フェイスリフトの名医相談所|失敗 ・修正・リスク
フェイスリフトの名医相談所|失敗 ・修正・リスク

頬のたるみ解消の美容整形を徹底理解できるポイント10個まとめ

頬のたるみの美容整形の手術・レーザー治療

頬がたるんでしまうと一気に老けた印象となってしまいます。
これはコラーゲンの生成量が減少し、肌のハリや弾力が失われてしまう事で起こる肌の老化です。
肌の中の老化が原因ですので、スキンケアではなかなか改善しません。

ですが、頬のたるみの美容整形を受ければ、肌年齢を若返らせる事は可能です。
頬のたるみの美容整形には色々な施術法があります。

頬リフトとは?

頬リフトはフェイスリフトとも呼ばれますが、その治療法は様々です。

「切るリフトアップ」「糸で引っ張るリフトアップ」がメインですが、他にもレーザーをしようした方法や、ヒアルロン酸を注射する方法などもあります。

最も根本的解決になる頬リフトは「切るリフトアップ」です。

表面の皮膚だけ引っ張り上げてもたるみの根本的な改善にはなかなかなりません。

表在性筋膜(SMAS筋膜)という深い部分からたるみが発生している場合がほとんどなので、そこから不必要な皮膚を切り取りリフトアップする方法をとる医療機関が増えています。

その中でも「ウルセラ」は切らない美容整形と言われている程、効果の高い施術です。
ウルセラは超音波を集中的に照射する事で、肌の若返らせる効果を発揮します。
皮膚の下にある筋膜という部分を、リフトアップするのがウルセラの特徴です。

また外科的な手術では、スプリングスレッドリフトフェイスリフトなどが人気の手術です。

頬のたるみ解消の美容整形を徹底理解できるポイント10個まとめ

頬のたるみの美容整形のメリット・効果

筋膜は皮膚の土台となる組織なので、ここをリフトアップすると皮膚も一緒にリフトアップします。

皮膚だけをリフトアップできる照射系の、頬のたるみの美容整形もありますが、筋膜も一緒に持ち上げるウルセラの方がより若返り効果は高いのです。

ウルセラではコラーゲンを収縮し、施術直後に肌の引き締め感を実感できます。

また、コラーゲンの生成を促進する作用もあるので、施術後時間がたっても肌のハリ感は失われません。

個人差はありますがウルセラを1度受けたら、約1年程度は肌のたるみを解消できます。

効果が無い・たるみが取れない場合がある

頬リフトの施術を受けた人の中には、効果が無い・たるみが取れないと訴える人もいます。

これは、カウンセリングで医師と患者の間にきちんとした意思疎通ができていなかったことが原因と考えられます。

リスクを含めた説明をきちんと行う医師であるかは重要です。

施術法によって効果は異なるので、仕上がりのイメージをコンピューターで確認できると効果が無い・たるみが取れないというトラブルを回避することができます。

頬のたるみの美容整形のデメリット・リスク・後遺症

メスを一切使用しない頬のたるみの美容整形という事もあり、どこで施術を受けても効果は一緒と考えてしまう方もいるようですが、やはり直接顔に施術を行うので失敗のリスクは考えられます。

頬のたるみの美容整形の失敗・修正・トラブル

リフトアップ効果が出なかったり、ほかの治療の方がより効果を出すことができることも想定されますから、若返り治療の専門医を選びましょう。失敗例をまとめます。

リフトアップしない・若返らない

”頬のたるみの美容整形の失敗、「レーザー治療で効果が出ない」ってどういうこと?”

頬のたるみの美容整形は、リフトアップしない・若返らないことがあります。

たるみの度合いや肌質のタイプなどによって、美容整形の種類によっては、効果があまり感じられない場合があるため、たるみの状態をしっかりと見極めてもらうことができる医師を探して治療をしてもらうことが重要です。

多数の治療をすることができるような環境を見つけ出すことも大切になっているため、いろいろな情報を探すとよいです。

フェイスリフトによるひきつれ

糸による頬のたるみの美容整形は、フェイスリフトによるひきつれを生じることがあります。

糸を頬に張りめぐらせるような治療法は、強い力で糸を引っ張るような治療によって、表情を作るような筋肉に悪い影響を与えるので、顔がひきつれる状態になることがあります。

