フェイスリフトの名医相談所|失敗 ・修正・リスク
フェイスリフトの名医相談所|失敗 ・修正・リスク

糸によるフェイスリフトの失敗・リスクや効果を経過36人の体験談・口コミから分析してみた

年をとっても若々しい芸能人のような顔を作る整形といえば、フェイスリストがもっとも効果的です。
顔のたるみやしわ、法令腺なども、肌を引き上げることで解消させることができます。

しかし糸によるフェイスリフトが原因で引き連れを起こしたり、効果が全くないなどのトラブルがあります。また、衛星的に感染症・炎症を起こしてしまう可能性があります。

このページでは、糸リフトの要点をまとめております。しっかり調べて糸のフェイスリフトの修正地獄を回避しましょう!

糸によるフェイスリフトの手術・美容整形

糸によるフェイスリフトを大きく分類しますと、

1. アプトスのように糸がフェザー状態になっていて、ふっくらと盛り上げる状態を維持させ7る糸の種類(※これは固定や引き上げではありません。)
2.シルエットリフトなどのように、コーンやコグなどで引っ張り固定する糸の種類
3.リードファインリフトのように、糸を皮下組織に埋め込む糸の種類
に分けられます。

フェザーリフト=スレッドリフト、シルエットリフト、アプトスなどの多種多様の種類があります。

これらの糸を使ったフェイスリフトは、いずれも皮膚を切除せずにリフトアップする手術です。ただし、糸のフェイスリフトの修正は効果が落ちてくれば必要な手術となります。糸を使っているという事は、あくまでプチ整形ですから、効果については数年となります。

失敗のなさらないよう名医をご選択になさってください。

糸によるフェイスリフトのすべて

上手な医師・クリニックの特徴

糸のフェイスリフトは、皮膚を強く引き上げすぎることにより、表情のひきつりや顔のバランスが崩れるなどのトラブルにつながる恐れがあります。

また皮膚の厚さを考慮せずに糸を選んでしまうと、糸が透けて見えてしまう恐れがあります。

そして糸のフェイスリフトを行ったものの、十分な効果が見られなかった場合には、修正を行う必要があります。

このようなトラブルが起こる要因の一つとして、手術を行った医師の技術不足が挙げられます。医師の技術が低いと、様々なトラブルにつながってしまいます。

そして効果がないからといって修正を行うと、その分トラブルが発生するリスクは高まります。

そのため、トラブルを少しでも避けるためには、上手な医師に依頼することが重要となります。

上手な医師の特徴としては、手術前にいくつか選択肢を提示することが挙げられます。糸のフェイスリフトには、溶ける糸を使う場合と溶けない糸を使う場合があります。

溶ける糸を使う場合、異物と認識される可能性は低いですが、糸が消えると効果も減少する可能性があります。

一方、溶けない糸を使う場合、効果は持続しますがトラブルがあった時に取り除かなければなりません。

また、糸の種類も様々あるため、患者と相談しながら、患者のニーズに合った方法を選択していきます。

また、この時リスクについても説明されます。リスクも患者に説明したうえで、本当に良い方法を選択していきます。

糸によるフェイスリフトのメリット・効果

毛髪内、こめかみを数センチ切開するケースが多いです。傷跡が大きく残りませんので、プチ整形と言われている部類に入ります。

引き上げ効果は数年程度である事も多いですので、まず技術的にレベルが高いドクターだと思います。

叶恭子・叶美香(叶姉妹)みたいなアンチエイジングされた顔を作る整形とは

叶恭子・叶美香(叶姉妹)は、抜群のプロポーションがとても印象的ですが、引き締まった小顔も魅力です。

人間の身体は頭の先からつま先まで、一枚の皮でつながっていて、頭皮をお手入れしないと顔がたるむため、毎日正しくメンテナンスをしなければたるみやしわが出てきます。

美容整形では多くの手術方法がありますが、もちろん、即効性を求めるなら、フェイスリフトがもっとも効果的といえます。

フェイスリフトというと、皮膚を切開して顔の皮を引っ張り上げるというイメージが強いかもしれませんが、メスを使った手術だけではなく、糸のフェイスリフトやレーザー治療、ヒアルロン酸やボトックス注射などのプチ整形などもあり、費用や効果、メリット、デメリットなどを考慮して、選択することができます。

