美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

鼻尖縮小術のデメリットって何が考えられる?

鼻尖縮小術のデメリットとは?

鼻尖縮小術は、だんご鼻の状態を小さくし、目立たなくさせる施術です。鼻の頭が丸みを帯びていることをだんご鼻といいますが、生まれつきの鼻の形状ですので、化粧品やマッサージなどでは形を変えることが不可能です。しかし、鼻尖縮小術を利用すれば、気になるだんご鼻から解放されます。鼻先をすっきりしたい人に、おすすめの施術です。

ただし、メスを使った施術になりますので、デメリットは当然ながら存在します。鼻腔内にメスを入れますので、傷跡に関しては目立たずに済みますが、鼻腔内という表面からは確認しにくい部分にメスを入れることから、手術医の技術が出来栄えを左右します。

未熟な手術医のもとで受けると、鼻尖縮小術の効果が殆ど得られなかったり、形状が歪になるなどのトラブルが発生するリスクが上がります。

まずは鼻尖縮小で起こり得るデメリット・リスクの例をまとめましたので、ご覧ください。

このデータは、相談窓口で集計した、鼻尖縮小のデメリットの人数です。鼻尖縮小をしてデメリットを感じている方を対象に、集計いたしましたので、失敗した方が、どのようなデメリットで悩んでいるかを参考にしてみてください。

鼻尖縮小術のデメリット

PollyBeak変形

ポリービーク変形によるデメリットは鼻尖縮小ではたびたび指摘されているトラブルとなります。このデメリットは、通称、オウムの嘴と言われておりますが、鼻先が不自然に膨らんでしまうデメリットです。そもそも、無理なデザインで鼻尖縮小を行うとこのリスクをはらみます。

不自然なピンチノーズ

これもポリービーク変形と同様に、鼻尖縮小術のデメリットの代表的な例です。

特に、切らない鼻尖縮小術で起こり得るデメリットであり、注意が必要です。安い鼻尖縮小術を受けようとすると、ピンチノーズのリスクは高くなるのですが、それは糸を簡単に縛るだけの手術である可能性が高いためです。

安かろう悪かろうという事です。

美容外科選びは重要です

鼻尖縮小術のデメリット

鼻尖縮小術で失敗をすると、修正が難しいというデメリットを持っています。ヒアルロン酸を注入する美容整形であれば、分解する専用の薬剤がありますので、これを注入するだけで割と簡単に治すことが可能です。しかし、鼻尖縮小術はメスを入れて鼻の形状自体を変化させますので、下手に施術をして形が歪になった鼻を整えるのは、困難を極めます。

美容外科選びが大変重要であることを、予め覚えておきましょう。

デメリットを最小限にできるクリニック選びを

ダウンタイムがやや長いというのも、この施術のデメリットです。見た目自体は数日から数週間くらいで問題はなくなるものの、鼻の形が落ち着くまでには、1ヶ月くらいの時間を要します。鼻の部分をマッサージしたいのなら、術後1ヶ月以上の時間をあけて行ってください。そうしなければ、鼻の形が悪くなるなどの失敗を引き寄せてしまいます。特にフェイシャルエステなど、鼻をいじる施術の利用には注意しましょう。

運動に関しても1ヶ月くらい様子を見てから、慎重に行う必要があります。

確かな技術と知識を持つ、名医を探すのがやや難しいのが、この美容整形のデメリットです。当相談所ならば、名医を紹介する体制が整っていますので、お気軽にご利用ください。

失敗しないための美容整形の相談所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*