脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

サーモコン(TCR)の効果と失敗・リスクの注意点!

サーモコン(TCR)の手術・美容整形

ミニスカートやスキニーパンツをはきたいと思っても、ふくらはぎが太いと自信をもって着こなせません。ふくらはぎが子持ちししゃものように膨らんだ、いわゆる「ししゃも足」に悩んでいる女性は少なくありません。

しかし、ダイエットやマッサージなど自分の努力で細くするのはなかなか難しい部位です。簡単にほっそりとしたふくらはぎを手に入れたいならサーモコン(TCR)というふくらはぎ痩身術がおすすめです。

TCRはふくらはぎを太くする原因となっている神経を見つけ出す機材です。
見つけ出し、電極を使用し、その神経を切断します。

サーモコン(TCR)を受ける利点は、筋肉によって太くなっていたふくらはぎを効果的に細くすることができるという点と、メスを使わないのでダウンタイムの痛みが比較的軽いという点です。

↓↓関連する治療法↓↓

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)

サーモコン(TCR)の効果と失敗・リスクの注意点!

サーモコン(TCR)のメリット・効果

ふくらはぎが筋肉質で太くてコンプレックスになっているという方に効果的な美容整形がサーモコン(TCR)です。

ふくらはぎの神経を特殊処理することにより、細くすることができます。

今まで太いときになっていたぼこっとした状態のふくらはぎが改善します。

歩行にも影響がないために、心配することはありません。

効果はだいたい1ヶ月~3ヶ月前後で出てきます。

サーモコン(TCR)のデメリット・リスク・後遺症

皮膚を切開しませんので、傷跡が残る心配はありません。
しかし、細いカニューレを挿入しますので、わからない程度の傷は残ります。
肉眼でよく見ないとわからない程度です。

サーモコン(TCR)は脂肪を減らすのとは違って、筋肉に影響を与える施術方法であるためリスクが高く、術後は誰でも違和感がありますし、失敗すれば歩行に影響が出かねない術式です。

サーモコン(TCR)の失敗・修正・トラブル

サーモコン(TCR)の失敗例として考えられる現象は、左右差が出てしまう、効果が無いなどです。  医師の経歴や学会発表、口コミなどを参考にして、技術力が高く信頼できる医師を選びましょう。

左右差が出てしまったり効果が現れないことがございますが、状態によっては、再手術をしてくれるクリニックもあるでしょう。

ふくらはぎは片足2箇所に筋肉の状態が分かれています。
ですので、状態に応じて施術をしなければ、トラブルが起きてしまいます。

サーモコン(TCR)は筋肉を細くするために行われる施術であるため修正は難しく、技術の高い医師が判断する必要性があるため、はじめから失敗しないように行われることが必須な術式です。

サーモコン(TCR)で失敗して、「歩行障害」が…。

サーモコン(TCR)の脂肪吸引の施術が抱える最大の問題点として、施術の影響で歩行障害が起こる可能性があります。

ふくらはぎは歩行に重要な筋肉が存在していますが、施術時に筋肉が傷つけられる恐れがあるためです。

ふくらはぎの痩身効果を出すためにふくらはぎを太くする原因となっている神経を切断しますが、神経の切断には高い技術の腕が必須であり未熟な腕だと筋肉を傷けられることがあります。筋肉を傷つけられると、歩く機能に支障が出ます。

皮膚の表面がでこぼこする

痩せにくいふくらはぎの痩身への効果が高いサーモコン(TCR)の施術は、施術後に皮膚の表面がでこぼこしやすくなることがあります。施術はふくらはぎを太くする元の神経の切断と照射による脂肪の除去のため、医師がきちんと注意し作業を行わないと皮膚が滑らかになりません。

この脂肪吸引は脂肪組織のみ照射し溶かし脂肪を減らせますが、均一に施術者が脂肪を除去しないとふくらはぎ全体の脂肪量が一定にならなくなります。

左右差が目立ちやすい

ふくらはぎの痩身のためにサーモコン(TCR)の脂肪吸引の施術は太くする原因の神経の切断の他、脂肪組織を溶かし除去するための照射を行います。

この照射での脂肪組織の融解量が右と左で一定でないと、施術後にふくらはぎの細さに左右差が出やすくなります。

右と左でバランス良い細さにするには、吸引する部分ごとの脂肪組織の融解量が均等でなくてはなりません。部分ごとに融解量にバラつきがあると、左右の細さがアンバランスとなり目立ちます。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