フェイスリフトは、しわやたるみ、くま、法令線を改善する手術で、アンチエイジングに高い効果を発揮する美容整形手術といえます。

エステなどに比べると、改善効果が高く、手術後に治療や投薬などのメンテナンスは必要ありません。

また、ほかのアンチエイジング治療に比べて、持続期間が長く、周りに手術をしたことがきづかれにくいというメリットがあります。

ただ、切るフェイスリフトは効果が高い反面、薄い傷跡が残ったり、傷の残らない切らない手術は、効果が見えづらく満足度が低いというデメリットがあります。

また、感染や神経損傷などのリスクもゼロではなく、高額になる可能性もあるというデメリットがあります。

このように、叶姉妹のようなピンと張った肌を手に入れるには、美容整形手術が効果的ですが、それぞれにメリットやデメリット、リスクが生じますから、十分検討する必要があります。

糸によるフェイスリフトのデメリット・リスク・後遺症

糸のフェイスリフトは、針を使って糸を挿入し、皮膚を引き上げる方法になるため、皮膚を切る必要がありません。しかし皮膚を引き上げる過程で、様々なトラブルが生じることがあります。

糸のフェイスリフトを行った場合、強く引き上げすぎてしまうと、顔のひきつりの原因となります。すると笑顔が不自然になったり、表情が作りにくくなってしまいます。

また、皮膚を引き上げる際に顔全体のバランスが崩れ、顔の上半分が大きく見えることもあります。

さらに皮膚が糸を異物と認識されると、かゆみ、痛み、腫れが生じることもあります。

そして皮膚が薄い方の場合、皮膚がデコボコになってしまったり、糸が透けて見えてしまうこともあります。

また、糸のフェイスリフトを行ったものの、効果があまり見られなかった場合には修正のために再び糸を挿入する必要があります。

しかし、修正を行えば行うほど、何らかのトラブルが発生する可能性は高くなります。

特に溶ける糸を使ってフェイスリフトを行った場合、糸が溶けてしまうとその効果は減少してしまいます。そのため、何度も修正を行わなければならなくなってしまいます。

一方、溶けない糸を使った場合は効果は持続しますが、トラブルが生じた時には糸を取り除く必要があります。

しかし糸と皮膚の組織がしっかりとくっついていると、取り除くことが困難となります。

糸によるフェイスリフトの失敗・修正・トラブル

引きつったようなお顔になってしまうことがあります。

一度入れた糸の除去を施すためには同じ切開ラインで切開をして糸を探すの必要がありますが、コ-ンやコグのついている糸は中々取り出す事に技術が必要です。

協力に癒着が付いていて、コラーゲンなどで絡みついている事が考えらえるためです。未熟な医師が無理に糸を取り出そうとして、皮下組織を触りすぎてしまえば神経を傷つけてしまいます。そのなってしまえば、回復に1年かかる事もあり得ます。最悪は神経切断が考えられます。失敗する前に初めから名医を選択してください。

「ボトックス注射やPRPの副作用と危険性」のリスク

頬のたるみと法令線やゴルゴラインのしわの美容整形に失敗、「ボトックス注射やPRPの副作用と危険性」を知っておけばと後悔…。

頬のたるみと法令線やゴルゴラインのしわに対しての美容整形を受けた場合、「ボトックス注射やPRPの副作用と危険性」のリスクも考慮しましょう。
プチ整形であっても副作用などが起こる危険性は、ゼロではありません。
表情が動かしにくくなる、しこりや石灰化、内出血、腫れ・痛みといった副作用のリスクがあります。
またボトックス注射の場合、神経に作用する薬剤を注入する事から最悪、神経麻痺を起こしてしまうケースもあるので、注意が必要です。

「FDA未認可のボトックス注射やPRPがある」リスク

頬のたるみと法令線やゴルゴラインのしわの美容整形には、ボトックス注射はPRP治療といったプチ整形がおすすめです。

プチ整形であれば皮膚を切開しないので、施術後の回復も早まります。

しかしプチ整形でもリスクがあるので、その点には注意しましょう。

ボトックス注射はPRP治療を受ける時は、「FDA未認可のボトックス注射やPRPがある」リスクを考慮しなければいけません。

FDAに認可されていない、ボトックスなどの薬剤は質が悪く失敗や副作用の危険性があります。

プチ整形では、「効果がない」リスク

糸のフェイスリフトで頬のたるみと法令線やゴルゴラインのしわの美容整形を行った場合、「効果がない」リスクも考えておきたいポイントです。

ボトックス注射をはじめとする注入系のプチ整形は、医師の技術次第で仕上がりに大きな差が出てしまいます。

注入する位置が正しくない、注入する量が少ないなどの理由から、施術を受けても全く頬のたるみと法令線やゴルゴラインのしわなどが改善されていないケースがあるのです。

効果がなければ頬のたるみと法令線やゴルゴラインのしわだけでなく、金銭的な負担までもが残ってしまいます。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

