脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

メソセラピー(脂肪溶解注射)の失敗例6つを体験談からまとめてみた

メソセラピー(脂肪溶解注射)に失敗したらどうなるか知ってた?

メソセラピー(脂肪溶解注射)は、施術時間が短く体への負担も少なくて済むので、脂肪吸引に抵抗があるという人にも向いている施術方法です。

手軽にできて、自然に痩せられると評判の痩身術ですが、失敗例も報告されています。

メソセラピー(脂肪溶解注射)の失敗例3つを体験談からまとめてみた

効果があらわれない

一番多い失敗例が全く効果があらわれないというケースです。

体にメスを入れる脂肪吸引はダイレクトに脂肪を吸引して除去するため、施術後すぐに効果を感じることができます。

一方、メソセラピー(脂肪溶解注射)は、短時間で負担をかけずに治療ができる半面、全く効果があらわれないこともあるそうです。

また、1回に注入される薬剤の量が少ないので、1回だけでは効果が見込めないことがほとんどです。

確実な効果を実感するためには、定期的な注入が必要だと言われています。

メソセラピー(脂肪溶解注射)の失敗例、「痩せない」

メソセラピーをしても痩せない、そんな症例があります。その理由としてはそもそも体質に合わなかった。脂肪太りではなく筋肉太りだった。医師が未熟だった。回数が少なかったなどいくつか考えられます。

体質に合わなかった場合は仕方ないですが、筋肉太りの場合はカウンセリングでメソセラピーが適切でないことは容易に判断できます。症例数の多い熟練の医師であればそういった初歩的なミスをするはずがありません。

メソセラピー(脂肪溶解注射)は効果が出るまで回数が多くかかる

メソセラピーの失敗例で多いのが効果が出るまで回数が多くかかるです。注射をするだけで痩せられる、切らない脂肪吸引とも言われるほどその効果が高いといわれています。脂肪吸引といわれると1回で痩せられると勘違いしてしまいがちですが、ちょっと考えてください。

1回の注射で注入できる薬液の量は限られています。そのためいくら脂肪を溶かすといっても1回では思ったような効果が出ずに、複数回繰り返す必要があるのです。

メソセラピーには副作用・危険性が強い種類がある

メソセラピーには副作用・危険性が強い種類があるのをご存知でしたか。脂肪を溶かす成分を注入して痩せるというのがメソセラピーの基本です。ただ、その薬液にはいくつか種類があるのです。

その中でも意外に危険なのが大豆由来の成分です。大豆というと植物なので体に優しそうですが、食物アレルギーを考えてください。大豆はアレルゲンの一つと言われます。大豆アレルギーを持つ人が施術を受けることで、深刻な副作用の可能性もあるのです。

肌に凹凸・内出血

さらに、肌に凹凸ができた、内出血がひどくなった、リバウンドしてしまった、痛みや腫れがひどく出た、などの失敗事例もあるようです。

メソセラピー(脂肪溶解注射)はクリニックや医師の技術によって効果に差が出てきます。

トラブルを避けるためには、実績と症例数が多いクリニックや医師を選び、治療の前にカウンセリングをしっかりと受けることが大切です。

注入される薬はクリニックによって成分が違うため、成分についても詳しい説明を受けるようにしましょう。

術後の痛みや腫れ

術後の痛みや腫れについては、使用する薬の成分や、針の太さなどによって変わってきます。

もともと注射の痛みを強く感じやすい人は事前に医師に相談しておくようにしましょう。

その他にも不安なことがあれば、必ず治療を受ける前に医師に確認して、不安を解消しておく必要があります。

当相談所ではメソセラピー(脂肪溶解注射)の名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

リポビーンで効果が無ければ脂肪吸収がおすすめ

脂肪溶解注射リポビーンは、サイズダウンしたい部分の皮下脂肪に注射することによって脂肪を溶解させる治療法です。

従来の脂肪溶解注射に比べて、施術後に生じる腫れや痛みが少なく、サイズダウンの効果が高いという特徴があります。

この施術は1度だけで終了するものではなく、3~4週間間隔で数回施術を行って効果を見ます。

じわじわと痩せていくことができるので、周囲の人に気付かれることなく部分痩せが可能です。

リポビーンは手軽に受けられる施術で、単なる注射だから簡単だと思いがちですが、美容整形である以上、失敗もあります。リポビーンで失敗してしまうとどうなってしまうのでしょうか。

失敗例として多いのは効果が物足りないというものです。

脂肪吸引のように物理的に脂肪を除去する方法と違って、個人の体質によって効果に差が出てしまうので、人によっては全く効果を感じられない場合もあります。

何回か繰り返しても効果がない場合は、脂肪吸引を勧められることもあります。

また、思ったよりも痩せすぎてしまうというトラブルもあります。

痩せてしまった場合はヒアルロン酸注射や脂肪注入で膨らますことが可能です。

さらに、脂肪を減らしすぎてしまったことによって皮膚にたるみが生じる場合があります。

たるんだ皮膚をすっきりさせるには、サーマクールやリフトアップ手術が効果的ですが、さらにリスクを重ねることになるため、はじめからトラブルのない施術をしてくれる医師を選択することが大切です。

その他にも皮膚に色素沈着が起きてしまったり、感染や化膿などのトラブルもあります。

トラブルを避けるためには名医を選ぶのがおすすめ

メソセラピー(脂肪溶解注射)は注射をするだけで痩せられる方法ですが、失敗するとかなり悲しい結果になる可能性もある方法です。

しかし簡単に痩せられる方法としてとても有効なことは確かです。やはりメソセラピーを試したいというなら、名医に出会うしかありません。

口コミや友人からの紹介もなかなか難しいと思われます。そこで当相談所では、全国選りすぐりの名医を紹介しておりますので、ご気軽にご相談ください。

上述したようなトラブルを避けるためには名医を選ぶのがおすすめです。

当相談所では脂肪溶解注射の名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*