脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

ウエストの脂肪吸引の失敗で体形が変になる?失敗例4つをまとめ

ウエストの脂肪吸引の失敗例

多くの女性が、綺麗になるにはダイエットを成功させ、痩せる必要があると考えています。特に気になる人が多いのが、お腹周りであり、脂肪が付き易い部位の1つです。

しかも通常のダイエットでお腹の脂肪を取ろうとしても、なかなか取れず、何故か痩せる必要のない胸から痩せるケースも少なくありません。

というのもお腹周りの脂肪は、頑固な塊になっている事が多いので、通常のダイエットで落とすのはかなり困難だったりします。お陰で何とか落とそうと過激なダイエットに走ってしまい、体調を崩す女性もいたりするのです。

ですがそんな厄介なお腹周りの脂肪も、ウエストの脂肪吸引の施術を受ける事で、効率良く取り除く事が出来ます。

というのも専用の器具を用いて、脂肪を吸引するという方法なので狙った通りにしっかりと脂肪の除去が可能です。

しかも厄介な脂肪の塊も除去可能であるので、お腹周りの脂肪に悩んでいる人も、悩みを解消する事が出来ます。

もっともそれは、ウエストの脂肪吸引の施術に成功した場合の話であり、失敗する危険性もあるのです。

しかも失敗すると、目に見える形でリスクが生じるので、注意する必要があります。

リスクの具体例としては、脂肪の除去がいい加減でウエストの形が歪になったり、皮膚がでこぼこになる等の症状が見られるのです。

ウエストの脂肪吸引の失敗例

ウエストの脂肪吸引に失敗、この「でこぼこ」どうなる?

皮膚の表面がでこぼこすることがあります。

ウエストの脂肪吸引は管をさして、一度で大量の脂肪を吸い出し行います。

脂肪を吸引する時に平均的に吸い出せていないと、皮膚の表面がでこぼこしてしまいます。

お腹にでこぼこができないようにするには、施術者の腕が確かな人材であることが重要です。

平均的に脂肪を吸引するには高い技術が必要であり、経験不足な人材であると平均的に吸い出せません。表面に滑らかな状態にしたい場合には、経験がある施術者に依頼するようにします。

脂肪が吸引され皮膚がたるむことも

お腹を細くするためにウエストの脂肪吸引を受けたい場合には、自分の体が太りすぎていないか確認してから受ける必要があります。

脂肪吸引は体内の脂肪を管で外に出すことで細くしますが、脂肪が減った分だけ皮膚がたるむようにもなるのです。

脂肪がつき過ぎていると、体の皮膚も伸びています。脂肪で保っていた皮膚のハリが、脂肪が減ることで無くなりたるみが出てしまいます。

手術を受ける際は太り過ぎていない時期に合わせ、受けるようにしましょう。

吸引時の穴で傷口ができてしまう

お腹の脂肪を吸引するのには、腹部に脂肪を吸い出す管を入れる穴を開けなくてはなりません。

基本的には小さな穴を開けて傷口が残らないようにされますが、太い管を入れて行うやり方だと穴が大きくなり残る傷口ができてしまいます。

脂肪の吸引はバランスを見ながら時間をかけて行う方法が理想的ですが、効率を重視するクリニックだと太い管で短時間で吸い出そうとします。傷を残さないようにするには、時間をかけて細い管で吸引していきます。

 

ボディタイトに失敗するとどうなる?

ボディタイトの失敗例としては、内出血や凹凸、痛みが取れない、拘縮が起きる、などがあります。トラブルを回避するには、脂肪吸引が専門で、経験豊富な医師を選ぶようにしましょう。

脂肪吸引に興味はあるけれど、よく肌に凹凸ができてしまうというトラブルを耳にするので受ける勇気がない、という人も多いのではないでしょうか。

ボディタイトという脂肪吸引法は、液状化した脂肪を吸引するため、皮膚の凸凹や偏りが起きるリスクを大幅に軽減した施術法です。

高周波の熱によって脂肪を溶かし、ドロドロに液状化した状態で脂肪を吸引します。

吸引の際にはカニューレという専用の脂肪吸引管を使用するので、吸引の偏りを防ぎ、なめらかな美しいボディラインを実現することができます。

従来の脂肪吸引法よりも吸引力は弱いですが、液状化した脂肪を吸引するので、短時間で施術が完了し、体への負担とダウンタイムを少なくすることができます。また肌の収縮を促す効果もあるので、引き締め効果もあり、たるみの改善にも効果が期待できます。

失敗のリスクが少ない施術方法だとは言っても、医師の技術が未熟であれば、内出血や凹凸が起こることがあります。また、術後しばらくは筋肉痛の様な痛みを感じる事がありますが、痛みがいつまでも引かない場合は、失敗の可能性があります。稀ではありますが、拘縮を起こす場合もあります。マッサージをしても症状が改善せず、皮膚が硬くなってしまった場合は、医師の吸引技術に問題があった可能性があります。

ウエストの脂肪吸引の失敗で体形が変になる?失敗例をまとめ

おすすめの病院選び

だからこそ、ウエストの脂肪吸引の施術を受ける際は、失敗しない事こそが1番に大事だったりします。そのためには、技術力の高い名医に執刀して貰う必要があります。

そんなウエストの脂肪吸引の名医の探し方ですが、これまでにこの施術を数多くこなした経験のある専門医を選ぶ事です。経験豊富であれば技術力が高い上に、万が一、問題が起きた際にも適切に対処して貰える可能性が高いと言えます。

過去の症例写真も見せてもらうこと

このように、医師の技術によって結果が大きく左右されるので、失敗を防ぐには医師選びが一番のポイントになります。脂肪吸引を専門としていて、ボディ痩身の経験も豊富な医師を選ぶようにしましょう。

ボディ痩身による脂肪吸引を成功させるためには、デザイン力も重要になりますので、過去の症例写真も見せてもらうようにしましょう。当相談所ではボディタイトの名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

名医に脂肪を吸引してもらう

ウエストの脂肪吸引を失敗することなく受けるには、腕の良い名医に行ってもらうことが最も効果的です。経験の長い医師に脂肪を吸引してもらうことで、皮膚のたるみ、吸引後のでこぼこ、残る傷口のリスクを減らせます。

脂肪の吸引は美容整形手術の中では大したことのないように思えますが、腹部は内臓など大切な臓器が集まっている場所です。臓器を傷つけずに施術するためにも、名医に施術をお願いすることが安全です。

当相談所では、経験豊富で技術力の高い名医を紹介しています。なのでまずは、気軽にご相談下さい。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*