サーモコン(TCR)のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

サーモコン(TCR)を受けるメリットは、筋肉によって太くなっていたふくらはぎを効果的に細くすることができるという点と、メスを使わないのでダウンタイムの痛みが比較的軽いという点です。

サーモコン治療のダウンタイムは約1週間です。医師の技術が不足していると痛みや腫れなどの症状も長引いてしまうので、関連する治療の脂肪吸引やサーモコンの実績が豊富なクリニックと医師を選びましょう。

手術後の違和感は、1週間と見てください。1週間の間は、5cm以上あるヒールで過ごしてください。
違和感が出てしまうために、高いヒールを履くことが有効とされています。

サーモコン(TCR)の麻酔・痛み

痛みはほとんどございません。
術後に少し感じることはありますが、鎮痛剤を服用すれば問題はありません。

麻酔は、局所麻酔によって行われます。
不安な片の場合には、静脈麻酔で行うことも可能です。

麻酔は術式によって変わってきます。
例えば、局所麻酔で済む手術でも静脈麻酔を使用することも出来ます。
麻酔の種類ですが、
局所麻酔/静脈麻酔/全身麻酔/硬膜外麻酔
点眼麻酔/クリーム麻酔/テープ麻酔/笑気ガス麻酔
麻酔は併用して行う治療もございます。
麻酔によっては別途費用が発生することもございます。
麻酔の相場費用ですが、
静脈麻酔   5万円/全身麻酔   10万円
硬膜外麻酔  3万円/笑気ガス麻酔 3000円
テープ麻酔  3000円 その他麻酔は含まれていることが多いです。

サーモコン(TCR)の料金・費用・値段

6万円前後が目安になります。
ふくらはぎの場合には、両足4箇所に分かれています。
そのため、1箇所6万円前後になりますので、ふくらはぎ全体ですと、25万円前後です。
クリニックによっても変わってきますので、目安としてお考えください。

サーモコン(TCR)の名医

医師によって術式が多少異なってきます。

状態にあった施術を考えてくれる医師選びが大切になります。

行っている医師はたくさんいますが、名医はほんの一握りです。

おすすめはベテランの医師に行ってもらうこと

サーモコン(TCR)の脂肪吸引の施術は施術者の技術の腕が、施術後に問題が出るかどうかを決めます。

失敗なくふくらはぎを痩身したいのなら、施術を受けるクリニックはきちんと選ぶことをおすすめします。

技術の腕が高い医師がいるクリニックは、人件費のため値段が少々高めです。

逆に値段が安いクリニックは、若手の医師で人件費を抑えて安価にしています。値段を見て施術を決める人が多いですが、安全のためには高めのクリニックを選びましょう。

サーモコン(TCR)の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1 症例2

サーモコン(TCR)の口コミ・体験談・評判

サーモコン(TCR)のデメリットは即効性がないことと、医師によって仕上がりに差が出るという点です。施術を受ける場合は、即効性がないという点を理解して、腕の良い医師を選びましょう。まずは口コミをチェックしておきましょう。

女性 サーモコン(TCR) 口コミ・体験談・評判

神経遮断術(サーモコン)とボトックスの施術をある院でしてきたのですが、おととい施術をしてきて、左足の足小指横から、かかとの部分に痺れというか、麻痺している様な状態で感覚がありません・・。
今は、施術前よりも足は腫れています。
感覚がないのも、施術後で腫れのせいからでしょうか?
この施術をすると、こんな症状は出るのでしょうか?
すごく不安なので教えて下さい。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

“サーモコン(TCR)の効果と失敗・リスクの注意点!” への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    昔からふくらはぎが太くずっと悩んできました。ダイエットをしてもふくらはぎだけは細くならず・・・ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*