糸によるフェイスリフトのダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

2週間前後です。
ダウンタイム期間は、痛みがある方もいらっしゃいます。そのような方は、アイスパック・冷えたタオルなどで冷や事で痛みが多少治まります。
クリニックから痛み止めとして鎮痛剤を処方されます。
個人差になってきますが、ダウンタイム期間中は処方されたお薬をお飲みになれば、痛みは和らぎます。

糸によるフェイスリフトの麻酔・痛み

麻酔の種類ですが、局所麻酔か静脈麻酔が適応される事が多いです。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用相場は5万円と麻酔の費用がかかりますが、局所麻酔のみとは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。

その他の麻酔の種類としては、表面(クリーム)麻酔、硬膜外麻酔、笑気ガス麻酔、全身麻酔などがあります。他の整形手術を同時にされる場合などには、スムーズな治療を行うためにも麻酔の組み合わせが大切になります。

糸によるフェイスリフトの料金・費用・値段

術式によって費用は異なってきます。
麻酔の種類ですが、静脈麻酔・局所麻酔になります。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用は2万円~5万円と麻酔だけでも少しお高めになっていますが、局所麻酔とは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。
※安いクリニックには安い理由があります。低価格だからといってクリニック選びをするのは危険です。

糸によるフェイスリフトの名医

フェイスリフトの名医は限られています。
名医選びにつきましては、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶことが肝心です。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

糸のフェイスリフトは失敗すると、顔のひきつりや顔のバランスの変化、痛み、かゆみ、腫れが引き起こされる恐れがあります。また皮膚が薄い方ですと、糸が透けて見える可能性もあります。

さらに溶ける糸でフェイスリフトを行った場合、糸が溶けてしまうとその効果が減少する恐れがあります。そのため、何度も修正を行う必要があります。

一方溶けない糸の場合も、効果が見られない場合は糸を挿入することで修正できます。一方糸を取り除きたい場合は、皮膚と糸がしっかりくっついていると取り除くことが困難となります。

医師の技術が不足していると、糸を使ったフェイスリフトを行った際に、トラブルが生じやすくなります。また、効果が見られないからといって修正を行うと、トラブルが生じる可能性は高くなります。

そこで重要なのが、上手な医師に手術を依頼することです。上手な医師の場合、事前に手術の方法やリスクについて説明がしっかりとなされます。

また、糸のフェイスリフトには様々な種類があるため、いくつか選択肢が提示されます。

糸のフェイスリフトには、溶ける糸を使う場合と溶けない糸を使う場合があります。

どちらにもメリット・デメリットがあるので、しっかりと理解したうえで選択する必要があります。

当相談所では、それぞれのメリット・デメリットをしっかり説明してくれるような医師のいるおすすめの病院を紹介しています。ぜひお気軽にご連絡下さい。

糸によるフェイスリフトの症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1

糸によるフェイスリフトの口コミ・体験談・評判

女性 糸によるフェイスリフトの口コミ・体験談・評判

糸(アプトス)を使ったフェイスリフトをしましたが、笑った顔が変になってしまいました。

女性 糸によるフェイスリフトの口コミ・体験談・評判

糸を使ったフェイスリフトには、フェザーリフト、シルエットリフト、アプトス、ハッピーリフトなどなど種類が多すぎてわからないです。どれが一番たるみに効果があるのかを教えてください。

女性 糸によるフェイスリフトの口コミ・体験談・評判

糸によるフェイスリフトでは、引きつれ、自然に表情がつくれない等の失敗例があるようですが、それは、自然に治ることはありえないのでしょうか。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

糸によるフェイスリフト《関連する治療法》

ミラクルリフト
ハッピーリフト
ワプトス
アンカレッジ
リードファインリフト
ゴールデンリフト
シルエットリフト
ゴールデンスパイラルスレッド(進化した金の糸)
ミントリフト
スレッドリフト(スプリングスレッドリフト)
パンリフト(ゴアテックスリフト)
アプトス(スプリングアプトス)
エンドタインリフト
フェザーリフト
ケーブルリフト
ディメンショナルリフト
アキュパンクチュアリフト
ダブルトシス
シークレットリフト
エンジェルリフト
スライダーリフト(ハイ-リフト)
3Dリフト

“糸によるフェイスリフトの失敗・リスクや効果を経過36人の体験談・口コミから分析してみた” への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    品川美容クリニック立川店にて7月、8月に二回、糸によるフェイスリフトの手術を行いました。合計で70万くらい支払いました。ところが、今現在、効果はほとんどありません。このようなことは、クレーム、やり直しをしていただくという事はしてもらえるものなのでしょうか?それとも、術後の満足は個人差があるので、やり直しの対象にはならないものなのでしょうか?すいません。教えてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*