脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

ウルトラアクセントの効果と失敗・リスクを大分析!

ウルトラアクセントの治療・美容整形

超音波と高周波を用いて、痩身効果を感じられます。
通常の超音波脂肪吸引は縦波が主流ですが、縦波は脂肪細胞だけでなく、血管や表皮へのダメージを与えてしまいます。
ウルトラアクセントは横波なので、血管や表皮へのダメージを与えることなく、脂肪細胞のみを徹底的に破壊します。

フェザーリフトのように術後からすぐに効果を実感できる訳ではありませんが、術後3週間程度かけてどんどんコラーゲンが生成され、リフトアップ効果を実感できると思います。照射技術は勿論、必要ですので名医を選択するようにしてください。

ウルトラアクセントの効果と失敗・リスクを大分析!

ウルトラアクセントのメリット・効果

切開をしての治療ではありませんので、傷跡が残らずに済みます。

ウルトラアクセントのデメリット・リスク・後遺症

ウルトラアクセントは数回に分けての治療ですので、効果をすぐ感じられません。即効性を求める場合には、ベイザーリポを推奨いたします。

ウルトラアクセントの失敗・修正・トラブル

ウルトラアクセントの治療を経験される方はまだまだ少ないように感じます。
新しい手術は一般的に、失敗の体験談が出てきてから治療を行うべきです。
それによりフィードバックされる部分が多いので、良いところ、悪いところがハッキリと見えてきます。

ウルトラアクセントのたるみ・凸凹(でこぼこ)・拘縮・むくみ・しびれ

術後は強い筋肉痛のような痛み、しびれがありますが、我慢できる程度です。麻酔によるむくみは数日で解消されていきますので問題はありません。
たるみや凸凹(でこぼこ)が出来てしまうのは担当医の技術が低い場合は考えられますので、予め名医を選択するようにして頂き、失敗を回避する必要があります。

ウルトラアクセントをしたのに痩せなかったり、マッサージを入念にしたのにも関わらず拘縮が強く生じて皮膚が硬くなったりしたのであれば、担当医のウルトラアクセントの技術に問題があったと言う事になります。

ウルトラアクセントのダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア・ガードル・サポーター

ダウンタイムはありませんが、腫れが出る方もいらっしゃいます。
そのような方の場合は、1週間前後で引いてきます。

ウルトラアクセントの麻酔・痛み

麻酔の種類ですが、局所麻酔か静脈麻酔が適応される事が多いです。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用相場は5万円と麻酔の費用がかかりますが、局所麻酔のみとは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。

その他の麻酔の種類としては、表面(クリーム)麻酔、硬膜外麻酔、笑気ガス麻酔、全身麻酔などがあります。他の整形手術を同時にされる場合などには、スムーズな治療を行うためにも麻酔の組み合わせが大切になります。

ウルトラアクセントの料金・費用・値段

4万円前後になります。
※安いクリニックには安い理由があります。低価格だからといってクリニック選びをするのは危険です。

ウルトラアクセントの名医

痩身治療ですが、医師の技術がとても重要になってきます。名医選びが重要です。

ウルトラアクセントの症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ


症例1

ウルトラアクセントの口コミ・体験談・評判

女性 ウルトラアクセントの口コミ・体験談・評判

人によって差はあると思いますが、1回目では効果があまりわからなかったようです。
でもウルトラアクセントは何回か施術をしていって効果を出していくものなので、2~3週間に1度の割合で、3回くらいが目安となると言われたそうです。

女性 ウルトラアクセントの口コミ・体験談・評判

ウルトラアクセントという言葉を初めてカウンセリングで聞いたのですが、医師の説明で納得して1週間後に行いました。術後はまずまず満足しています。

“ウルトラアクセントの効果と失敗・リスクを大分析!” への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    小顔治療でウルトラアクセントやスマスアップやテノール、マイクロボトックス等、ダウンタイムがない治療はしてきたんで、小顔になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*