ちょうどよい強さで糸を引っ張る治療をしてもらえるような医師を探すことが治療の成功に重要になっているため、しっかりといろいろなことを調べることをおすすめします。

レーザー治療で効果が出ない

頬のたるみの美容整形は、レーザー治療で効果が出ない場合があります。

レーザーを照射することによって、肌の若返りの効果がありますが、肌の表面に良い効果を与えることが多く、深い部分まで治療が必要なたるみには効果が出ないこともあるため、注意が必要です。

たるみの状態がレーザーで解消できるかをしっかりと見極めてもらうことが大切であり、場合によっては、治療を変える決断をしてもらえる医師に治療してもらうことが重要です。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

頬のたるみの美容整形のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

気になるダウンタイムですが、施術後にほんのり肌に赤みが出るケースがあるようです。
赤みは早くで数時間、遅くても1週間ほどで自然と消えます。
アフターケアとしては紫外線を浴びないように注意しましょう。

頬リフトで起こる失敗例、腫れと内出血が強く出る状態とは

腫れと内出血が強く出る場合があります。

頬リフトでは、施術方法にもよりますが、腫れと内出血が強く出る場合があります。多くの場合は、内出血なら1週間程度、腫れなら2週間から3週間程度で落ち着きます。ですが、腫れと内出血が強く出る場合や、日数が経っても症状が治まらない場合は、施術時にトラブルが発生したことが想定されます。顔の皮膚の下には、神経や血管などがあるため、細心の注意を払いながら手術を行う必要があります。また、過剰な麻酔は大きな腫れを引き起こします。

傷跡が目立つ場合がある

頬リフトの整形手術にはいくつかの方法がありますが、その中でもメスを使うリフトアップ手術はたるみやしわに一番効果があると言われています。この手術では、顔にメスを入れるために、術後は傷跡が目立つのですが、半年くらい経てばほとんど目立たなくなります。美容外科医として、きちんと実績を残してきた医師なら、目立つ傷跡を残すような縫合は行いません。しかしながら、医師の技量が不足している場合は、傷跡が残ってしまう場合があります。

頬のたるみの美容整形の麻酔・痛み

笑気ガスを併用して局所麻酔や麻酔クリームを使用することがあります。
麻酔の専門医がいる皮膚科だと安心です。

頬のたるみの美容整形の料金・費用・値段

料金は約30万円程が相場です。

頬のたるみの美容整形の名医・おすすめ病院・皮膚科

アンチエイジング治療や、ウルセラなど照射系の治療の症例数や知識・技術が低い医師が施術を行うと、腫れや痛みが長く続いてしまったり、皮膚がデコボコになってしまうケースがあります。

このような失敗のリスクを軽減する為にも、名医を探して施術を受けましょう。

頬リフトの名医を選ぶことが重要

リフトアップにはいくつかの選択肢があり、施術によって効果のあらわれは異なります。

施術で失敗しないためには、まずカウンセリングで理想の仕上がりをきちんと伝えることが大切です。

名医なら、患者さんが希望する仕上がりを実現するための最適な施術法を提案し、リスクも含めた説明を丁寧に行います。

また、写真などを提示し、過去の症例についての説明も行います。

名医をどのように探したらいいのか分からない方は、当相談所までお問合せください。

頬のたるみの美容整形の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

頬のたるみを解消できる医院でのモニターや症例写真を募集しております。
ご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

頬のたるみを解消する効果的な美容整形と名医

頬のたるみの美容整形の口コミ・体験談・評判

当相談所での情報収集がおすすめなことについて。

頬のたるみの美容整形は、アンチエイジング効果が非常に高く、見た目を大きく変えていくことが可能であるため、人気があります。さまざまな治療法が開発されていて、いろいろなアプローチで治療をすることができ、治療をする人が増えています。しかし、適切な治療方法を選ばないと、たるみを解消することができないこともあるため、たるみに合った治療を選べる医師を探し出すことが重要であり、当相談所の失敗確率などを参照するなど、情報を集めることをおすすめします。

頬のたるみの美容整形の口コミ・体験談・評判

頬のたるみとしわが気になりサーマクールを受けましたが、皮膚に色素沈着が起こってしまったし、たるみの引き上げにはかなりの回数が必要だと実感しました。

頬のたるみの美容整形の口コミ・体験談・評判

法令線とマリオットラインをなくしたいとおもっています。これまでにヒアルロン酸やフェイスリフトなどでごまかしていましたがたるみがもとに戻ってしまいました。
戻らないようにしっかりと切開してリフトアップしたいので、しっかりとした技術のある経験豊富な外科医を教えてください。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*