脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

お腹(腹部)の脂肪吸引に失敗4例をご紹介

お腹(腹部)の脂肪吸引に失敗したらどうなるか知ってる?

お腹(腹部)の脂肪吸引の失敗として挙げられるのがバランスが不自然になることです。

身体は一部分だけでなく全体のバランスを見て判断をしないと仕上がりが不自然になることがよくあります。

これは医師のデザインミスで技術力不足が原因で起こったと考えられます。

これを防ぐためにはカウンセリングをしっかりとして仕上がりを描いておく必要があります。

もしもカウンセリングの段階で、

不自然なまで脂肪を多く吸引することを勧めてきたり美的センスを感じないような医師であればその時点で選択肢から外しておきましょう。

失敗なく、脂肪のないキレイな体のラインを作るためには、脂肪吸引を専門としている名医がいるクリニックで施術を受けることが重要です。
口コミなどを参考にして、名医がいるクリニックを選びましょう。

お腹(腹部)の脂肪吸引に失敗

段差やでこぼこが目立つようになる

気になる部分の脂肪を吸引したけれど、でこぼこが目立つ仕上がりになってしまうことがあります。

特に二の腕や太もも・ウエスト周りは、洋服から露出する可能性が高い部分なので、他の部分に比べるとでこぼこはひどく目立つようになります。

段差や凸凹ができるという点が挙げられ脂肪吸引を受けた部分が不自然になることがあります。

でこぼこが起こる原因としては、医師の技術不足による脂肪の取りムラや、吸引を行う機器の古さなどがあげられています。

失敗の原因は先程あげたように医師の技術力不足やアフターケアの圧迫を正しく行うことが出来なかったことなどが挙げられます。

この仕上がりは、脂肪吸引を行う全ての部位に起こる可能性があります。アフターケアは自己管理になってくる部分もあるので医師からの指示をしっかりと聞いて適切に行うように心がけましょう。

脂肪吸引に失敗してしまうとたるみがでる可能性が

脂肪吸引の施術を受けた後に、脂肪に対して皮膚が余ってしまい、たるみが起こることがあります。
肌質や脂肪のつき方には個人差があります。

原因として考えられるのが吸引のしすぎや不均一な吸引など医師の技術力不足によるものと施術後の圧迫不足などのアフターケアによるものです。

一度たるんでしまった皮膚を元に戻すことは非常に難しいことなのでこの失敗が起こらないように吸引の箇所を複数に増やしてバランスよく吸引していくことが求められます。

そのため、単純に脂肪を多く取り除いてしまうと脂肪を取り過ぎてしまい、たるみが起こります。
お腹は特にこの症状が起こりやすい部分です。

皮膚が柔らかい方や、出産を経験したことがある方は、お腹の脂肪を吸引するときは、仕上がりがキレイになるように医師に慎重に診てもらい施術を受けましょう。

傷跡

最後に挙げられるのが傷跡が目立つ危険性があることで基本的には施術後の何日間は目立っても気にしなければ数ヵ月できれいになることがほとんどです。

しかしそれ以降も傷跡が消えないようであれば一度診察をしてもらうことをおすすめします。

このようにお腹(腹部)の脂肪吸引はメリットだけでなくデメリットがあることも忘れずに施術を受けるようにしましょう。

同部位に左右差が生じる

施術を受けた部位を正面から見たときに、左右のバランスが悪いと感じることがあります。

この左右差は、頬や胸などは特に分りやすく、頬は人目につく部位なので、バランスの悪さがかなり目立ってしまいます。

左右差は、医師が片方を多く吸引してしまったことにより起こるので、医師が無計画に施術を行うとバランスが悪い仕上がりになってしまうことがあります。
また、機器が古いため、イメージ通りに施術を行うことができず起こることもあります。

超音波脂肪吸引に失敗するとどうなってしまうのか

超音波脂肪吸引はムラが少なくきれいな仕上がりが期待できる方法ですが、担当する医師によっては失敗を引き起こすやり方をしてしまうこともあるため、信頼できる施術を行っているかが大切です。

これまで行われてきたオーソドックスな脂肪吸引方法では負担が高く、カニューレで作業を行う際に周辺組織に摩擦を起こすなどして傷つけてしまい、出血があることは仕方がないことでしたが、患者の負担軽減と効率アップを考えて開発されたのが超音波脂肪吸引です。

適切な施術が行われれば、これまで問題だった痛みや腫れ出血が解消され、内出血になりにくくなったことで痛みや腫れも早期に治まって、数日で解消することが期待できるようになりました。

脂肪のとりすぎ

超音波脂肪吸引で失敗を起こしてしまうと、脂肪のとりすぎにつながることがあります。

カニューレの摩擦を少なくするために、脂肪細胞を超音波で溶かし、脂肪と他の組織がきれいに離すことを可能としていて、毛細血管や神経が守られやすくなりましたが、脂肪が柔らかくなる範囲を広くしてしまうと術後の、普通の代謝でも排出や消費がされやすい状態であるため、目的のデザインよりも脂肪が減ってバランスが悪くなる可能性があります。

上手な医師とは?

腕のある医師なら、代謝によって少なくなる分も考えた施術を行っており、1ヶ月から2ヶ月程度経って、落ち着いた状態で理想的なボディラインになるように調節して装置を利用してくれますが、未熟な医師だと完成形よりも今の状態を見てしまい、失敗につながってしまいます。

超音波の照射範囲をよく理解して、超音波脂肪吸引による術式に慣れている医師を選ぶことが成功のためにはとても重要になります。本来なら脂肪細胞を溶かすことでムラができにくいですが、カニューレの扱い方が雑だと肌にボコボコが目立つほどムラや取り残しができてしまう可能性があります。

失敗しない超音波脂肪吸引を希望する人は、名医を当相談所でご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

記事のまとめ・名医がいるクリニックを選ぶ

脂肪吸引には、たるみや左右差だけでなく、溝ができる、むくみが引かないなどのトラブルが起こることがあります。

また、いつまでも内出血がひかない、しびれが消えない、色素沈着が起こるなどの症状が現れることもあります。

おすすめは名医を選ぶことです

お腹(腹部)の脂肪吸引はウエストを細くスッキリさせることができ、理想の体型に近づけることも可能です。

お腹の脂肪吸引は他の部位の脂肪吸引に比べると大がかりになる施術です。たるみやしびれなどリスクも伴うため、成功させるためのおすすめは名医に施術をお願いすることです。

名医を紹介しているサイトを利用して、実際にカウンセリングで医師の症例や技量などを見極め、メリットだけではなくデメリットなども説明する名医を選びます。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*