美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

自家組織移植の失敗が怖いのはナゼ?

自家組織移植を使って隆鼻術などを行うこともありますが、自家組織移植は失敗した時にリスクが高い方法です。
自分の組織を使うので、体が異物反応を起こしにくいというメリットがあり、仕上がりも自然になるのですが、失敗した場合にはシリコンプロテーゼ挿入などと違い、簡単に除去することができないからです。
組織がくっついてしまうと綺麗に剥がすのが難しく、凸凹になってしまう可能性もあります。
プロテーゼ挿入に比べて調整が難しいというデメリットもあるので、単に鼻を高くしたいというのであればプロテーゼ挿入のほうが安全と判断されることもあります。また、自家組織移植は自分の組織を移植する手術が事前に必要なので、何箇所も切らなければいけないので体に負担が大きいです。
手術時間が長くなれば麻酔の量も増えますし、作業も大掛かりになります。
費用も30〜60万円と高額なので、修正したい場合にお金が足りなくなってしまう可能性もあります。

jika

手術の前に慎重に失敗例など検討すること

自家組織移植で使うのは、耳介や肋軟骨などの軟骨や、筋膜などの組織です。
この部位から組織を採取して、鼻先などに移植します。こうすることで鼻を高くできるのですが、失敗した時に修正が困難になるのが怖いところです。
プロテーゼは失敗しても正しく入っていれば抜き取って、ヒアルロン酸注入や新しいプロテーゼを入れるという修正ができますが、自家組織移植では組織が生着してしまうと簡単には除去できなくなります。
大掛かりな手術になるので、局所麻酔だけではなく手術中の意識がなくなる静脈麻酔を打つこともあります。
麻酔で意識を失うということで、鎮静、鎮痛、静止効果が高いですが、体を麻痺させている状態ですから、心臓などの器官に負担がかかります。
修正が難しいというのが一番厄介な問題なので、本当に自家組織移植を受けるべきなのかどうかを慎重に検討するようにしましょう。
クリニックの情報は、美容整形の相談所で集めることができます。

自家組織移植の失敗

自家組織移植の失敗で「抜去が困難になる」ってどういうこと?

自家組織移植による美容整形は、抜去が困難になることがあります。時間がたつにつれて、移植をした軟骨と体の組織が癒着してしまうため、場合によってはかなり困難な抜去手術になることがあります。メスで大掛かりに切除をする必要がある手術をする可能性が高くなってしまうため、治療をした後に、新たなものを体に移植して取り換えるような治療をするときには、さまざまなリスクがあるため、注意をしていく必要があります。

軟骨の吸収が起こる可能性がある

軟骨を利用した自家組織移植による美容整形は、軟骨の吸収が起こる可能性があります。体内に移植した軟骨を入れておくと、徐々に吸収されていき、場合によっては、移植した部分の組織が変形していく可能性があるため、リスクを考えていく必要があります。医師に治療内容をしっかりと確認してから、治療を行う必要があります。時間がたってから軟骨を取り出す必要がある可能性もあるため、総合的にいろいろなことを考える必要があります。

鼻筋が太くなることがある

自家組織移植で行う鼻の整形手術は、鼻筋が太くなることがあります。軟骨をいろいろな場所から摂取をして治療をするため、摂取した軟骨の大きさによって、鼻筋の仕上がりが大きく変わっていくことがあるため、治療技術が高い医師を探していくことが重要になっています。また、鼻の仕上がりに関する希望を医師にしっかりと伝えていくことも大切になっていて、カウンセリングをする時間を十分に確保できる環境も選ぶ必要があります。

名医を選んで治療をしてもらうこと

自家組織移植による美容整形は、シリコンなどのほかの素材を入れる治療法よりも安全性が高い治療法とされていて、アレルギー症状などがほとんどない治療をしてもらうことが可能になっています。人気の治療法であり、多くの治療実績があるような治療になっていますが、治療に関するさまざまな問題が起こることもあるため、名医を選んで治療をしてもらうことが大切です。そのため、口コミなどを見比べていくことが大切です。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*