になるだけではなく、目を大きく見せることもできます。適量のヒアルロン酸を注入することで作ることができます。

これまではアイプチやメイクでごまかしていたとう人も、整形によって魅力的になれば、自信を持ってすっぴんになることができます。コンプレックスが解消されることによって性格まで明るくなる人も多いようです。

思い切って受けてみる価値はありますが、整形である以上、リスクはあるので、担当医は慎重に選ぶ必要があります。

当相談所では名医のご紹介をしておりますので、二重まぶた形成を検討している人は、お気軽にご連絡ください。

アレルギーについて

ヒアルロン酸を注入することで、アレルギーが起こったらどうしようと不安になる人もいるかもしれませんが、ヒアルロン酸は体内に存在するものなので、アレルギーの心配もありません。

もとから体内にある物質のため、安全性が確認されていて、多くの治療にも使われているので、安心して使うことができます。

涙袋形成は手軽にできる施術であるため、半永久的に効果を持続させることは難しく、数ヶ月から数年でもとの状態に戻ります。

注入したヒアルロン酸は体内に吸収されるので、必要に応じて、繰り返し注入を繰り返す必要があります。
手軽にできる涙袋形成で、イメージチェンジできるといいですね。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*