美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

目尻切開のリスク

目尻切開のリスクとして比較的よくあるのは、目の乾きが気になってしまう、ドライアイの症状です。手術のレベルにもよりますが、今までよりも横に目尻は広がりますから 、毎回の目を開けたり閉じたりの同竿の際には、些細にでも影響は出ることになります。その影響はいろいろあって、現代人にも多くなっているドライアイが、手術で起こるケースがあります。

その他の失敗例についてご相談の中でしばしば報告されているものをまとめてみました。

目尻切開のリスク

目尻切開での失敗、「変化・効果が無い」状態って?

目尻切開は、変化・効果が無いこともあります。切開する部分が短かったりすることが主な原因になっているため、目の状態に合わせて、切開する部分を調整していくことが大切になっています。いろいろな目の治療をしてきて、目のデザインに定評がある医師に治療をお願いすることで、仕上がりを大幅に良いものにしていくことができるため、探すことが大切です。また、さまざまな治療も検討してもらって、よい形の治療を相談することも大事です。

後戻りすることもある

目尻切開は、後戻りする場合があります。正しい治療を行った場合には後戻りをすることがありませんが、治療に慣れていない医師が治療を行った場合には、後戻りをするケースがあるため、医師の治療の実績をしっかりと確認してから治療をしてもらう医師を選択することが大切になっています。また、目は、人の印象を大きく作用する体のパーツであるため、治療がしっかりとできる名医を探すことも大切になっています。

ピンク色の結膜が見えてしまう

目尻切開は、ピンク色の結膜が見えてしまう結果になることもあります。メスで目じりを切開するため、切開する度合いを間違えてしまうと、結膜が見えてしまうこともあるため、しっかりとした目のデザインを計画してから治療をしてもらうことが大切です。理想的なものを作るためのリスクについて検討しながら治療を進めていくことが大切であり、口コミをはじめとするいろいろなところで評判がよい医師を探していくことが大切です。

不自然・違和感

手術を失敗したら目尻は、今までより広がって幅が出るので、そのワイドになっただけ、まつげという問題も出てきます。メスを入れて無理やり広くするので、その上下には当然ながら、まつげが生えてはいません。目元のまつげは自然に生えているものですし、あるかないかでその人の目元の印象がおおきく変わってしまうものです。そのまつげがないわけですから、周囲から見ても目元には違和感を感じやすくはなります。

手術で広げた幅が広いほどに、まつげのないアイラインは非常に不自然になります。女性の場合は、アイメイクでカバーしようとチャレンジしますが、残念ながら毛がないためにそこには限界という壁が立ちふさがります。

目尻切開のリスク

よい治療のためにおすすめのこと

目尻切開は、たれ目の人や、童顔である人がよい効果を得やすい治療法になっています。横長の目元に仕上げていくことが可能であり、少しだけの切開でも、印象を変えていくことが可能になっています。しかし、切開する度合いで、目の印象がいろいろと変わってきてしまい、満足できるものにならないこともあるため、目のデザインの評判が高いような医師を見つけて、治療をお願いしていくことが重要なので、おすすめします。

安易にすすめる医師は疑う

目尻切開法の手術は、クリニックの明るい広告などを見る限りでは、いいことばかりの印象を持つでしょう、実際には多くの問題点を勃発させる可能性がハイレベルな手術です。それを美容外科医もしっていますから、クリニックでも率先してこの手術をすすめる医師は少ないのが現実です。

しかしエステみたいな華やかなクリニックの宣伝を間に受けた、美容医療の知識をあまり持たない人にとっては、魅力的に映るのが目尻切開の手術でもあります。実際にこれほどリスクの高い目元の手術でありながら、目尻切開をクリニックで希望される人は多いです。

美容整形での目元手術に対して、技術を持たない下手な医師にあたってしまうと、目尻切開をすることは非常に危険でもあります。リスクが高いだけに、安易にすすめる医師は疑ったほうがいいくらいです。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*